« 2008年12月7日 - 2008年12月13日 | トップページ | 2008年12月21日 - 2008年12月27日 »

12月のデジカメ遊び・・

12月19日天気は冬晴れ。

 さて、12月の塵埃記を見てみますと、お友達の画像をお借りしたり、本年の過去の画像で誤魔化したりしていると気付きました。師走の集金で慌しくしていまして、また冬だから素敵な被写体に出会えないだろうとデジカメを携帯していませんでした。でも、好天の時は、孫と野に出たり、スーパーカブの前荷籠にデジカメを積んで走り、少しですが遊んでいました。一人忘年会の夏から秋を後回しにして、最近のデジカメ遊びで進めてみます。

「上昇気流に乗って舞うトンビ(鳶)」をダウンロード
 孫が、「かぁーかぁー」と空を指差して言います。ジージーが「トンビじゃー」と言うと、「・・ビー」とトンが言えずに反復しましたね。沢山のトンビが、上昇気流を楽しんでいるのでしょうね。さてさて、我が国や世界はいつになったら上昇気流に乗れるのでしょうね。

「野池のカワウ」をダウンロード
 孫と野池に行きましたら、珍しいですね。カワウが数羽居ましたね。デジカメをかまえるとアッというまに飛び立ってしまいました。夢中でシャッターを切ったら、入ってましたね(笑)。ネット検索すると、カワウは増えているそうですね。

「畑の猫」をダウンロード
 暖かい麗らかな日でしたので、孫と歩いてますと畑に猫がいましたね。田舎なんですね。でも、畑で猫を見かけるのは、ほとんどありませんから、デジカメ遊びしました。お爺さんが野良仕事をしてました。たぶんお爺さんの愛猫なんでしょうね。

「トンビとカラス」をダウンロード
 何かの死骸でもあったのでしょうかね。トンビが群がっていましたね。それをカラス達が虎視眈々と狙ってますね。田舎ではありふれているのですが、画像に出きる事は少ないなーとデジカメ遊びしました。これも望遠が少しですが楽しめる新しいデジカメのお陰かもです。

「野に咲くスイセン」をダウンロード
 12月に入って、花と向き合ってデジカメ遊びができませんでしたね。でも、暖かい日が続き、野に飛んできたスイセンが咲きあがっていましたね。久しぶりに、素敵な花と向き合ってデジカメ遊びをしました。葉に刈り取られたあとがありますね。逞しいですね。根が元気なら花が咲く・・ですね。

「ヤブツバキ」をダウンロード
 カブで、田舎道を走ってますと、ぶどう園の中の大きな笹薮の中に真っ赤な花を一輪見ました。「おうっ、ヤブツバキが咲いているなー」と、デジカメ遊びをしました。素敵に日を受けていましたので、色んな角度から楽しみましたが、この画像を塵埃記に載せてやりましょう。花を追っていて思うのですが、咲き出しの花は瑞々しい感じがしてなりません。

「センダンの実」をダウンロード
 田舎のお寺に、大きなセンダンの木がありまして、冬空に栄えたセンダンの実を見上げて楽しみました。もう春の花を相思していますよ。

「農家のお庭のユズリハ」をダウンロード
 ユズリハの実を楽しみました。赤と黒・・色に引きつけられましたね。後進(息子や若者達)に道をユズリハしたいのですが、まだまだ譲る訳には行かないご時世(のんびり暮す)になりましたね。

そんなこんなで、ここ数日は暖かい日が続きました。孫や、スーパーカブと一緒に楽しんだデジカメ遊びでした。
最後には、やっぱり孫と一緒に、もう春が待ち遠しいと野を眺めている姿で、デジカメ遊び塵埃記を閉めることにしましょう。

「春の野を待ち焦がれる二人」をダウンロード
 孫はタンポポの胞子の事を「ふぅー」と言います。小生がふーっと吹いて胞子を飛ばして遊んでやってから、大好きになったようですよ。

| コメント (2)

回想(一人忘年会)春から初夏へ・・

2008年12月15日天気は晴れ。

 本日は休刊日でして、のんびりとネットを楽しんでいます。昨日は、昼には会社の忘年会、夜には町内の忘年会と二つの宴席で楽しみました。小生の休みの前の日と言うことで、友人達も忘年会をと計画してくれていましたが、さすがに三つはこなせませんね。またの機会に集まろうとなりました。

ではでは、本日はお酒を呑みながらじゃないですから、回想といたします。小生が遊んでもらった身近な自然を降りかえりますね。

「ギンラン」をダウンロード
 この花を見たくて、里山に入ります。本年も咲いてくれてました。ほんとにしゃがんで楽しむと言う花なんですね。山道の細道脇に咲いています。でも、見つけ様と思わないと見つけられない風情で、咲いてますね。

「キキョウソウ」をダウンロード
 ドクダミが咲き出してきました。その中に素敵な色を持った、この花を楽しみました。ドクダミの葉の間から咲いているのを眺めましたね。

「ヤマトキソウ」をダウンロード
 この花も昨年ぐらいから、楽しんでいます。小さいですよ。もう春風を楽しむと言うより、暖かい陽射しを感じる時期でしたね。大きな池の土手を歩きながら探しました。この花が咲きあがるところも、沢山の野草花を楽しめるのですよ。

「ササユリ」をダウンロード
 もう夏の風が吹く里山に、毎年のごとくこの花を追って入ります。本年も確りと咲きあがっていましたね。花一輪の清楚なササユリも素敵なんですが、この様に豪勢に咲いている姿を、本年は眺めましたね。

「カキラン」をダウンロード
 大花のササユリを楽しみながら、足元をゴソゴソ捜し歩く花ですね。咲き出してくれていました。蘭科の風情がいっぱいでして、「おうっ、夏を知らせに来たか・・」と独り言が落ちましたね。

「ウツボグサ」をダウンロード
 野も夏模様となってくると、この花ですね。なんかサンバを踊り出しそうな風情で野を彩りますね。もう、蝶や虫達もいっぱい眺められる季節の野を、本年も楽しみましたね。

「オオガハス」をダウンロード
 7月に入りますと、このオオガハスを必ず楽しみに、我が地で管理して増やしている野池に参ります。この花を眺めながら、「ああ、本年も母校野球部の熱い応援の夏がやってくるなー」とワクワクした気分になりましたね。

「メハジキ」をダウンロード
 夏から、集金と言う業務が増えまして、スーパーカブを飛ばして、我が地を巡るようになりました。これで今までより、広い地域の野山を楽しめるようになりました。加古川の川原で、カブを止めて、この花を眺めました。

「チョウトンボ」をダウンロード
 お隣町の加西市の辺りまで、カブで仕事に入りますが、この地は大変に野池が多く、ブラックバスのルアー釣りで有名ですが、少ない蝶だと思っていた、このチョウトンボがほとんどの野池で乱舞していましたね。

「ユウスゲ」をダウンロード
 夏の夕暮れになると楽しみたくなる花ですね。ヤマトキソウが咲く、同じ場所ですが、池土手斜面に咲きますね。
日が落ちる前あたりで、花が咲きあがりますね。咲き出しですので、色の瑞々しい鮮やかさを眺めましたね。

「カラスウリの花」をダウンロード
 夏には、夜に咲く花達も沢山楽しみますが、やっぱり一番はこのカラスウリの花でしょうね。毎年ですが、藪蚊の攻撃を受けながら、咲きあがる夕暮れを見計らって眺める花ですね。この花の季節は、高校野球の予選が佳境に入ってきているで、余計に回想する花でもあります。

「ガマとハス」をダウンロード
 集金業務で、色んな田舎を回ります。色んな自然を楽しみました。でも、この花達は盛夏の真昼でして、眺めながら「暑いなー」と、カブを止めて、一休みした思い出を降り返っています。会社から一番遠いところにあるお家に集金に行ったあと、途中の水のなくなった野池でしたね。

 そんなこんなで、春から夏へと回想しました。アルバムを降り返って見ますと、本年も呑気に自然と遊んだものだと思いますね。仕事をしながら、野花探しをしていたのだなーとクスット笑みがこぼれてしまいました。

| コメント (3)

« 2008年12月7日 - 2008年12月13日 | トップページ | 2008年12月21日 - 2008年12月27日 »