« 2008年1月20日 - 2008年1月26日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »

心機一転

2008年1月30日天気は快晴。

 今日の塵埃記は、小生の個人的な動向を記しますね。プロフィールに「田舎の商店主」と記していますが、実は昨年末で廃業しました。ある有名ブランドのゴルフ用品販売を30年間(隠してましたが、もう良いでしょう。)営んでまいりました。しかし、個人消費の流通の変化、格差の問題、商店主達の老齢化の問題等々と重なりまして、商店街が滅んでしまいました。これは全国的な問題ですね。なんとか商店街の活性化と頑張っていましたが、このままだと我が商いまでが、危うくなると決断しましたね。

 あるネットのお友達から、「転職を考えています。心機一転頑張ります。」とお便り頂きました。あらー、小生にも当てはまる素晴らしい言葉を送っていただいたと、ついに小生も塵埃記にお知らせすることにしました。

●心機一転 (しんきいってん)●
意味: あることをきっかけとして、気持ちがすっかり変わること。またそのようにさせること。
メモ・補足: 良い方向、明るい気持ち、積極的な気分に変化させる時に使う。

 さて、「自然と遊べていない」と塵埃記で逃げて、交流もお返事をするぐらいで、おろそかになっていました。
実は、次の仕事を探していました。もう還暦を迎える年齢です。商店街から出て商いを続ける資本や気力もなくなってしまいました。
 まだまだ体だけは元気いっぱいですから、お勤め口を探していました。

 ありがたいことです。亡父の親友だった方が創業された会社が、歩いて三分のところにあります。
2代目社長や、野球関係の先輩やら、居酒屋での仲間達の勧めで、働かせてもらうことに決まりました。時間給の雑務ですね(これで充分です)。

 この歳になって、また30年間と言うブランクなどで、「小生に勤まるのだろうか?」と言う不安でいっぱいですが、それよりもまったく未知の世界を経験できる幸せと言いますか、「ワクワクした気持ち」の方が大きくなってます。

 またここ数年は、衰退して行く商店街での暮らしや、野花達との遊びや、ネットの優しいお友達との交流で、欲心や闘争心みたいなものが、すっかりとコロコロと川を流され続けた丸い小石のようになっていますね。
 ですから、仕事が出きる喜びと仕事(色んな業務のある会社です)を楽しもうと思います。
ネットのお友達の皆さん、応援をよろしくお願いしますね(笑)。

 そんなこんなでございます。ブログの更新やネット交流が、仕事に慣れるまでは、暫くは疎遠になるかもです。
でも、一日中働くわけではないですから、皆さん「呑気よ元気かーと、気軽に遊んでやってくださいね。」・・・・

では、「心機一転」・・・2月1日から新しい人生模様に入ります。楽しみだなー・・・・(見栄笑)。

恥ずかしいですが、今の心境は「細々日記」に、戯言として落としてしまいました。

| コメント (14)

« 2008年1月20日 - 2008年1月26日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »