« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »

イチローのバットに驚いた・・

2008年1月24日曇り、小雪模様です。

 寒さが厳しくなってきました。まったく自然と遊べていません。塵埃記を進めなくてはと思います。火曜日の夜にNHKの「プロフェッショナル」と言う番組にメジャーリーガーのイチローが登場しましたね。彼の現在の言動を楽しみました。

 小生が驚いたの彼のバットの話でしたね。細くて、芯がバットの先端に近く小さい、とても扱い難いバットだと言う事は前から知っていました。イチローが言うには、プロで活躍しだした頃にあるバット工場で、沢山のバットの中から手にした中で「これだー」と決まったそうです。それと同じものを今も使い続けていることに驚きましたね(10数年になりますね)。
 「なぜ、このバットに?」の質問には、「答えられない、これだと感じたからです。」と言いましたね。この感性と、まだ使いつづける頑固さ(これからも同じもの)に、彼の途方もない天性みたいなものを感じましたね。

 小生も高校球児の端くれでしたが、バットは迷いましたね。打てなくなると代えたくなりましたね。こんな曖昧な精神状態では、小生は「田舎のオッサンでよかったのだ」と思いました。イチローの言動は、小生が野球を続けていればの甘い懐古を、「オッサン、そりゃー夢じゃ」と一つ一つ諭されて、我が人生これでよかったと落ちつかせてくれますね。

 ネット検索で、「イチローは何人に一人の天才か?」と言うコラムを見ました。高校男子から高校球児、プロ選手、大リーグ選手、大リーグオールスター選手となるまで、日本の男子の中で何人がなれると試算して行くコラムでしたね。結論は「1800万人に一人、25年に一人の天才」となる試算を出しましたね。

 イチローのこぼれる言葉は、素直に感性から発せられていますね。彼はまだまだ結論(完成)が出せないのだと思います。野球を愛しているから、努力する情熱があり、進化の途中なんでしょうね。評論家やマスコミは、もう偉大になった彼からの野球の奥義(結論)を聴きたいのでしょうね。それに対する彼の言葉は、彼の感じるところや、奥義に近づこうとする言動になるから、技術論じゃなしに哲学の様に聞えてくるのだと思いますね。
 小生は、この様なイチローが大好きですね。ある意味で大変謙虚ですね。彼は「彼の奥義」がぼんやりと見えている感じがしますね。これからはっきりと見つけて行く姿勢でして、言葉にできないのでしょうね

 番組の最後に、「4割は打てますか?」(結論が聴きたいのでしょうね)の質問に、イチローは「50歳で4割を打ってみたい。」と言いましたね。小生は夢と言うより、ある哲学(今の努力を続けていれば)を言っている様にとりましたね。また、彼は「お腹がでたら、野球を辞めますよ。」とも言いましたね。この言葉も、これからの野球選手に大変深い意味を持つ言動ですね。
 イチローは、これからの野球技術の先駆者の道を歩いている様です。パワーよりも、スピードとバランスとセンス(感性)が大切なんだと言っている様(彼はまだはっきりと言ってませんね)に思えてなりませんね。10年後、20年後の彼の言葉を聞きたいですね。

 彼の言葉を聞くためにも、長生きしなくちゃーと思いました。こう思わせてくれるイチローには、やっぱり尊敬しかありませんね。

| コメント (4)

« 2008年1月13日 - 2008年1月19日 | トップページ | 2008年1月27日 - 2008年2月2日 »