« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »

県立社高校野球部・・甲子園の道が、この夏は終わります,。

2008年7月19日天気は炎天の夏日。

 母校野球部がベスト4をかけて、お隣町の北条高校と姫路球場で対戦しました。両校とも野球熱の大変高いところでして、応援の観衆が凄かったですね。

「超満員の姫路球場スタンドです」をダウンロード
 同じ北播地区同士の対戦です。負けるものかと応援にも熱が入りましたね。

 それでは、試合内容ですが、先ずはスコアーボードからですね。

「試合結果です。」をダウンロード
 東洋大姫路高校を破って勢いに乗る北条高校に、延長10回までもつれましたが、逆転負けで惜敗してしまいましたね。

 試合内容は、母校の方が有利に運びました。北条高校のエースに3回までに6安打を浴びせて、2点を先取して早々に2番手ピッチャーに交代させましたね。
 しかし、我が校左腕エースも本調子ではなかったですね。コントロールが信条なのに、本日はファーボールが多くて、なんとか押さえてましたが5回、6回に追いつかれてしまいましたね。そこで、我が校も2番手ピッチャーに託す事になりました。

 北条高校の2番手ピッチャーは、四回途中から、我が校2番手ピッチャーは7回からと、この二人の投げ合いで、勝敗が決まる事となりましたね。我が校打撃は強打の主軸が打ち2点を追加しましたが、まだ2、3塁にランナーを残したまま得点を重ねる事が出来ませんでした。逆に、相手校の2番手ピッチャーが打たれながらも、ふんばっていたと言う展開になりましたね。

 9回になり、我が校の2番手ピッチャーが制球が乱れて、ファーボールをだし、自分自身で追いこまれて行きましたね。小生はベンチに居る監督の顔ばかり見て投球している姿を大変に心配しました。満塁にしましたが、ツーアウトまで頑張りましたが、勢いのある北条高校の打撃にタイムリーを放たれましたね。同点延長ですね。

 延長10回もツーアウトから、ショートのエラーとファーボール後の初球を痛打されてしましました。裏の攻撃に期待しましたが、強豪校が敗れる時のあせりみたいな打撃で、大きなあたりは打つのですが、凡フライとなり、ゲームセットと迎えましたね。

 小生が、少し残念に思うことは、8回、9回で2点差あればの奢りがチーム全体やベンチにもあったと思いますね。左腕エースをライトかどこかで使えるように残しておいて欲しかったですね。疲れていたのでしょうが、この夏の経験が一番豊富なピッチャーでしたね。困った時は、エースに任すの方が良かったかもですね。2番手ピッチャーが、勝たなければと追いこまれてアップアップしている姿を見るのが辛かったです。

 野球の技術的な事ですが、この2番手投手達のフォームを画像で掲載しましょう。
「社高校の2番手ピッチャー」をダウンロード
 制球を乱して自滅しました。スピードがあり豪快なフォームから大きなカーブも投げますね。

「北条高校の2番手ピッチャー」をダウンロード
 小柄な投手ですが、制球は良かったですね。野手の経験が豊富なのかセンターへ抜ける打球を何度も好捕しましたね。それに加えて、ベンチを見ることなく、やってやるとの投球を感じました。

 この二つの画像を並べましたのは、あまり野球を知らない人でも、どちらがコントロールがあるかは判ると思います。相手を睨んで、正しいフォームで投げることが大切ですね。我が校のピッチャーは、押さえ込んでやろうと言う力身がフォームに出てしまいましたね。

 負けてしまいまして、心が虚ろですが、すぐに母校野球部は秋の大会に向かわなければなりませんね。そこで応援団のティーシャツの背中にかかれている文字を掲載しましょう。

「快打洗心」をダウンロード
 この言葉の母校野球部の歴史ですが、社高校野球部の創設期(昭和23年頃)から、毎日選手達が練習するグランドへ上がられていた方がいます。小生の家の近くの薬局屋さんでしたが、戦中に立命館大学で投手をされていた野球馬鹿でしたね。雨の日も風の日もグランドに現れた方で、84歳で亡くなる1週間前までグランドに姿を見せておられました。
 沢山の優秀な投手を育てられたことでも我が地では有名でしたね。小生が現役時代にこの方からの年賀状に「快打洗心」と、この言葉だけを記されて送られてきたのを覚えています。
 ですから、亡くなられて記念碑を造ろうとOB会できまりまして、小生が、この言葉を記念碑に刻んでもらう事にしました。

 余談ですが、あとでこの言葉の出所を調べた事があります。日本の野球の草創期に早稲田大学野球部で活躍されて「学生野球の父」と言われている「飛田穂州」先生の著書の中に刻まれた言葉だと記憶しています。

 なぜ、こんな事を記したかと申しますと、県立社高校野球部は県下では強豪校にのしあがりました。厳しく鍛えられて体格も良く、挨拶の整列をすると他校を圧倒するぐらいの実力校になりました。

 小生は思います。あとは精神力を高める事だと思います。飛田穂州先生の「学生野球とは」の勉強をして欲しいと思いますね。

 そんなこんなで、また戯言を落としまくって塵埃記を進めてしまいました。秋まですぐです。社高校野球部選手達に「心身ともに、確り鍛えてくださいね」とお願いして、熱い応援記を閉じたいと思います。

| コメント (4)

ベスト8で、塵埃記も一休み・・

2008年7月17日天気は晴れてますが蒸します。

 さて、甲子園への道は一休みします。ベスト4をかけての対戦相手があの優勝候補(東洋大姫路)を破ったお隣町の北条高校に決まりました。
 春の県大会出場を争ったお隣町の高校となりますね。両校ともチームの手のうちを大変に分かり合った高校同士の対戦となりましたね。
 小生は思います。データー野球を活かすかどうかの対戦になりますね。母校は大丈夫ですよ。春の予選では勝っていますし、データー野球の素晴らしい感性を持ち合わせた部長が存在しますね。選手達が「勝てる」と奢りを持たない事だけを願いますね。

 さて、小生の最大の趣味でなんですが、身近な野草花を追いかけています。この夏の予選の時期には、面白い花のカラスウリの花が夜に咲きあがります。一休みは、カラスウリの花を楽しんでもらいましょう。

 新聞屋の勤務についてますが、我が家から2分ほど歩いた所にあります。業務を終えて(午前5時前)、トコトコと歩いて帰宅します。その途中の池土手にカラスウリの花は咲きますね。

「夜明け前のカラスウリの花」をダウンロード
 夜明け前のカラスウリの花を見たのは、はじめてなんですね。でも、土手の緑いっぱいの中で白い花が浮きあがってましたね。あららっ・・本年もカラスウリの花が咲き出したなーですね。

「夕暮れ開花時のカラスウリの花」をダウンロード
 夜明け前に、蕾を見つけておきます。そして夕暮れに行きました(午後7時を過ぎた頃ですね)。開花していましたね。もっとじっくり見ていれば、もっと糸を絡めたような花びらが妖艶に開いた花になります。本年は咲き出しを掲載します。薮蚊が凄いです。呑気者は、じっと待っていられません。確り開いた妖艶な姿は、呑気蔵から、ページのいたるところにあると思います。迷子になるつもりでクリックしてみてください(笑)。

 そんなこんなで、本年も少年達の真白な戦闘服の爽やかな咲き姿を、まだまだ楽しめます。また同時期に夜に真白な花を咲かせるカラスウリも楽しみました。なぜか、心が落ち着くのは、自分でも不思議な心境ですね。ネット更新はある意味でストレスの解消になるのかもですね。

オマケは、本日に集金途中で楽しみました。「鬼」を並べましょう。県立社高校野球部も、今からは、妥協を許さない「鬼」となって戦って欲しいとあやかりましょう。

「オニヤンマ」をダウンロード
 卵を池上に産みたそうですね。「甲子園出場を生み出しましょう」・・

「オニユリ」をダウンロード
 高速道路の側壁に沢山咲きあがっています。みごとなほどに咲き乱れています。鬼は鬼でも、綺麗なんですよ。百合の中でも、なぜ「鬼」の名前を貰ったのでしょうかね。

 そんなこんなですが、身近な野花遊びでブログを更新するのが、大変に楽しいです。勝ちぬかないといけない、母校の選手達にゆとりを持たせたいですが、緊張の方が大切なんでしょうかね。
 野花遊びで塵埃記が、やっと進みました。母校野球部の楽しい応援の日々も続きます。

| コメント (1)

県立社高校野球部・甲子園への道・・ベスト8をかけて

2008年7月16日天気は曇り空・・

 兵庫の代表を決める試合が、東と西地区に分かれて熱戦が繰り広げられていますが、もう東も西も16校が残るのみとなりましたね。ベスト16あたりからは、各校とも勝ちぬいてきている調子の良い高校ですので、いっそう白熱した試合となりますね。

「先ずはスコアーボードから」をダウンロード
 本日の、松陽高校との結果を画像で・・なぜか10回表まで0が入ってますね。スコアーボードの中には松陽高校関係者がいるのかもですね(笑)。
 スコアーボードが物語る様に、ファーボールやエラーがなく緊迫した投手戦を展開しましたね。高校野球らしい素晴らしい内容の試合でした。
 余文を追加ですが、小生のカメラ技術は子供ですね。シャッターを押す為でしょうか、右下がりの画像になりますね(笑)。

「松陽高校の左腕エース」をダウンロード
 素晴らしい左腕投手でした。ここまで20イニング連続無失点で来ている。この試合も6回まで我が校を封じましたね。しなやかな腕の振りから、コントロールよく両サイドに速球を投げこんできましたね。軟投派と聴いていましたが、この夏になってスピードが出てきたのでしょうね。高校生は一月ほどで、一皮向けたように成長します。
 この松陽の左腕投手も一月前の新聞の寸評とは違って、一段と成長した姿で、我が校に立ち向かってきたのでしょうね。

 我が校の2年生左腕も、相変わらずコントロール良く、相手打線を翻弄しましたね。無四球の3塁を踏ませない好投をしてくれました。前半は打たせてとると言う投球も見せてくれましたね。お天気も幸いして、9回を無難に投げぬきました。ただ、相手1番打者に、凄い打球のヒットを2本打たれましたね。ベスト16となりますと、勝ちぬいて来ています。各校とも、必ず調子の良い素晴らしいバッターが一人か二人は居ますね。

「我が校主軸の2点目をたたき出すヒットの瞬間」をダウンロード
 相手好投手に押さえられていましたが、7回の先頭打者の八番のピッチャーが大3塁打を打ちました。左対左ですが、相手投手が打者を甘く見て投げこんでしまったのでしょうね。
 その後、9番バッターは内野ゴロ、一番バッターが四球ででて、チャンスを広げました。2番バッターは押さえられました。しかしツーアウト一、三塁と言うチャンスで我が校の主軸にまわってきましたね。小生は、こう言う緊迫した投手戦を制するのは、やっぱり主軸のバッター達だろうと思っていました。また期待もしていました。この好機に、3番バッターが痛烈なセンター前ヒットで一点をもぎとりましたね。

 この3番主軸(前の記事に画像掲載)は、小生が一番期待している打者ですね。大きな打球も打ちますが、流し打ちのように軽くヒットも打てますね。次の4番バッター(画像掲載)は、一発長打を秘めた(場外弾を放ちます)プルヒッターですね。
 小生は、1点取られた相手投手が気落ちして不用意に投げてきて、この4番バッターがホームランを打つのじゃないかとデジカメで追っていました。ホームランではなかったですが、しぶとくセンター前にヒットを打ち返しまして、試合を決める2点目を追加しましたね。

 小生は、このヒットが大変に嬉しかったです。彼が決めてやろうと大振りせずに、センターへ打ち返したことは、今後の試合展開に大変重要な事ですね。ベスト8からは、どんどん調子の良い好投手が立ち向かってきます。1戦目や2戦目のように主軸が、試合を決め様と大振りしていると攻略できないからですね。もう一人の主軸の5番バッターが目を覚ましていませんね(笑)。この4番のあとに続いてほしかったですね。三振でしたね。

 そんなこんなの好試合でしたが、また我が校が甲子園への階段を一段登りました。小生は、県立社高校野球部の歴史を振りかえっていますが、小生達の時代の我が校は、強豪校に全力で立ち向かって行くと言う状態(接戦の惜敗)でしたが、今の母校野球部は反対の立場に立った状態のような気がしますね。相手校が優勝候補と戦っていると言う雰囲気を感じます。
 小生は、受けて立つと言う気持ちを持たずに、どんな高校にも全力で無心で素直な心でプレーする事を期待します。そうすることで、甲子園への道の頂上に到達すると思いますね。

「勝利の校歌演奏が流れる整列」をダウンロード
 100名近く居る部員(私学強豪校並ですね)から選ばれた精鋭達ですね。厳しい練習に耐えぬいた山の子、田園の子達ですね。でも、小生はもう田舎の県立高校野球部から、兵庫播磨の強豪校にのしあがってきたなー、またこれからも、兵庫全体から目標にされる野球部に成長したなーと思いますね。
 体つきも強豪私学並に大きくなりましたね。彼らのお父さん達の我が校での活躍も見てきましたが、お父さん達より一回り大きいですね(鍛えられたのでしょうね)。

 この強豪校に押し上げてきたのは、同じ母校OBである後輩の森脇監督の手腕によるところが大きいですね。でも、彼も50歳を超えましたね。ここまで来るのに苦節25年以上を費やしていますね(家庭をすっぽかしての野球馬鹿ですね)。

 さあー次は、ベスト4をかけての戦いですね。抽選となります。もう対戦相手は決まっていると思いますが、この塵埃記を記したあとで検索してみます。日程は、19日だと聴いています。

| コメント (2)

県立社高校野球部・・甲子園への道・・その2

2008年7月13日天気は快晴。陽射しが強かったです。

 本日は新聞業務の当番(当直のようなものです)でして、午前8時20分に昼の当番の人と交代します。そのあとすぐに友人に迎えに来ていただいて、高砂球場に向かいました。我が町からは、車で40分ほどですね。
 
 「試合開始前のスタンド風景」をダウンロード
 試合開始30分まえですが、日陰のある正面スタンドは超満員となっていますね。小生は、一塁側から撮影してますが、一塁側スタンドもほぼ満員になってました。社高校野球部の応援の観衆は大変に多いです。地域の人達に大変に愛されている野球部なんですね。
 それから、我が校の生徒ではない、短いスカートでむっちり素足が見えている女子高校生の数人が、小生の前でペチャクチャ言ってましたから、「君達は、どこからきたの」と尋ねると、「社高校野球部のファンで、追っかけしているの」と答えましたね。その後、小生は言葉が出てきませんでした。

 また、前置きが長くなりました。試合を振りかえりましょう。結果は、5対1で順当に勝ちあがりました。

「2年生左腕のエース」をダウンロード
 この春の県大会は、まだ背番号が10番でした。この夏からエース番号を背負って投げてますね。立ちあがりから無難な投球でした。コントロールがよくどんどんストライクを取りにいってました。低めに決まるスライダーカーブは内野ゴロ、高めに伸びる直球は空振りの三振と言う内容でしたね。
 ただ小生は少し心配ごともあります。まだ2年生でして、画像を見ておわかりになると思いますが、小柄な感じで体の線が細いですね。まだ成長期の様ですね。
 7回辺りから、相手打線に良い当たりの打撃をされましたね。この暑さの中のスタミナが心配になりましたね。
この2年生エースは、お隣町の小野市の出身ですね。小野市からは、この北京オリンピックの女子5000mの代表となった小林祐梨子選手(19歳)が有名ですね。
小生は、小林選手の中学時代(我が地では、すでに有名でした)に、皆と一緒に走って練習している姿を見たことがあります。「あららっ、カラスの中に鶴が一匹混じっているなー」と感じましたね。

 話しが飛びましたが、社高校野球部の伝統ですが、厳しい森脇監督のノックで鍛えられている守備力は、毎年安定しています。ですから、この左腕が打たせてとると言う投球を心がければ、大崩することはないと思っていますよ。

「主軸3番バッターの打撃」をダウンロード
 打撃の方は、着々と得点を重ねましたが、相手のエラー気味のヒットが多かったです。また前の試合もそうでしたが、主軸の3番、4番、5番と言った強打者達の当りが湿っていますね。後続打者達が得点をたたき出しましたね。
彼らは、観衆の度肝を抜くような打球を打てる主軸です。まあ、ベスト8辺りから本領を発揮してほしいですね。
 この3番バッターと5番打つ選手は、お父さん達も社高校野球部で活躍しましたね。お父さん達も小生の後輩になりますね。小生は2代に渡って応援していることになりますね。永い応援人生を感じますね。

「試合結果を画像で」をダウンロード
 高砂球場の近くの東播工業高校との試合でした。相手投手達もコントロールが良く、だらだらとした試合にならずに一生懸命なプレーが多くて良い試合だったと思います。

「試合終了時の挨拶」をダウンロード
 オマケに記しておきましょう。社高校野球部は、試合開始前の挨拶と試合後の挨拶は密かに有名になっているのですよ。
 深深とお辞儀をしてから、相手校の選手達が立ち去る寸前までお辞儀を解く事はありませんね。爽やかな挨拶だとファンも多いのですよ。
 小生の馬鹿みたいな心配ですが、もしも相手校も我が校と同じで、お辞儀を解かなかったらどうなるのだろうかですね。「お控えなすって」と主将同士が手を出すのかもしれませんね(笑)。

 まあ、そんなこんなで、また母校野球部が甲子園への道の階段を一つ登りました。さあー次は、ベスト8を駆けての4回戦ですね。16日の試合となりますね。

| コメント (3)

« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »