« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月15日 - 2008年6月21日 »

新しいデジカメで、ササユリと遊ぶ。

2008年6月11日天気は曇り、降り出しそう・・・

 塵埃記をすすめなくてはとあせっています。さて、愛犬や孫(乳母車に乗せて)と歩く野や、野花を探して歩く里山に、ポケットの中に入って一緒に歩いてきた愛用のデジカメ(八年間)が壊れました。もう10日以上経ちますね。

 季節の野花画像が出来なくて、塵埃記やネットのお友達への投稿画像に苦慮していました。やっと新しいデジカメが昨日にやってきました(実は、届いた最初のものは不良品でして、交換してもらってました。)。

 値段からですが、八年前のデジカメ(200万画素)も2万円代だったと思います。新しいカメラも同じ値段ぐらいですが、機能が凄く増えて、画素数も700万画素以上あるようですよ。その機能を使いこなせませんね。
 小生はチョットカメラ選びに失敗したなーと思っています。本日に使ってみて、やっぱりポケットに入って、野山を駆け回れるカメラの方が良かったかもです。今度のは、首にぶら下げなくてはならないです。
 季節の野花を、次から次と追って楽しむタイプですからね。まあ、暫くは新しいカメラに慣れるように遊んでみます。

 さて、天気が悪いのですが、車を飛ばして里山に入ってきました。ササユリが咲いているだろうと会いたくなりました。まだ新しいカメラの正しい使い方がわかりませんが、前のカメラもほとんどがオート機能で使用してましたから、楽しんでやれとなりました。ササユリ画像を貼り付けながら、新しいカメラのことも記して行きましょう。
ただ、3000ピクセル以上ある画像を600ピクセルに縮小しています。

「ササユリを普通に撮る」をダウンロード
 先ずは、ササユリ探しですが、これは簡単です。小生の穴場に行けば見れますね。里山深くの池土手に、5株ほどが咲きあがって綺麗でした。デジカメのオート機能で見たままにシャッターを押しました。

「ササユリの別株を普通に撮る」をダウンロード
 綺麗に咲き乱れているササユリがありました。香りも漂っていましたね。この咲き姿は、過去に見た姿よりも素敵だと思いましたね。オート撮影の見たままの画像ですね。

「ササユリを望遠でズームして撮る」をダウンロード
 少し離れた(10mほどでしょうか)ところから土手の笹群れの中でのササユリを、ズームして撮りました。新しいカメラには、光学10倍までなら楽しめますね。この機能の魅力に引かれたかもです。身近な鳥達の自然を楽しんでやろうかなーと思ったからですね。でも、3脚を使わないといけないのなら、チョット考え込んでしまいます。

「ササユリを近写撮影する」をダウンロード
 小生の前の愛用カメラもほとんどが近写撮影でした。野花達の花姿を画像にして、我が地でどれくらいの野花が咲いているのか集めていますから、風情の切り取りと言うより図鑑的な画像にすることが多かったですね。でも、根が遊び心がいっぱいですから、花達の咲き姿にあれこれと角度を変えて画像にしてましたね。この近写画像もササユリの花姿は、こんな感じが素敵なんじゃないかと遊びました。

 久しぶりに入った里山ですので、もっと楽しみたかったのですが、天候が悪くなり、早々に帰ることにしました。
ですが、どうしても見たい花がありましたね。

「コウホネをズームいっぱいで撮る」をダウンロード
里山の中の池に咲いています。前のカメラだと野池の土手そばに咲いているコウホネの花を近写していました。
本日は、手を伸ばして近写出来る距離には咲いていませんでした。池の真中に咲いているコウホネを、10倍ズームいっぱいにして画像にしてみました。水面からニョキリと花を咲かせる風情が切り取れたと思いますね。
葉の上にイトトンボが2匹いますね。カメラレンズでは気付かなかったですね。

「アジサイを見たまま撮る」をダウンロード
 帰りの山寺のまわりのアジサイです。オート撮影ですが、画素数が増えているので、どんな画像になるのだろうかなーと楽しみました。前のカメラでは、この感じの画像は難しかったかもですね。これからはこんな感じの風情を楽しみたいとも思いましたね。アジサイはなぜか、お寺に似合うと思いませんか・・・

「ヘラオオバコをスーパーマクロで撮る」をダウンロード
 帰りの農道でのヘラオオバコですが、スーパーマクロ機能(1cmまで近づいても撮れるとありますね)で楽しみました。手ぶれしましたが、なんとかなってますね。説明書にマクロは、3脚を使いましょうと記してありますが、こんな野花達を3脚を使って楽しむなんて、小生には到底出来ないですね。野花を追いかける方が遥かに楽しいです。根っからの体育会系なんでしょうね。

 そんなこんなで、里山から帰り道の農道と、約一時間ほど新しいカメラと遊びました。このデジカメに早く慣れて、また野花達と遊びたいです。ネットのお友達にもお届けしたい画像を作りたいです。

 まだ、ネット交流で皆様に楽しんでいただける面白い画像作りまで、時間と余裕がありません。塵埃記にアップした画像で、お楽しみ頂くと大変に嬉しいです。ササユリが頑張ってくれましたからね。

「オートフラッシュで孫を撮る」をダウンロード
オマケです。・・・カメラがやってきて最初にシャッターを押したのは、やっぱり孫の聡一郎でしたね。大きくなりました。もう、爺さん婆さんでは手におえなくなってきましたよ。
 

| コメント (4)

« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月15日 - 2008年6月21日 »