« 2008年5月18日 - 2008年5月24日 | トップページ | 2008年6月1日 - 2008年6月7日 »

2008年5月の野花遊び・・

2008年5月29日天気は雨上がりの曇り。

 さて、塵埃記をすすめなくてはと焦っています。この歳になってお勤めに出るようになって4ヶ月が経ちますね。
深夜の業務ですので、昼間の時間は充分にありますから、ネット交流や野山を歩く楽しみは大丈夫だと思っていました。しかし、母校野球部の応援やら、ご近所付合い(町内会)のことを忘れていました。
 そんなこんなで、楽しいネット交流が大変おろそかになってしまいましたね。塵埃記は「草花と戯言2」のカテゴリーで、なんとか更新し様としています。

 そんなこんなで、今までの様に野山を探索して楽しめませんが、季節に咲きあがる野花達の中で、本年もどうしても出会いたいと思う花の時期になると、僅かな時間を見つけて車で10分ほどのなのですが、会いに走っています。好きな野花達ですので、順次掲載しながらページを更新しましょう。

「ヒメハギ」をダウンロード
5月に入り、此花を見つけるのが楽しみの一つなんです。小さな花ですが、素敵な色と造形を持っていますね。見つけて、しゃがんで眺めてデジカメでクリアーな画像にしたいなーと毎年思いますね。実物は小さすぎて、老眼ですので、あまり美しく見えませんが、画像にすると素敵な花なんですね。

「アイイロニワゼキショウ」をダウンロード
5月の野は、ニワゼキショウが咲き乱れてきます。白色のものも一緒に咲いていますが、この花の色が大好きなんですが、咲く場所は我が地では多くはありません。会いに行くところだけに咲きあがってくれますね。この野花の名前が大変に不安になってます。昔に検索した時に「アイイロニワゼキショウ」と見つけたのですが、再度検索すると、もうそのページがありませんね。別名を持っているのかもしれませんね。

「イシモチソウ」をダウンロード
5月の半ばを過ぎますと、初夏を思わす気候となりますね。野も虫達が沸いてきます。そこでモウセンゴケやコモウセンゴケと言った食虫植物達が元気な姿を見せてくれます。このイシモチソウも食虫植物なんですが、いち早く花をつけますね。この花も小生が知っているある場所だけで会うことが出来ますね。本年も沢山咲きあがって、大変嬉しかったですね。

「ナツハゼの花」をダウンロード
5月に入ると、樹木の花達も沢山楽しめますね。樹木の花は白い色の花が多いですね。その中で、このナツハゼは、素敵な色の花で、造形も可愛いですね。会いたくなる花なのですね。でも、小さい花なんですよ。

「ツルアリドオシ」をダウンロード
5月の終わりごろになりますと、里山で出会いたくなる花なんです。毎年画像にしますが、シロトビとピンボケの山を築きますね。それで余計に会いたくなるのですよ。これも小さな花でして、群生していませんから、探す楽しみも沸く花なんですね。秋の小さな真っ赤な実も探して楽しみますね。赤い実で千両、万両と言われている樹木がありますが、このツルアリドウシの二つの花が合体して、一つだけ真っ赤な実をつけますから、一両とも言えますね。10両と言われる赤い実を持つヤブコウジの花も、6月に会いたい花の一つですね。

「シライトソウ」をダウンロード
此花も、里山での楽しみなんですね。造形もそうですが、山道を歩いていて真っ白に立ち上がる様に咲いている姿に出会いたくなるのですね。山の中で眺めると素敵なんですね。鉢植で楽しんでも、風情はわからないと思いますよね。此花の次に咲くのは、大好きなササユリの大花ですね。

「ヤマトキソウ」をダウンロード
昨年に初出会いの花ですね。本日に、たまらなくなって会いに行きました。咲いてくれてましたね。この花も小生の知る限りでは、ある場所だけですね。昨年は、初めて出会えた喜びで花のアップばかりを画像にしましたが、本日は咲き風情をと頑張りました。この花も小さいですよ。大花好きの人達だと踏みつけてしまいそうな花ですよ。

そんなこんなで、小生がどうしても会いたい5月の野花達ですが、本年は里山深くの花達には、会うことができませんでしたね。身近な花達しか追えませんでしたね。
 ウーン、それにしても小さな花達ばかりですね。広い野山で、目立たなく可憐に咲きあがる花達ですね。その小さきものへの想いが、足を運ばせてくれている様に感じますね。

オマケも記しましょう。
「ヤマボウシ」をダウンロード
5月の里山の樹木の大花ですね。緑の葉の上に真っ白な花が咲き乱れる姿は、素晴らしいですね。里山歩きの醍醐味とも言えますね。負けずにウツギやガクウツギも咲き出してきています。

オマケのオマケです。
「エニシダ」をダウンロード
ヤマボウシの足元や至るところで、点々とこの黄色の塊を見ます。その色の輝きと言いますか、深緑の中での、色鮮やかさに引かれますね。もう野化して増えてきていると思いますね。

草花と戯言で、なんとか塵埃記を更新しました。週に一度か、10日一度ぐらいの更新に成り果てましたね。6月も、会いたい野花達があります。「時間を見つけないと」と・・・思いますね。

| コメント (4)

« 2008年5月18日 - 2008年5月24日 | トップページ | 2008年6月1日 - 2008年6月7日 »