« 2008年5月4日 - 2008年5月10日 | トップページ | 2008年5月18日 - 2008年5月24日 »

ふと想う・私が生きてきた60年・・

2008年5月13日天気は雨

 午後からシトシト雨になりましたが、少しだけ近くの雑木林あたりを歩きました。樹木の花達が咲いているのを眺めました。

 さて、塵埃記を進めなくてはなんですが、昨晩のNHKの放送から、暴力団による密漁で小さな漁村全体が滅んで行くと言う特集を見ました。小生は野の花達に遊んでもらっていますが、そこにも金目当ての盗掘が横行していて、昔からの野花達が滅んで行く様子を知ることとなりましたね。

 満開のエゴノキの下で、「私が生きてきた60年間の世界は、地球の歴史上で、どんな評価を、未来の人達がつけるのだろうかなー」と、ふと想いました。
 近代化の波がどんどん押し寄せまして、過ごし安い素晴らしい電化の世界になり、エネルギーを無作為に使い尽くし、ありとあらゆる物が溢れている世界となりましたね。
 さて、この代償になにを失って行った60年間だったのでしょうね。もう温暖化等々の自然崩壊の危機を言葉に出す必要もないですね。
 昨今の猟奇的な犯罪等や家族の崩壊等々のニュースを見ても、人の心の中までも、なにかを失って行っている時代を感じますね。

 小生は思いますね。たかだか50年間ほどの、私が生きてきた時代にですね。今、孫のお守をしながら、未来を歩く赤子を見ていますが、息子の時には、「花の都で活躍」と少し大きな夢を抱きましたが、孫は「田舎暮らしで、自然の豊かな中で、明るく、伸び伸びと、ささやかな人生を歩んで欲しい」と願うのは、小生達が作り上げてきた世界は、良い評価で無いと感じてしまっているのでしょうね。
 もう進んで行く新しい知識を得ることも、都にでなくても、素朴な田舎で充分に取得できますからね。

「満開のエゴノキの下で・・」をダウンロード
 此花の下で想いました。素晴らしい花見なんですが、なぜか樹木の名前から、エゴ(エゴイスト)を連想してしまいました。
 エゴイスト・・『自己中心主義者』(…要はわがまま、独り善がり)等々とありますね。自由主義が行き渡り、個人が大切になりましたが、どこか間違った方向に向かっている気がしますね。庶民の中の犯罪も個人のエゴが見え、地球上の様々な問題も、民族や国同士のエゴが戦争や貧困の格差を大きくしていて、混乱している様にも感じてしまいます。

「ニセアカシア」をダウンロード
 この樹木の花も満開で咲き乱れています。素晴らしい眺めで、素敵なお花ですね。でも可哀想に「偽」と言う名前を貰っていますね。花に罪はないですね。

 私は思いますね。これからの未来人達は、小生達が生きてきた時代の本質を見極めて、偽物を排除して行くことだと思いますね。なにが本物で、なにが大切で、豊かに暮らす本質はなにか、なにが平和を生み出すのかと言う勉強を、子供の時代から思考する人達になって欲しいと思いますね。私が生きてきた60年間で、「金や物だけでは、豊かに暮らせない世界がやってきた。」と悟りかけていますね(こう感じている人達が、増えていることも感じてますよ)。

 雨の影響でしょうか、久しぶりに愚痴り戯言で塵埃記を進めてしまいました。孫が呼んでいます。お守役に戻りましょう。

 5月14日・・追記です。ミャンマーの台風、中国内陸部の大地震と、何万人と言う尊い命が奪われて行く光景をテレビのモニターから眺めている時代に生きてますね。どうにかならないかの思いも、金で済まそう、またそれしかないとの思いで、人類の時代になって何千年ですが、なんと脆い世界に生きているのだろうと感じますね。

| コメント (3)

« 2008年5月4日 - 2008年5月10日 | トップページ | 2008年5月18日 - 2008年5月24日 »