« 2008年4月6日 - 2008年4月12日 | トップページ | 2008年4月20日 - 2008年4月26日 »

チョット小旅行・・「津山さくらまつり」

2008年4月14日天気は晴れ、春一番が吹いてます。

 さて本日は休刊日ですね。のんびりしてますが、昨日に町内の老人達と「津山のさくらまつり」(岡山県)を楽しみにバス旅行をしました。わが商店街は老人ばかりになりましたが、よく旅行をします。いつもならフォトハイウエイーさんの方にアルバムを作って、掲載するのですが、塵埃記に一括掲載しますね。もう八年もお付き合いしている愛用のデジカメですが、200万画素です。画が荒いですが、呑気がなにを楽しんだか?・・風情として、一緒にお楽しみください。
●画像をご覧になりましたら、「戻る」をクリックしてくださいね。小生も時々、混乱しますね(笑)。

「衆楽園」をダウンロード
 岡山の津山市(我が地から一時間半ですね)に入り、まず衆楽園と言う公園に入りました。パンフレットには「古の絶景」とありますね。1665-57年に森長継「御対面所」築造とありますね。小さいな公園ですが、岡山で有名な後楽園よりも古くて、後楽園よりも40年も早く公園として市に移管されていますね。
残念ですが、桜は葉桜になっているのが多かったです。

「鶴山公園(津山城跡)」をダウンロード
津山城の本丸(天守閣)はありません。一の丸の建物ですね。この時期は「津山さくらまつり」が開催されていまして、五千本の桜が満開となっています(二日前が最高に満開だったそうです)。これから老人達と、この一の丸の向こう側の天守閣跡まで登って行き、弁当を開いて花見を楽しみます。

「一の丸を見上げる」をダウンロード
 どんどん登って近づきました。桜を見上げて楽しんでます。

「さくらまつりの風情」をダウンロード
日曜日で、色々なイベントが各所で行われていました。なぜか、おばちゃん達がフラダンスを踊ってましたね。今、一番元気なのは、おばちゃん達かもしれませんね。

「花見風情」をダウンロード
 沢山の人達が、青いシートを引いてお花見を楽しんでいました。天候がいまいちでして、時々小雨が舞いましたね。

「天守閣跡から花見」をダウンロード
この風情が見える所で、お弁当を開いてお花見を楽しみました。小雨がぱらついて、のんびりお酒を楽しみながらとは、参りませんでした。それで傘をさして歩いて楽しむことになりました。津山市内も見えていますが、画像の上の丘の建造物は、サッカーの強豪校として有名な作陽高校ですね。

「オマケの花見」をダウンロード
樹齢のある古い桜の木が多いのでしょうね。背丈があり大きな木が多いですから、壮観な感じになるのでしょうかね。

「桜の下遊び」をダウンロード
ソメイヨシノがほとんどだと思いますが、種の違う桜も見うけられました。なぜかこの画像の低木の桜の下で撮影される方達が多かったです。

「小生も桜の下で遊ぶ」をダウンロード
 小生もこの桜(なに桜でしょうね)の下で楽しみました。花が大きいですね。色も素敵でしたね。花の下で遊ぶと言うそのものですよね。

「オドリコソウ」をダウンロード
桜を見上げたり、見下ろしたりと楽しんで歩いていますが、小生は足もとの小さな花達が気になりました。オドリコソウのピンクの花が群生していて、春を踊って素敵でしたね。皆さんは桜に目が行き、オドリコソウが可哀想でしたね。

「白花タンポポ」をダウンロード
此花も、目に飛び込んできましたね。我が地では見ることができませんが、色んな所で咲いていまして、楽しみましたね。

「古い家屋」をダウンロード
今までの観光を、観光協会のお爺ちゃんが案内してくれました。最後に古い町並みが残っていて、寅さん映画やNHKの朝ドラに登場した町並みを案内してくれました。

「NHK朝ドラのアグリが育った庄屋」をダウンロード
朝ドラの「アグリ」は好きな番組でした。昔の庄屋(材木問屋)さんの家屋、蔵、庭と全部残されていましたね。庭の素敵さ、大勢の人達が暮らした模様が、アグリの映像からと一緒になって想像できましたね。

「屋敷から庭を見る」をダウンロード
豪放な姿を感じさせるお庭ですね。材木商だったことが伺えますね。庭に岩で組んで山を作っていますね。小生は珍しいお庭だと思いましたね。

 津山市を桜を通じて楽しみましたが、全国に小京都と指定されているのが60数カ所あるそうですね。この津山も小京都に指定されているそうです。小京都に指定されるのには、「古い大きな重要建築物、街路が碁盤の目、鴨川を思わす川、古い町並が残っている、周りを自然(山)が囲んでいる。」等々(その他もバスガイドが言ってましたが、忘れました)が必要だそうですね。

 チョット天候は思わしくなかったですが、充分に津山を楽しみました。藤の咲く頃の初夏や、秋の紅葉の時期も素敵だろうと思いますね。そんなこんなで、皆様にお土産ですね。桜はやっぱり「さくら餅」ですね。

「さくら餅の実演販売」をダウンロード
お兄ちゃんが、手際良く桜餅を作っていました。美味しそうでしたが、小生は駄目です。愚妻がパクリと食いついていましたね。もし愚妻が魚なら、甘いもので、あっという間に釣りあげられるだろうと思いましたね(笑)。

| コメント (3)

« 2008年4月6日 - 2008年4月12日 | トップページ | 2008年4月20日 - 2008年4月26日 »