« 野の花が楽しむ秋の空・・ | トップページ | 自然も好きですが、庶民が大好き・・ »

デジカメ遊び・・湯ノ花温泉の巻

2008年11月3日天気は曇り。

 お休みのない勤めにでまして、一泊旅行や一人ドライブを楽しめなくなりました。町内の老皆様が小生に気を使ってか?、日帰り旅行で楽しもうと湯ノ花温泉(亀岡)での松茸ずくし料理を食べに行こうとなりました(11月1日でした)。

 そこで、湯ノ花温泉の旅をアルバムにして塵埃記を進め様と思っていましたが、紅葉も野の花達も楽しめる旅ではありませんでした。小生が見たままに楽しんだ模様を綴って塵埃記を進めることにしました。(スライドショーでも良いのですが、まだあのサービスの機能がスムーズではありませんね。)

 老幹事の方に、ネットで調べて湯ノ花温泉の近くの観光資料を渡していました。亀岡夢コスモス園西国三十三所観音霊場の穴太寺を、松茸を食べる前に楽しむこととなりました。

 夢コスモス園は、200種8万本のコスモスとありましたが、あまり美しさを感じませんでした(時期が遅れたかもですが)。でも、野では見れない「フジバカマ」を、香りと共にしっかりと楽しめました。「花の近写」もしてみました。

 穴太寺も、銀杏の大木があり見上げましたが、デジカメ遊びの被写体に苦労をする観光となりましたね。庭が素敵だと言うことで、300円の拝観料を払いましたが、小生の被写体にはなりませんでした。そこで、デジカメ遊びをしてやろうと思い画像作りをしてみました。

「穴太寺のコスモスの生け花」をダウンロード
ウーンと見惚れました。小生は豪華さで夢コスモス園より、デジカメのシャッターを押してしまいました。

「穴太寺の庭・西側」をダウンロード
 庭そのものより、部屋の中からの庭景色の方が素晴らしいのじゃないかと遊びました。大部屋の西庭風情です。

「穴太寺の庭・玄関方面」をダウンロード
こんな感じの部屋作りでしたね。でも、日本の四季を楽しめるお庭の風情を感じましたね。

「穴太寺の庭・・南側」をダウンロード
 花の時期には、大変素敵な眺めだろうと思いますが、町内の花一輪を入れてのデジカメ遊びです。

 午前中に、上記の小さな観光を楽しんで、メインの湯ノ花温泉での京料理を楽しむこととなりました。料理全体をデジカメ遊びで画像にしたかったのですが、高級京料理です(8000円)ので、料理が食べたあとに次々出てきます。京料理ですので、小作ですが小鉢に盛られた風情と味は素敵なものでした。山の幸、海の幸を味わいましたが、メインの「焼き松茸」を画像にしました。土瓶蒸もありましたが、これだけで料理代が跳ねあがったと思いますね。小生は子供時代に松茸を、嫌と言うほど食べましたから、この料理を言葉で表現することが出来ないですね。

 京都の奥座敷としての湯ノ花温泉ですが、その京都から入ってくる玄関口にある大きな有名な旅館です。商魂が逞しいと以前から感じていたホテル(旅館)でした。そこで、ホテル模様をデジカメ遊びしました。

「入ってすぐのロビー風情です」をダウンロード
 うん、豪華なものだと思いました。この前でお客様達が並んで記念写真を撮られてましたが、生け花を隠してしまう並び方で撮られてました。チョット横に並んで、花を入れてやると素敵な思い出になると思いましたね。

「ホテル内の生け花・1」をダウンロード
ホテル内の通路のいたるところに生け花が飾られていました。デジカメで遊びましたが、素敵でしたよ。

「ホテル内の生け花・2」をダウンロード
 通路の廉隅でしたが、立ち止まってデジカメで遊びました。シンプルイズべスト・・和の真髄ですね。

「ホテル内の生け花・3」をダウンロード
 よく目にするランの花ですが、こんな感じで飾られているのも日本の風情に合うなーと遊びました。

「ホテル内の生け花・4」をダウンロード
 百合の花は、和の風情を出しますねーとそんな感じで眺めました。

 そんなこんなで、湯ノ花温泉への小旅行となりました。デジカメ遊びですので、旅の紹介とはなりませんでしたね。

では、京都の一番の花を掲載して、塵埃記の更新を終わることにします。

「ホテル入り口の花」をダウンロード
日本、京の美の代表ですね。ホテルの商魂も感じますが、美しいものは美しいと素直に見てしまいました。

« 野の花が楽しむ秋の空・・ | トップページ | 自然も好きですが、庶民が大好き・・ »

アーカイブ3」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
ご町内の旅行は近場ではあっても、旅行という、それなりの気ぜわしさがあったみたいですね。

最近NHKの朝ドラを録画して、適当な時間に再生して楽しんでいます。
10月からのものは、以前呑気様が付き添って野球解説してあげたマナ・カナ姉妹が主役で、今のところは京の舞妓はんが出てきたりもしています。
呑気様はあのときに彼女たちにどんなことを感じられたのでしょうか。
小生は必ずしも好きなタイプではありませんが、熱心に役に食いついていて「だんだん」好感度がアップしてきています。

投稿: ぶちょうほう | 2008.11.05 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野の花が楽しむ秋の空・・ | トップページ | 自然も好きですが、庶民が大好き・・ »