« 里の湿地の野草花達・・ | トップページ | 5マイル範囲の秋風を楽しむ。 »

お彼岸の中日に、里を楽しむ・・

2008年9月23日天気は晴れのち曇り。

 本日は秋分の日(お彼岸の中日)ですね。墓参りをすませて、昼から時間が出来ました。孫は息子夫婦のオモチャとなり、爺婆はお守の仕事がなくなりましたね。婆の方は、家にいる方が良いタイプでして、さて爺(小生)はどうすれば良いかとなります。
 簡単なことですね。野花行脚に出かけることにしました。深夜の仕事がありますから、近くの里の秋風情でも楽しんでやれと、我が地の少し北奥へ車を走らせしました。
 本日に小生が楽しんだ、秋分の日の田舎風情を塵埃記にアップして、画像で誤魔化して、ブログの更新をし様と思います。

「秋分の日に、山里の秋」をダウンロード
 この日は、やっぱりヒガンバナを主役にしてやらないとですね。どこを走っても田園ではヒガンバナが咲き誇っています。秋の稔りの稲穂も黄色く色づいていますね。山間部の長閑な農家風情を感じます。お家の中でも、明るい笑顔があふれているだろうと眺めました。

「山間部の里の秋」をダウンロード
 秋のもう一方の主役はススキですね。ススキ越しに山の自然を楽しみました。山の小川を見ると、なぜか心が洗われる気になるのですが、皆さんはいかがなものでしょう。

「花達の楽園の秋」をダウンロード
 最後に、小生が少し歩いて野花達を探しをした秋風情ですね。色んな野花達が住み分けて咲いていますね。

 では、色んな野花を楽しみましたが、画像にしてみまして、まあまあ野花達に対して申し訳の立つ姿のものだけを列挙しますね。目立つ花達になります。小さなマイナーな変った奴は、ピンボケの乱れ画像になりましたね。

 里の野池に咲く「ヒツジグサ」ですが、この花は長く咲いていますね。この池だけしか見れませんが、5月ぐらいから咲いてますね。午後に咲くから、小生が出かけたのは午後2時頃だとわかる花ですね。未の刻に咲くそうです。

 北奥の農村部に行くのに里山の山道を少し走ります。その山道で楽しみました。残り夏の花で「ノリウツギ」です。手の届く所は、もう花が終わっていました。その山道の「山のノブドウ」ですが、里のものより大きく色づきも葡萄一つ一つに違う色を出してますね。また「ママコナ」を楽しみました。

 山道を抜けて、田舎の里へやってくると、「ヒヨドリジョウゴ」「ミゾソバ」が咲いているのを眺めましたよ。

 帰り道で、農家のお庭で見ました「パンパスグラス」でしょうかね。綺麗でしたし、秋の園芸の大草ですね。もう一丁ですが、「ホソアオゲイトウ」ですね。これも大草で眺めました。農家の空き地に繁茂してました。

 そんなこんなで、ありふれた風情をアップしました。チョット更新しなければの心に、安心が生まれています。月末から、月初めにかけては集金業務が忙しくなりますから、塵埃記の更新がおろそかになると思います。
 ただ身近な自然を楽しむことは、スーパーカブ君のお陰で出来ます。野花達画像を貯めておいて、発信し様かなーと思っています。
 野花画像は出来ますから、雨の日(深夜は休めません)などで、暇が出来たら、ネット交流で皆様の掲示板に秋の身近な草花をお届けしたいと思います。遊んでやってくださいね。

あっ・・オマケです。汚染米問題で世の中が揺れてますが、本年も豊作のようです。
「稔りの秋」をダウンロード
 汚染米の関係者の首だと納得なんですが、ハンサムボーイがさらし首になってますね。こいつで、鳥達を防ごうと言うのでしょうかね(笑)。


« 里の湿地の野草花達・・ | トップページ | 5マイル範囲の秋風を楽しむ。 »

アーカイブ3」カテゴリの記事

コメント

呑気さん

秋の山野草を楽しみました。
ノリウツギの残り香が・・!?
いつものダムに行くと白い花を見かけます。

「パンパスグラス」と言うのですねー《カヤのような・・・》
日帰り温泉ぬくもりの郷に行った時見かけるんです。

今は畦道に彼岸花が目立ちますね。

投稿: ryo | 2008.09.24 23:47

呑気様 こんにちは
こうして写真を一つずつクリックしながら、思いなおしているところですが、小生から見れば、すべての画が、身近にはなくて、ちょっと気合を入れて出掛けて初めて目にすることのできる光景のような気がしました。
見慣れている呑気様にとっては何気ない画であっても、普段の生活の中ではあまりであるかない小生にとっては、みな懐かしい眺めばかりです。
一つ一つの画を開くたびに、心が癒されるように感じていきますね。
植物の背後には良い眺めがどんどん出てきますね。
ノリウツギはウットリ綺麗に撮れています。

投稿: ぶちょうほう | 2008.09.26 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 里の湿地の野草花達・・ | トップページ | 5マイル範囲の秋風を楽しむ。 »