« 巡り巡って、また赤ちゃんになりました。 | トップページ | 県立社高校野球部・・甲子園への道・・その2 »

県立社高校野球部(優勝候補)・・・「甲子園への道」・その1

2008年7月10日天気は快晴。

 母校県立社高校野球部は、春の兵庫県大会を優勝して、近畿大会では1回戦で福知山成美高校(京都代表)に惜敗しましたが、その福知山成美高校が近畿大会を制しましたね。その上に、区切りの第90回大会と言うことで、兵庫は東と西から2校が甲子園大会へ出場する事が出来ます。

 そんな関係もあり、母校野球部は兵庫の西からでは優勝候補の筆頭に上げられています。小生は、県立社高校野球部を卒業して42年になろうとしています。40年間ほど毎夏の恒例行事となり、応援を続けてまいりました。4年前に春の選抜で甲子園出場は果たしていますが、夏の本大会はまだ出場していません。ですから、最後はいつも、敗戦を味わいました(夏は負ければ終わりですね)。だから、敗戦のその日は、応援仲間達と「悔し酒と未来の母校野球部の話し」で呑みあかす40年間だった事を思い出しています。

 ですが本年は、上記に記した様に、母校野球部は甲子園出場の夢が現実味をおびてきていますから、母校名を出して塵埃記に「甲子園への道」と題して、勝ちぬいて行く様子を記して行きたいと思います。

 優勝候補のシード校ですから、本日に勇躍2回戦からの試合となりましたね。応援仲間と10時半に高砂球場にむかいました。高砂球場につくなり、小生のところに飛んでくる人がいました。大きな声で、「呑気はん、東洋大姫路が負けましたでー」と叫んでくるのですね。東洋大姫路高校は、本年の春の選抜(ベスト4)で名を馳せ、過去にも夏の全国大会を制している兵庫の西では、飛びぬけた強豪私学校ですね。小生は、たぶん西地区の決勝で戦う高校は、東洋大姫路高校だと思っていました。なんと我が町のお隣の北条高校に破れたそうです。北条高校野球部は、地区大会では我が校と同じ地区でして、我が校に県大会出場を毎年阻まれている高校ですね。

 前置きが長くなりました。さて甲子園の道として、本日の試合模様を記しましょう。
社高校・・610 000 0=7
飾磨校・・000 000 0=0
   
 7回コールド勝ちでした。上々の発進と言えますが、初戦(相手は1回戦っています)の難しさも感じましたね。飾磨校は、2番手エースの右投の投手を先発させましたね。立ち上がりの制球が悪くて、エラーも絡んでこちらの攻撃と言うより、相手にもらった様な得点を重ねましたね。
この得点には、外野オーバーの2塁打が2本絡んでいますが、小生は相手校の監督に苦言を呈したいと思いますね。外野手の守備が浅すぎましたね。甲子園に出ようかと言う我が校の打撃ですね。小生は思いました。もし深く守っていれば、1点しか入っていないと思いましたね。そう考えると、交代した飾磨校の左のエース投手がふんばりましたので、凄い接戦の試合展開になっていたと思いますね。東洋大姫路も初戦で敗退したように、初戦は難しい試合になることが多いですね。少年達の心理のなせることかもしれませんね。

 我が校の2年生左腕投手は、制球も良く安定していました。三振をバッタバッタと取るタイプではないですが、右バッターの膝元に食いこむスライダー、左打者だと逃げて行きますね。このコントロールが生命線の投手ですが、初戦の心理状態を考えると無難に投球していた様に思いますね。ワンアウト満塁のピンチが一度ありましたが、相手の3番打者を、その食いこむスライダーで、ショートゴロのダブルプレーにとった投球をみまして、この子は大崩はしないピッチャーだと安心しましたね。

 打線の方ですが、クリーンナップの強力打者達は、一本づつヒットは打ちましたが、点差が開いて大振りになり、次の試合までに調整が必要だと感じましたね。彼らを取り巻く1、2番から、チャンスを広げる後続打者達は素直な打撃に徹していまして、良し良しと眺めていましたね。

 そんなこんなの試合模様でした。小生は思います。田舎の県立高校野球部で、プロ注目の選手はいませんが、大変にバランスのとれた素晴らしいチームになったなーと眺めています。これからの応援が大変に楽しみですね。

 選手達が、ベンチに入れなかったチームメイトの分まで、チームの勝利に徹して、気負わずに素直な少年らしい全力プレーを心がければ、甲子園の女神が、母校野球部を全国大会に導いてくれるような気がしてなりませんね。

こんな感じで、母校県立社高校野球部の「甲子園への道」を優勝して、甲子園に出場まで記して行きたいと思います。駄文ですが、お付き合いいただければ、大変に嬉しいです。3回戦は、この13日です。

サービス画像ですが、本年の阪神タイガースの強さは凄いですね。虎そのもの強さですね。田園、山の子達もあやかりたいですね。田園地帯の野山には、オカトラノオ、ヌマトラノオと「虎の尾」がこの季節に咲きあがります。この野の花にあやかりましょう。

「本年の我が田園のヌマトラノオです」をダウンロード

「本年の里山のオカトラノオです」をダウンロード

 虎の尾っぽが2つ揃いました。さあ、甲子園出場に向かって進撃開始です。熱い応援の日々がやってきましたー・・・

« 巡り巡って、また赤ちゃんになりました。 | トップページ | 県立社高校野球部・・甲子園への道・・その2 »

アーカイブ3」カテゴリの記事

コメント

初めまして、私も応援に行きましたよ!
社の左腕ピッチャーは、2年生ですか、納得(少し小柄)。
大前、宮田の時からチョコ、チョコ応援に行っています。
本日の感想は、やはり外野の前進守備(飾磨)と飾磨のエースナンバーピッチャーを打ち崩せなかったのが少し不安(課題)に思いました。大差の勝利なのに素直に喜べないのはどうしてかな?

投稿: 角淳一 | 2008.07.10 16:27

あららーっ・・有名な毎日放送のアナウンサーの角淳一様でしょうか・・そうだったら大変に嬉しいです。

20年ほど前に我が社町に来ていただいて、弁論大会の司会をお願いしたのは、小生なんですよ。当事、商工会青年部の部長をさせていただいてまして、毎日放送までお願いに参った事を懐かしく思い出しますね。
あの時は、ありがとうございました。

角さんが仰る・・「素直に喜べない」・・そうですね。でも、小生も高校野球経験者ですが、少年達の心や体は、日々変化する様です。前の日に凄いボール投げていたのに、明くる日は乱調、凄い打撃をしていたのに、大振り凡打と言う模様を沢山見てきました。
まだ、成長過程の少年の面影が残っているのでしょうね。

そこに(実力を出しきれずに)敗戦の悔しさを感じる事が多かったですね(涙が落ちるのでしょうね)。

拙いブログを見ていただき、コメントまでいただきました。心からお礼を申し上げたいと思います。

投稿: 呑気おやじ | 2008.07.10 18:23

呑気さん先ずはおめでとうございます。まだ先は長いですが油断せず一戦一戦勝ち抜いていってほしいですね。大阪に住んでいるclitonですが人事でないような気になって先ほど検索して社高校の勝利を知りました。(^o^)
おやおや、角さんてぷいぷいの角さんですか。今日は西アナに任せて高砂までご出張とは驚きました。(^o^)

投稿: cliton | 2008.07.10 22:38

cliton様・・ありがとうございます。
甲子園に向かって、白い戦闘服をまとって、爽やかに躍動する少年達を見ていると、日本の将来への安心が沸いてきて、心が明るくなるのですよ。

まして、母校の後輩達の応援ですから、余計に楽しめますね。

投稿: 呑気おやじ | 2008.07.12 12:51

呑気さん

まず・・母校の1勝おめでとうございます。

また目が離せないシーズンになりましたね。
新聞を見て呑気さんのおよろこびの\(^o^)/がいちばんに浮かびましたよ~。

あの有名な角さんからのコメントですかぁ~?
凄いですねぇ...

今後の勝戦を祈っています。

投稿: ryo | 2008.07.12 22:52

呑気おやじさんの血が騒ぐ高校野球、暑い夏に
なりましたね。。今日なんですね、試合・・勝って
甲子園まで快進撃される事を海辺より願ってます
ちなみに我が母校は一回戦負けをきしました^^;)>

投稿: mituru | 2008.07.13 10:35

呑気様 こんにちは
呑気様にとっての夏の大イベントが始まり、今回の塵埃記は気分が高揚して来ましたね。
御母校の今日は3回戦になっているのですね。
ネットで調べてみると5X-1で東播工に勝ったみたいですね。
今度の点のとりかたは小刻みで、呑気様のお眼鏡に適ったのではなかったでしょうか。
まずはおめでとうございます。

オカトラノオ・・・・最後まで尻尾を振り続けていられますように。

投稿: ぶちょうほう | 2008.07.13 16:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巡り巡って、また赤ちゃんになりました。 | トップページ | 県立社高校野球部・・甲子園への道・・その2 »