« ベスト8で、塵埃記も一休み・・ | トップページ | 夏模様・・仕事をしながら、チョイ遊び・・ »

県立社高校野球部・・甲子園の道が、この夏は終わります,。

2008年7月19日天気は炎天の夏日。

 母校野球部がベスト4をかけて、お隣町の北条高校と姫路球場で対戦しました。両校とも野球熱の大変高いところでして、応援の観衆が凄かったですね。

「超満員の姫路球場スタンドです」をダウンロード
 同じ北播地区同士の対戦です。負けるものかと応援にも熱が入りましたね。

 それでは、試合内容ですが、先ずはスコアーボードからですね。

「試合結果です。」をダウンロード
 東洋大姫路高校を破って勢いに乗る北条高校に、延長10回までもつれましたが、逆転負けで惜敗してしまいましたね。

 試合内容は、母校の方が有利に運びました。北条高校のエースに3回までに6安打を浴びせて、2点を先取して早々に2番手ピッチャーに交代させましたね。
 しかし、我が校左腕エースも本調子ではなかったですね。コントロールが信条なのに、本日はファーボールが多くて、なんとか押さえてましたが5回、6回に追いつかれてしまいましたね。そこで、我が校も2番手ピッチャーに託す事になりました。

 北条高校の2番手ピッチャーは、四回途中から、我が校2番手ピッチャーは7回からと、この二人の投げ合いで、勝敗が決まる事となりましたね。我が校打撃は強打の主軸が打ち2点を追加しましたが、まだ2、3塁にランナーを残したまま得点を重ねる事が出来ませんでした。逆に、相手校の2番手ピッチャーが打たれながらも、ふんばっていたと言う展開になりましたね。

 9回になり、我が校の2番手ピッチャーが制球が乱れて、ファーボールをだし、自分自身で追いこまれて行きましたね。小生はベンチに居る監督の顔ばかり見て投球している姿を大変に心配しました。満塁にしましたが、ツーアウトまで頑張りましたが、勢いのある北条高校の打撃にタイムリーを放たれましたね。同点延長ですね。

 延長10回もツーアウトから、ショートのエラーとファーボール後の初球を痛打されてしましました。裏の攻撃に期待しましたが、強豪校が敗れる時のあせりみたいな打撃で、大きなあたりは打つのですが、凡フライとなり、ゲームセットと迎えましたね。

 小生が、少し残念に思うことは、8回、9回で2点差あればの奢りがチーム全体やベンチにもあったと思いますね。左腕エースをライトかどこかで使えるように残しておいて欲しかったですね。疲れていたのでしょうが、この夏の経験が一番豊富なピッチャーでしたね。困った時は、エースに任すの方が良かったかもですね。2番手ピッチャーが、勝たなければと追いこまれてアップアップしている姿を見るのが辛かったです。

 野球の技術的な事ですが、この2番手投手達のフォームを画像で掲載しましょう。
「社高校の2番手ピッチャー」をダウンロード
 制球を乱して自滅しました。スピードがあり豪快なフォームから大きなカーブも投げますね。

「北条高校の2番手ピッチャー」をダウンロード
 小柄な投手ですが、制球は良かったですね。野手の経験が豊富なのかセンターへ抜ける打球を何度も好捕しましたね。それに加えて、ベンチを見ることなく、やってやるとの投球を感じました。

 この二つの画像を並べましたのは、あまり野球を知らない人でも、どちらがコントロールがあるかは判ると思います。相手を睨んで、正しいフォームで投げることが大切ですね。我が校のピッチャーは、押さえ込んでやろうと言う力身がフォームに出てしまいましたね。

 負けてしまいまして、心が虚ろですが、すぐに母校野球部は秋の大会に向かわなければなりませんね。そこで応援団のティーシャツの背中にかかれている文字を掲載しましょう。

「快打洗心」をダウンロード
 この言葉の母校野球部の歴史ですが、社高校野球部の創設期(昭和23年頃)から、毎日選手達が練習するグランドへ上がられていた方がいます。小生の家の近くの薬局屋さんでしたが、戦中に立命館大学で投手をされていた野球馬鹿でしたね。雨の日も風の日もグランドに現れた方で、84歳で亡くなる1週間前までグランドに姿を見せておられました。
 沢山の優秀な投手を育てられたことでも我が地では有名でしたね。小生が現役時代にこの方からの年賀状に「快打洗心」と、この言葉だけを記されて送られてきたのを覚えています。
 ですから、亡くなられて記念碑を造ろうとOB会できまりまして、小生が、この言葉を記念碑に刻んでもらう事にしました。

 余談ですが、あとでこの言葉の出所を調べた事があります。日本の野球の草創期に早稲田大学野球部で活躍されて「学生野球の父」と言われている「飛田穂州」先生の著書の中に刻まれた言葉だと記憶しています。

 なぜ、こんな事を記したかと申しますと、県立社高校野球部は県下では強豪校にのしあがりました。厳しく鍛えられて体格も良く、挨拶の整列をすると他校を圧倒するぐらいの実力校になりました。

 小生は思います。あとは精神力を高める事だと思います。飛田穂州先生の「学生野球とは」の勉強をして欲しいと思いますね。

 そんなこんなで、また戯言を落としまくって塵埃記を進めてしまいました。秋まですぐです。社高校野球部選手達に「心身ともに、確り鍛えてくださいね」とお願いして、熱い応援記を閉じたいと思います。

« ベスト8で、塵埃記も一休み・・ | トップページ | 夏模様・・仕事をしながら、チョイ遊び・・ »

アーカイブ3」カテゴリの記事

コメント

呑気様 残念でしたね。
しかし、勝負の勝ち負けは時の運とも言われますから、運命の女神様に微笑んでもらえなかった、何かしらを、掴んでいただいて、また力強く立ち上がり、進んで頂きたいと思います。
変な言い方をして恐縮ですが、負けることは唯一勝ち残ったチーム以外は、皆等しく共有することですから・・・・。
勝負の分析は、お詳しい呑気様の解説をトックリと読み、ナルホドと得心致しました。
また来年も是非、頑張って頂き、今度は真正、県代表になって頂きたいと思います。

選手諸君にはしっかりと休養していただいて、また雄々しく立ち上がってもらいたいですね。

※これは個人的な感じなのですが、歴戦の勇者なら、負けたら泣くのではなくて、地団太踏んで悔しがってほしいものですね。

投稿: ぶちょうほう | 2008.07.20 12:53

呑気さん

ナツフジとガガイモのお届け有難うございました。

酷暑の中の母校応援ご苦労様でした。チョッと残念でしたが・・・
西兵庫は絶対と思われてる有名高は敗退したようですね。今年は何処の高校が甲子園の土を踏むのでしょうね~
暑い中熱中症の生徒が出ない事を願ってやみません。

呑気さん
ボクちゃんお元気ですか~?

おしゃべりが進んできて暑さを和らげてくれるのではありませんか~(^^♪

投稿: ryo | 2008.07.21 22:47

呑気おやじ様

おひさしぶりです。
一昨日は、とても残念でしたね。
私も、この夏の楽しみというかエネルギーの源がなくなってしまって(球場の暑さにやられたのもありますが)、
昨日は何もする気にならず…sweat01

一昨日の井上くんを見ていたら、近畿大会の福知山成美戦を
思い出してしまいました。
四球やヒットがあんなにすぐに出ると、普段は出ないだけに
とても心配でした。
守備も社らしくなかったですね…
ただ、近畿大会で見られた、負けた中にも夏への希望を
感じさせてくれた豊富な投手陣はどうしたんでしょう?
秋に見た、竹中くんも見られなかったし…
一昨日だけでなく、これまでの3戦の中1戦でも井上くん以外の投手が先発してたら、ちょっとは井上くんにかかる負担は減らせたんじゃないかなぁ、など素人ながらいろいろ考えてしまいました。

でも、「この敗戦があったから、強くなれた」って選手たちが
言えるような結果を秋、そして来夏に期待したいですね!!

投稿: | 2008.07.22 01:23

おやじさま、ご無沙汰してます。
暑い季節になりましたね。
高校野球の応援、おつかれさまでした。
ザンネンな結果だったようですが、学生も学ぶことの多かった大会だったと思うんですよ。
昨日田舎に行った折、ニイニイゼミのことを思い出し、桜の木の幹でにぎやかに鳴いてる蝉を撮って見ましたよ。
またたくさんおしっこをかけられました(*≧m≦*)ププッ
ますます厳しい暑さとなるんでしょうね。
深夜のお仕事、大変でしょうがどうぞご自愛くださいね。

投稿: mikiharb | 2008.07.22 02:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベスト8で、塵埃記も一休み・・ | トップページ | 夏模様・・仕事をしながら、チョイ遊び・・ »