« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »

心の格差までもが、広がってるのか?

2007年12月15日天気は晴れ。

 本年もあと二週間になりましたね。のんびりと今年一年を振りかえったりしますが、「偽」と言う漢字が選ばれましたね。小生は、国や民間会社も庶民を騙して搾取する詐欺集団みたいで、「騙」を思いましたがね(笑)。
 さて、田舎での状況を振りかえりますと、やっぱり格差の広がりを大きく感じますね。中小企業の疲弊で、労働賃金も下がりました。倒産、リストラの嵐の中で、公務員等々との所得の格差の開きが感じられる様になりましたね。
 本日の塵埃記は、そのことではなくて、「心の格差」までもが広がっているのじゃないかと進めてみます。

 中小企業に勤めている一人息子がやってきて、小生に話しました。「おやじ、可哀想な人がいるんよ。僕の上司なんだが、大手企業で活躍されて、几帳面で仕事がよく出きる人なんだが、社長に怒られると手が動かなくなり、仕事ができないんや。ミスを怖がっているみたいなんや。可哀想でみてられへんわー。」とですね。
 小生が、「おまえは」と息子に聞くと、「全国各地を旅して、色んなアルバイトしてきて、色んな社長見てきているから、なんともないわー。」とあっけらかんなんですね。

 このことだけから判断すると、真面目なんだがひ弱な者と逞しい者との格差を感じますね。怒鳴る人、負ける人とどちらが悪いのかは、それぞれで判断できませんが、心の格差を感じますね。ただ、人はふと弱気になることは誰もがありますからね。

 地域社会や学校や会社と言う小さな集団社会での心の格差ですね。いわばチームの様な集団社会の中でも、上下の心の格差で苦しんでいる人が多いようですね。部活動の上下関係や昔の徒弟制度の厳しさとは違う、心の格差を感じますね。運動や仕事ができない人達には、愛情を持って叩きこむではなしに、代わりはいくらでもいると言う無情を感じますね。
 もっと小さな集団である家族の崩壊も、大変多く目にするようになりましたね。それも悲惨な状況を、テレビから飛びこんできますね。これも、ある意味での心の違い(格差)とも言えますね。
 
 小生には、解決策はまったく見つかりません。ただ、相手の立場を少しだけ思いやる心だけは、広げて行った方が良い方向には向かう気がしますね。国は、庶民の立場にたって、「国民の為に」でしょうね。
また、逞しい者達は心を律してないと、利権に走ると言うあまたの歴史を持ってますよね。強者と弱者の格差ですね。強者ばかりの世も、自然界の摂理からするとバランスは保てるのでしょうかね。

アバウトミーに質問を作ってみました。曖昧な設問になってますが、上記の状況を感じましたね。問題をクリックすると全体やコメントが見れますよ。

| コメント (6)

晩秋の里山の実を楽しむ・・

2007年12月10日天気は快晴。

 師走に入り、気ぜわしくなって、自然と遊べていませんでした。本日は、商店街のお休みで、天候も素晴らしく、たまらず近くの山に入りました。花はアザミとオニノゲシ、ヤブツバキ等を楽しみましたが、もう少なくなっています。
 そこで、面白い実達を楽しむことにしました。自然の風情を切り撮りたいとも思いましたが、全体像はそう美しいものではありませんね。そこで沢山の実がなっている中で、近づいてみて面白いなーと思った姿を、呑気風に切り撮ってみました。眺めた順に掲載しましょう。

「ムラサキシキブの実」をダウンロード
 先ずは、ムラサキシキブの実を楽しみました。この木があるところを知っています。いたるところで見れる実ではありませんね。農家のお庭には、よく似てますが、もっと美しいコムラサキがありますね。でも野趣はこちらですね。

「ヨウシュヤマゴボウの実」をダウンロード
 野や川原でも見れますが、刈り取られてしまうことが多いですね。山の中では、こんな感じに色づいて目を引きつけますね。ネットのお友達が、ヨウシュヤマゴボウがぶどう酒に酔っているようですと面白いお言葉を落とされましたね。

「クサギの実」をダウンロード
 チョット近づきすぎてピンボケになりましたね。でも面白い姿の実ですね。画像掲示板の毎年の定番の実ですね。いたるところで、この木は見かけますね。

「サルトリイバラの実」をダウンロード
 里の雑木林でも見れます。でもサンキライと言って生け花に使われる様で、都会風のおばちゃん達が取ってしまいますね。里山の中では、こんな状態でお仲間もいっぱいですね。

「ヒヨドリジョウゴの実」をダウンロード
 もう真っ赤に熟していると言う感じですね。陽を受けて輝いていましたね。近づいて見ても、この水水しい赤は素敵だと思いますね。

「ジャケツイバラの実」をダウンロード
 枯淡の色を持ってますね。マメ科ですね。弾けて面白い姿を山の中で楽しみます。この木もあるところを知っていまして、そこに行くだけで見れます。いたるところにあるわけではありませんよ。

「フユイチゴの実」をダウンロード
 里山の中では、いたるところで沢山見ることができます。お味の方は、飽食にまみれてしまった舌ですから、適当な言葉が見つかりません。ご想像にお任せします。

「ウメモドキの実」をダウンロード
 あららと、目を引かれました。落葉低木でして、葉が落ちてしまって、実だけになった樹木ですね。風情も切り撮りましたが、赤い色がボケてしまいました。こちらの画像でご辛抱をでございます。

「ツルウメモドキの実」をダウンロード
 この実が見たくて山に入ったようなものです。沢山あるわけではないです。それから、この画像の様に花模様となっている実は少なかったです。でも眺めて楽しめただけでも満足です。全体風情は、そんなに美しいものではないですね。でも生け花などに使われているそうですね。昨年亡くなられた秋田のおばちゃん(ネットのお友達)が大好きだったことも、眺めながら思い出しましたね。

「オマケの紅葉」をダウンロード
 この樹木の紅葉が、陽を受けてキラキラ輝いて綺麗でした。小生は、葉や風情を見ただけでは、樹名までわかりません。ご存知の方がおられましたら、お知らせ頂くと大変嬉しいです。ちらっと、思い出しそうなんですが、塵埃記を進めるだけで、本日はお終いにいたします。

| コメント (5)

« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »