« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »

真の独立国家じゃないジレンマ

2007年8月16日

 先の大戦の終戦の記念番組をテレビで色々やる時期ですね。昨晩、NHKで「日本のこれから」と言う、憲法第9条の問題の討論会を見ました。呑気な子供ような思いを記しましょう。

 平和な日本国を今後どうすればよいのかが問題ですね。しかし地球規模(戦争状態ですね)では、その平和活動に我が国がどうすればよいかですよね。
 真の独立国家であれば、平和主義を貫き通して憲法第9条の理念を推進して、あらゆる戦争に荷担しないと言う平和国家を目指せますね。しかし世界情勢からは、理想論や空論のように響いてしまいますね。なぜなら、米国の属国の道を選んだ日本だからでしょうね。

 子供のような思いですが、真の独立国家を勝ち取っていたら、素晴らしい国になっていただろうか・・
対等な立場で世界で生きる為に、ひょっとして核を持つようになっていたかもです。真の独立国家は、大変な苦難の努力が要ったような気がします。またその逆に、世界に類を見ない平和国家になっていたかもですが、いずれにしてもその道を選んでいないから空論でしかないですね。

 子供のような思いですが、世界は米国の属国系で生きるか、反米系で生きるかに選択を迫られているような気がしますね。ヨーロッパ各国と言えども、ヨーロッパ圏での歩調を、独立国家として乱すことが出来ませんね。
 敗戦国どうしのドイツと日本がよく比較されますが、ドイツはヨーロッパ圏に対して戦闘しない誓いの独立国家(ヨーロッパの属国)ですね。日本は米国の属国としての独立国家ですね。

 では、日本が平和国家でありつづけることが出きるのか・・可能な気がしますが、民衆力だと思います。
民衆(我々)が、確りとした平和主義を心に内在させることだと思います。悲惨な現状を目の当たりに見たり、情報は得ることが出来ます。「そんなことは、日本国民として反対です。」と叫ぶのですよ。いくら米国が強大だといっても、あの国は民衆の声には、鋭く反応すると言う素晴らしさも歴史で作り上げているからですね。

 まとまりがつきません。まあ小生にとっては難題でした。しかしこれだけは言えます。平和が崩れる時は足音もなくやってくるそうです。日本国の舵取りをしている連中に対して、厳しい目で確りと見つめていましょう。

 終戦記念日の新聞記事の中から・・●国の管理体制を強める教育関連法改正をみても、似たような流れが起きていないか。当時の「鬼畜米英」のように、一つのことに熱狂する芽が残っていないか・・・「千人針は語る」での、兵士の無事を祈る婦人の言葉、「戦争は私達が気づかぬうちに音も立てずにやってきた。」・・・
 時代の歯車は音も立てずに回るのなら、かすかな音にも耳を澄ませたい。」(神戸新聞、正平調より抜粋)●

| コメント (4)

夏の里山の小川そば風情・・

2007年8月13日天気は快晴。陽射しが強いです。

 陽射しが強く、蒸し暑い日が続いています。こんな時は、外に出ると危ないですね。昔の人達は素敵な季節を作られましたね。夏休み(お盆休み)ですね。
 小生も、お盆休みでして、息子夫婦や初孫と仏壇の前で、ごろごろして過ごしています。ある意味で一番の休み方かもしれませんね。
 でも、本日は昼から少しだけ、里山の花達に出会いたくなりました。素敵な小花に出会いました。里山小川そばあたりは、人の手が入らないのでしょうか、ゴソゴソすると夏でも素敵な野花に出会いますね。

「ミズタマソウ(水玉草)」をダウンロード
ミズタマソウですね。

 此花は、見つけたのは1株でした。昨年も画像にしていましたが、名前がわからずにあれこれ検索していました。本年は花姿と草姿を確り眺めましたので、名前も同定して良いと思います。
 名前も「水玉草」と涼しげな名をもらっていますが、その名の通りに、水玉に見える様子を持って造形の美しい白花をつけますね。花の大きさは2mmほどですから、小さな草を眺めているのですね。でもしゃがんで眺める素敵な空間を味わいますね。

実は、夏の花の少ない時期に、小川そばの野で鮮やかに咲いている大花があります。そのキツネノカミソリをじっくり見たくて歩いた時にミズタマソウと出会いましたね。

「小川そばの野のキツネノカミソリ」をダウンロード
キツネノカミソリですね。

 凄い名をつけられましたね。名前の由来は検索して楽しんでくださいね。この色鮮やかな野の大花も、少なくなってきている様で、なかなか見れない花だと思っていました。でも野花を追い出してから、人が近寄らないところを捜し歩くようになりまして、夏の花のない時期には、色鮮やかで目立ちますし、群生咲きをしてくれますね。

 そんなこんなで・・お盆ですが、身近な里山は、夏の野花達がワイワイ言っているのを楽しみました。このキツネノカミソリのソバには、もうゲンノショウコやキツネノマゴの花が咲いていたのですよ。里の野は、ほんとに遊んでくれますよね。あっ、コウロギにも出会いましたよ。

「キツネノカミソリ」をダウンロード
夏の野で、鮮やかな色のキツネノカミソリです。

| コメント (6)

« 2007年8月5日 - 2007年8月11日 | トップページ | 2007年8月19日 - 2007年8月25日 »