« 身近な里の秋を追いました。 | トップページ | 晩秋の里山の実を楽しむ・・ »

星野野球の素晴らしさを堪能した・・

2007年12月4日天気は曇り。

 台湾で行われていた北京オリンピック野球のアジア予選を楽しみました。手に汗握る好試合が続きまして、また野球(ベースボール)の素晴らしい醍醐味を堪能しましたね。小生が見た感想を塵埃記に落としますね。

 先ずは、日本チームは勝って当たり前の状況で参加していました。そのプレッシャーは星野監督やコーチ、選手が一番感じていたでしょうね。そこへ持ってきて、ボール競技と言うものは、何がおきるかわからないですね。丸いボールですからね。審判団も人間です。それに加えて、高校野球のように一発勝負ですね。母校野球部でも経験しましたが、我がチームの投手が素晴らしい調子で、相当に実力差がある優勝候補を破った試合が長い歴史の中で沢山ありましたね。サッカーもそうでしょうが、野球も同じですね。だからプロスポーツとして楽しめるのですね。

 その中でも勝ちぬく実力は、やはり日本チームが数段上だったと思いました。もし何試合もするリーグ戦なら、確実に日本が勝ちぬくと思いましたね。それは、日本プロ野球と大リーグの差ぐらいだと思います。確かに技術的には縮まっては来ていますが、選手層の厚さの差ですね。韓国、台湾に比べれば格段に素晴らしい選手層は、日本の方がだいぶ上ですね。台湾、韓国に大リーグ選手が帰ってきていたら(一部帰ってましたね)と言いますが、これは日本の方がもっと選手層が多いですね。

 では、なぜ一発勝負で勝利できたのかを戯言ですが、星野監督を褒め称えましょう。
 星野監督は先ずこの予選の三試合、相手チームを0点に押さえてしまおうと思っていたと思いますね。負けないですからね。小生は、日本の投手陣なら可能だったと思います。現に、韓国、台湾の得点は、日本投手の配給で防げましたね。でも人間のなせる技ですからね。微妙なコントロールの狂いは、致し方ないですね。投手に関して、付け加えますと、星野監督は「勢いのある球を投げる、気迫の投球のピッチャーが好きだなー」(審判の判定に動揺せずに、球威で勝負する)・・若き先発陣を形成したのも勝利の要因でしょうね。緊張感からか、彼らの本来の実力ではなかったですが、充分に押さえ込みましたね。

 攻撃陣も足の速さと守備の上手い選手をそろえましたね。まさに油が乗りきる前の旬の選手を機用しましたね。これがまた星野監督の素晴らしさですね。まだまだ実力が向上するこれからの選手(まだ年中鍛えいるような)ですから、気持ちが前面に出て新人選手の様に、緊張と気迫で戦いましたね。駆け引きで打つタイプじゃなしに、真っ向勝負で戦っていましたから、レベルの高い試合の中に、緊迫感とスピード感が合わさり、これぞ野球(ベースボール)の戦いと言う試合を見せていただきましたね。大村選手のスクイズも、彼が新人のように謙虚な心でいたから、成功したと思いますね。

 星野監督への礼賛は、尽きないですが、最後には皆さんご存知の彼の精神性の素晴らしさでしょうね。「ユニホームは戦闘服だ。」・・この言葉を、また実践させましたね。戦う集団を短時間で纏め上げましたね。
 また彼は、気迫、根性と言う戦う姿勢の精神性の様に見えますが、緻密なデーターや、田淵コーチや山本コーチ等々の友人達に恵まれ、その彼らに任せきることができる心の広い知将でもありますね。

 今回の予選突破で、星野監督の素晴らしさを、またまた見せてもらいましたね。長嶋、王の王道野球から、彼らに立ち向かった野球人生の星野野球が誕生しましたね。その現役時代の星野の姿そのままの日本チームが勝利しましたね。
 北京オリンピックが楽しみですね。この星野チームを見ると、他の出場国も補強対策を練るでしょうね。

« 身近な里の秋を追いました。 | トップページ | 晩秋の里山の実を楽しむ・・ »

アーカイブ3」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
呑気様の予告が有りましたので、塵埃記にこの記事が出るのを、そして読むのを楽しみにしていました。
小生も当然一連の試合を見ていて、自分なりの感想を持ちましたが、呑気様はこの道の玄人ですので小生の実感とどのくらい違っているかその差を楽しみにしていました。
そして、実際に此処に伺い”論文”を拝読し、唸りました。
試合も素晴らしかったが、呑気様の温かい目線に感激しました。
小生はドラゴンズの選手時代から、ドラ監督までの星野さんを好きでは有りませんでした。
野球解説、タイガース監督の頃に星野さんのことをやっとフラットに眺められるようになり、それだけでなく、積極的に好感を持ってしまっていた自分が居ましたが、星野さん自身もかなりの変貌を遂げた時期ではなかったでしょうか。
今までに日本チームを率いる人物として、星野さんほど適任であった例は無かったでしょうね。
お蔭様で、幾多の感動シーンをナマで見ることが出来ました。
話は変わりますが、阿部慎之助は物凄い打率でしたね。

投稿: ぶちょうほう | 2007.12.04 21:46

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。
阿部慎之助選手は、ファーストで使うと、打撃王になれるほどのバッターですよ。その上にキャッチャーですから、投手の配給を読む力もつけていますね。こりゃー打ちますよ。

記事には、書き込みませんでしたが、小生は日本代表は、韓国、台湾クラスを負かすチームは、三チームは出きると思っています。

大リーグ所属選手中心のチーム。
日本を代表するスラッガー達と熟練投手のチーム。
今回の、星野チームですね。

サッカー日本代表も同じですね。監督色が出ますね。北京は、どんな選手を集めるかも星野の仕事ですね。まあ、彼の性格からすると、意気の良い選手を集めるでしょうね。

投稿: 呑気おやじ | 2007.12.05 11:10

呑気さん、塵埃記読ませていただきました。
わたしは野球のことはわからないのですが、それでも最後の台湾戦はテレビ観戦しました。
わくわくして胸が熱くなりましたよ~~~。
一人一人が素晴らしかったですね。ダルビッシュにはちょっとハラハラしましたが^・^;
今日、ラジオである記者さんがおもしろいことを言っていました。
「上原はこのJAPANの中では素晴らしい選手だと思うのに巨人にいるときの上原はそう思えない、なぜだろう」って(笑)
星野監督は以前から大好きな人でしたがこんどのいろいろな報道でもっと好きになりました^・^;

投稿: きらり | 2007.12.05 22:33

きらり様・・ありがとう。
ある記者さんの言葉は、良いところを見られていまして、感心しました。
小生もわかりません。彼の持っている実力は、素晴らしいです。それを発揮させる巨人軍か、日本代表かと考察するしかないですね。

難しいですが、燃えつきて、ここで終わっても良いと言う真理状態の時のピッチングと、一年間チームの為にどう尽くすかの差でしょうね。

韓国の凄い給料を貰っている選手が、デットボール覚悟の打席に入っていたのには、小生も、国と言うものの重みを感じましたね。

投稿: 呑気おやじ | 2007.12.06 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 身近な里の秋を追いました。 | トップページ | 晩秋の里山の実を楽しむ・・ »