« 小豆島の秋を楽しんできました。 | トップページ | 身近な里の秋を追いました。 »

県立社高校野球部の新しい門出・・

2007年11月23日天気は晴れ。
 
 本日は、母校野球部の新野球場の完成と4年前の選抜出場記念稗の除幕式が行われました。記念碑はOB会が寄贈すると言うことで、小生も来賓として呼ばれまして、OB会の代表として感謝状を学校長から頂きました。

 「新球場です。」をダウンロード
 県立高校としては、全国でも珍しい専用の本格的な野球場ですね。学校ならびに関係各位のご努力に感謝を申し上げておきました。素晴らしいですね。
 田舎ですが、これで兵庫の強豪校として、ますます名を馳せる様になるでしょう。

 昔は、小生が撮っている位置にバックネットがありました。小生の先輩にあたる重鎮OB達(70歳を越えています)と眺めました。重鎮達は、感慨深げに、昔話に花を咲かせていましたね。
「グランドが出来た当初は、毎日が石ひらいだったなー。」・・「水が飲めなくて、グランド横の小溝の泥水をすすったなー。」・・「食うものがない時代で、よく倒れたなー。」・・「おい会長、今、誰それはどうしてる。生きてんのかー。」・・「それにしても、立派なものができた。これで強豪から、甲子園常連となってくれたらなー。」・・・次々懐かしい話が飛び出してきます。
 いつでも後輩達を、優しく見つめて応援することだけに一生懸命なOB達ですね。甲子園出場の夢は破れた重鎮達ですが、田舎の県立高校では、都市部の強豪私学校をいつも苦しめる野球部として、地域でも絶大な人気を誇っていますね。そんなOB達や地元の人達のお陰で、OB会も長く継続してこられたと、小生は思っています。小生が代表になってからでも、25年になりますね。(OB会は35年ほどになりますね。)
 これからのOB会を背負ってくれる若い人材も、沢山育ってきてくれています。小生は、ボチボチと重鎮の仲間入りをしたいです。

「甲子園出場記念碑です。」をダウンロード
 第76回選抜高等学校野球大会出場記念碑ですね。ほんとうは、もっと早くに出来たのですが、グランドを全面改修すると言うことが決まりまして、どうせなら球場完成と一緒にやろうと今日の日になりました。OB会が寄贈いたしました。
 甲子園で4回戦いまして、ベスト4の戦跡がプレートに刻んであります。「輝」は、甲子園出場の時に、選手も応援団も「輝けー」と叫んでつけたものですね。
 今の現役の選手達は、毎日、この記念碑を見て、憧れの甲子園を目指すこととなるでしょうね。輝いて欲しいですよね。

「甲子園応援風景」をダウンロード
 はじめて甲子園に出場した時の、母校の応援風景です。OB会、我が町の人達、全校生徒、父兄会等々と田舎からバス110台を連ねました。その上に都会に出ている母校OB、車で乗り合わせて応援に駆けつけた連中を合わすと、内野席からアルプスまで埋め尽す大応援団でしたね。
 小生は思い出します。接戦の試合が続き、8、9回の逆転や延長戦が多かったです。それも振り返りますに、8回あたりから、応援団が全員立ちあがり、声を張り上げて声援を送りました。ある新聞記者から、聴いた言葉ですが、「スタンドが揺れてました。こんなに人数や声援の多い応援団は見たことがない。」と言ってましたね。
 この素晴らしい応援と、母校の勝利で、流れた校歌に合わせて、大声で歌った時には、大粒の涙がボロボロとこぼれた記憶が蘇りますね。
 そんなこんなで、今日の記念の栞に貼りつけてあった応援風景から、懐かしく思い出しました。
 ちなみに、お金の話で申し訳ないですが、ベスト4(4回)までの全応援費用は、1億円近く要りましたね。小生も、微力でしたが携わりましたので、これも凄かったと懐かしく思い出しましたね。大会終了後に、体重計に乗ってみたら、10K痩せてましたことも付け加えてやれですね。

 個人的な情報が中心となりましたが、塵埃記を進めてみました。このあと5時半から、OB会の懇親会です。皆さん、またまた懐かしい話で盛り上がると思います。小生は、後輩から「先輩、また同じ話をしよってですよ。」と言われますが、酒を浴びるほど呑んでやろうと思っています。

 兵庫県立社高校野球部は、春の県大会優勝、春の近畿大会優勝、秋の勝者の選抜出場は果たしています。残るは夏の県大会を優勝して、全国大会に行くことを残すのみとなりました。今日の新球場完成の日から、新しい門出として、選手は汗を流し、OB達は、誇り高く応援を続けてまいりましょう。

« 小豆島の秋を楽しんできました。 | トップページ | 身近な里の秋を追いました。 »

アーカイブ3」カテゴリの記事

コメント

呑気さん、素晴らしい話を聞かせていただきました。
読んでいくうちに胸が熱くなりました。
わたしは女子高だったし、受験に熱心な学校だったので運動部もほとんど活動していないような有様で
呑気さんや先輩の方々のような熱い思いをした経験がありません。
心からうらやましく思いました。先輩たちのたくさんの思いを乗せてこれからもきっと現役生、後輩たちもよりがんばることと思います。
わたしも応援します!
ところでベスト4までで1億円??
とすれば決勝まで進むといくらかかるのでしょう?
恐ろしい気がしました。

投稿: きらり | 2007.11.24 10:25

きらり様・・ありがとう。
我が田舎から、甲子園までは1時間半ほどで行けます。「近くて遠い甲子園なんですね。」
貸切バス料金は、1日10万円ほどですね。110台ですね。
アルプスのスタンドには5000人が入れます。入場料は400円ですね。
ざっと、これが4回ですね。その他選手の宿泊代や、応援選手の衣装などなど、膨大な数をそろえましたね。
大会終了後も、記念誌の発行やら、大変な数ですので、凄かったですよ。

母校の卒業生は一万人を超えていますね。一人一万円の寄付ですね。6割強の方達から頂きました。


そこへ、町住民やOB会、父兄会、PTAが活躍して、大口の寄付を集めましたね。

軽く、一億円を越えていましたよ。
小生が一番心配したのは、1回戦で負けてしまうと、膨大な寄付金が残ってしまって、次の使い道に困ってしまいますね。もめてしまうのですよ。実際にそう言う学校を研修してきました。

もし残れば、グランド改修に使うと決めていました。

でも、甲子園に近いところでもこうですからね(まあ、我が町は、初出場もあって、凄かったですね)。
遠方の学校でしたら、大変でしょうね。宿泊もせねばなりませんからね。各自の個人負担にしているのでしょうが、その金額を合わすと、母校を軽く越えると思いますね。

投稿: 呑気おやじ | 2007.11.25 14:31

呑気さん こんにちは
久し振りにお邪魔に上がりました。
社高校の新しい門出読ませてもらいました。
立派な野球場完成ですね。おめでとうと言わせてください。球児たち幸せですね。
また一生懸命甲子園目指して頑張る事でしょうね。
印刷しました。孫に見せてやります。甲子園出場記念碑と共に。
OB会の方々町民の皆さんのこぞっての熱い応援手に取るようです。涙が出ます。
いいお話有難うございました。

投稿: kiui | 2007.11.25 15:39

私は神戸から社高校野球部の応援にすごく力を入れています。いよいよ北播大会まであとわずかになりましたが、チームの状態はいかがですか?何が何でも北播大会のチャンピオンとなり、春季県大会出場権を勝ち取ってくれることを祈っています!勝ち進め!社高校野球部の皆さん。

投稿: 澤田 壮一郎 | 2008.04.02 15:31

澤田様・・ありがとうございます。
大変に嬉しい書き込みで、和みました。
本年のチームは打撃力が大変に優れたチームとなっています。
北播では無敵だと思います。県大会も期待して頂いて良いと思いますね。

夏の大会は2校出場できますね。最大の強敵となる東洋大姫路の、あの投手を我が校の打撃力が打ち崩せるかですね

投稿: 呑気おやじ | 2008.04.03 18:22

もう相手はどこであれ背水の陣を尽くすのみです!次は松陽高校が待っています!何が何でも松陽高校の壁を破り、勝ち上がってくれることを祈っています!勝ち上がれ!社高校野球部のみなさん。

投稿: 澤田 壮一郎 | 2008.07.14 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小豆島の秋を楽しんできました。 | トップページ | 身近な里の秋を追いました。 »