« 秋祭りが終わりました。 | トップページ | 秋に桜を眺める »

小川に繁茂する「藻」の花を眺める

2007年10月13日天気は薄曇

 秋祭りの前(9月末)に、少し離れた田舎の野花達を楽しもうと遊びましたが、小川の水面一帯に真っ白な花が群生咲きしているのを楽しみました。車で走っていても、「ありゃー」と気づくほどの状態でした。
 道路脇に車を止めて、小川に下りて行き、確り眺めて画像にしていました。気になりまして、ネット検索して遊んでいました。塵埃記に残しておきましょう。

「オオカナダモ」をダウンロード
オオカナダモですね。この小川は、堰が作ってあり、水が澱んでいる辺りの水面一帯に咲いていますね。「カナダ」という名前とは異なり南米原産の帰化植物だそうで、世界各地に帰化しているそうです。
●生物の実験材料として日本に持ち込まれたものが大繁殖したものである。1940年代に山口県で野生化の記録があり、1970年代に琵琶湖で大繁茂して問題視されるようになった。●と検索にありましたね。
 実験材料と言うのは、もっとも細胞の観察がしやすい素材の一つで、そのままスライドグラスに乗せただけで、細胞や葉緑体が観察できるそうですね。また金魚藻と言う名で、水草として売られているそうですね。

 私達の身近には、似たような「藻」ではクロモ、コカナダモ、そしてオオカナダモと三種があるそうですが、和のクロモは、絶滅危惧種になっている県もあるようですね。

「オオカナダモの花」をダウンロード
3cmほどの小さな花です。水面に花だけが浮いている様に咲いていますね。陽射しが強く、白トビ防ぎのデジカメ設定をしまして、バックが真っ黒になってしまいました。

 さて戯言ですが・・この辺りの小川には、昔は「蛍」が乱舞していた記憶があります。最近はほとんど見かけなくなり、もう少し奥の少し流れがある小川には「蛍」が飛び交いますね。このオオカナダモも自然風情としてなら、楽しむことも出来ます。でも、「昔の自然を取り戻そう」と声高に言われてますが、植物体その物が繁茂している自然は、どうなんでしょうね。「壊れたものを、元に戻すのは、無理かもしれない。」と感じてしまいますね。

 それよりも、「今残っている自然を、絶対に壊さない。」ではないかと感じます。孫が大きくなっても、小生が見た自然を見せてやりたいと呑気に思ったりしています。
 残念ですが、小生が子供の頃に遊んだ、水が清んでいた川や小川は、相次ぐ河川工事等々でもうありませんね。孫(そういったん)は見れないですね。たかだか50年ほどなんですがね。

 車で40分ほどかかりますが、我が地から北奥の山間部の川は、まだ子供達が夏は泳いでいます。孫に泳がせてやりたいです。壊さないでくださいですね。

« 秋祭りが終わりました。 | トップページ | 秋に桜を眺める »

アーカイブ3」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
オオカナダモでしたか、池で沢山咲いている光景を目にすることがありますね。
しかし、小生の身近ではそんな空間すらもなくなってしまいました。
金魚を飼っている時に自然の藻を捜し歩いたことを思い出しました。

ホタル飛び交う夏の岸辺は懐かしいですね。
ネットの友達で、熱心に自然維持運動を地域ぐるみでやっているお方がありましたが、これは人間の生活のあり方にまで関連してきそうで、今の世でごく自然にそれを行うことは難しいなと感じていました。
「売名行為・名誉欲・地位欲」見たいなものを持ち合わせていないと運動を立ち上げて、維持や運営することが難しいのかもしれませんね。

生臭い話で恐縮ですが、そのお方の有り様にそんな空気を感じてしまい、鼻白んだ小生であります。
しかし、個人の目的はどうであれ、自然保護の行為自体は貴いことですので、周りは囃し立てていなければならないのでしょうね。

投稿: ぶちょうほう | 2007.10.13 10:40

呑気さんの書いたものや写真を拝見すると、わたしはいつも憧れている「暮らし」がそこにあるような気がしていいなぁ、と感じるのです。
呑気さんからみればおかしいでしょう?^・^
自然がいっぱい、人とのふれあいがいっぱい、
わずらわしいこともあるかもしれないけれど、わたしが子供のころに住んでいた地域はまだそんな暮らしが残っていました、都内ですが・・・。
今はそこでも隣は何を・・・、の空気になっています。
ましてやわたしの住んでいるところは・・・、マンションですがお隣は海外に長く旅行するときでさえ、
だれにも何も言っていかないので回覧は滞り、という状態。一ヶ月間の間、マンションの住人と顔を合わせないこともしばしば。これは冗談ではなく本当のこと。ごみ捨てに行ってさえすれ違うこともありません。かなり大きなマンションなのに。
こんなことでは孤独死してもだれにもわからないでしょうねぇ・・・。

投稿: きらり | 2007.10.13 12:09

呑気さん おはようございます。

「オオカナダモ」珍しい名前ですが、やはり藻の種類なのですか・・?
綺麗な花が咲くんですね。自宅で栽培する花も美しいですが、自然に群生している花は何かを感じさせてくれますね。

呑気さんはいろんな野の花を見つけてこうして紹介してくださるので拝見するのが楽しみです。
どうも有難う~~*^^*/

他の方のコメントを拝見して~
都会に住んでいたことのある私も、よく解りますね。
若い頃はお隣さんとの付き合いはあまり好まなかった(苦手?)のて、壁ひとつ隔てた隣のことは気にも留めないし付き合いのないことに気楽さを感じていたものですが、歳とともに自然のある暮らしにあこがれるようになりましたね。

その点では今の環境は最高ですね。
昨日も目隠し用の垣根の木の剪定をしていて、顔も知らない通りすがりの方が「こんにちわぁ」と挨拶をしていくところは都会ではない風情ですね。

投稿: ryo | 2007.10.14 09:09

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。
自然保護の変な事が田舎でも多いです。所詮、人間の都合の自然保護運動に見えてきます。小生は、もう反論しない様にしています。田舎でも、人間の都合には勝てないからですね。
ただ、あるがままにしてやれないかなんですね。田舎なのに自然公園があります。子供達に危ないからと、雑草や雑木を刈りとって税金を使っています。
綺麗にしてあるのですが、ほとんど田舎の人達はよりつきません。街から来た盗掘の連中の公園ですね。また、続きは花談議でお話しましょう。

きらり様・・ありがとう。
小生の住んでいる田舎も、危ないのですよ。人間のための町に変貌し様としています。
愚妻は、もっと田舎に育ってました。そこにはまだまだ素敵な自然が残ってます。壊さないで欲しいです。

ryo様・・ありがとう。
篠山は良いところですよ。今の妻も山南辺りから来ていますが、南にある我が街に嫁いできた愚妻が言ってます。「奥に行けば、行くほど、人情は、お父さん良いでしょう。」と、小生はお付き合いもして、実感できています。
息子の嫁も、兵庫の田舎の北国から来ています。安心しています。

投稿: 呑気おやじ | 2007.10.14 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋祭りが終わりました。 | トップページ | 秋に桜を眺める »