« 秋に桜を眺める | トップページ | 暇つぶしが面白いです。 »

身近な蔓性植物の秋の実を眺める・・

2007年10月20日天気は快晴。

 素晴らしい天気です。リンドウが咲いていないかと、昼休みに、近くの池土手を見に行きました(1花咲いていました)。毎年恒例の花ですので、またどこかに掲載しましょう。さて、ついでに目に飛び込んでくるものがあります。秋の素敵に色づいた実達ですね。
 そこで、ごく最近と本日に眺めた、つる性に限った実を並べてみましょう。蔓性植物と仰々しく記していますが、小生は学術的には、植物を追っていません。追えません(再度言ってますね)。身近で見られる草達の、せめて名前だけでもとの思いで楽しんでいます。
 ですから、名前と眺めて楽しんだ戯言ぐらいを記しますね。興味が沸いた方は、ネット検索してください。ワンサカとページが出てきますからね。

「カラスウリの咲き姿」をダウンロード
カラスウリの真っ赤な実は、もう皆さんご存知ですね。樹木に絡んで、こんな感じで実をぶら下げていますね。比較対象にスズメウリの真っ白な小さな実も楽しみましたが、集中力がなくピンボケでした。ついでにビナンカズラの実も美しくなく、強烈ピンボケになりました。

「エビヅルの実」をダウンロード
ヤマブドウと間違いますが、身近な雑木林の桜の木に絡んでます。小生はエビヅルだろうと思います。検索すると食せるそうです。手が届きませんでした。桜の木に登って、落ちても笑われるだけですからね。

「ノブドウの実」をダウンロード
ノブドウですが、すぐ裏の雑木林でも見れます。これは里山で眺めました。色づきが素敵ですよね。小生は、近づいて眺めますと、葡萄と言うより、ヤマノイモのムカゴのような物が色づいている様に感じますね。

「ミツバアケビの実」をダウンロード
近くの雑木林で眺めます。アケビは「開け実}と言うことで、実が割れるのを待っていました。手が届きません。採ろうとすると、崖下に転落ですね。猿がいませんから、眺めることは出来ますね。普通のアケビの実が、見かけなくなった気がしてなりません。花はいたるところで見るのですがね。

「タンキリマメの実」をダウンロード
本年は、再登場ですね。上のアケビのそばで眺めました。まあ、可愛いから再登場を許してやってください。

「イシミカワの実」をダウンロード
小生の秋の実を楽しむメインですね。この塵埃記に何度か登場してますね。色が素敵なんですよ。群生していまして、沢山の実を眺めて、姿良しを探しますね。本年は、上記のものが、小生にとってはNO1と言えますが、まだまだこれからも簡単に楽しめますね。

「ヒヨドリジョウゴの実」をダウンロード
この実も鮮やかな色を探します。真っ赤が綺麗と赤ばかり追っかけていましたが、最近は赤より緑も入った方が、ヒヨドリジョウゴらしいなーと思うようになりました。まだ花も咲いてましたね。

「フジの実」をダウンロード
ヤマフジかどうかまでは、わかりませんが、あの大きな花房で楽しませてもらったフジの実ですね。裏の雑木林にぶら下がって、秋風に揺れてますよ。

「アオツヅラフジの実」をダウンロード
これぞ我が家の裏の空き地で、素敵に色づいてきています。アケビと混生していますよ。コン柱に絡んでまして、我が愛犬のマーキング場所の上ですね。

そんなこんなで、数日前と、本日眺めた身近な蔓性植物の実を並べてみました。まだまだありますよね。サルトリイバラの実は、まだ色づいていません。ノイバラの実は真っ赤です。樹木の秋の実は、沢山楽しめますよね。残念ですが、小生は実だけ見ても判別がつかないから、まだまだ眺めて楽しむだけですね。本日も、ヤブコウジ、ツルアリドウシの実をしゃがんで楽しみましたよ。

エイッ・・オマケです。本日に楽しんだ「ドングリの実」ですね。
「ドングリ」をダウンロード

●10月21日に追加です。
 「僕達も、身近で稔り咲いていますから、掲載してください。」と言う声が聞こえまして、近くで探してきました。

「山帰来」をダウンロード
サルトリイバラの真っ赤な実ですね。いたるところで楽しめますが、都会のおばちゃん風の方達が採って行く光景をよく見ますよ。生け花などに使うのでしょうね。都会のホテルで、500円で売られていたのには、驚きました。

「ヤマノイモのムカゴと実」をダウンロード
どこの雑木林に行っても、見かけますね。ムカゴを落として、すぐ下の地面で増えて、実の中から、種をを飛ばして、どんどん増やすのだそうですね。2段がまえですね。増えるはずですね。この根が大きくなると、ジネンジョ(自然薯)と言って美味しい山の芋となりますが、ちょっとやそっとで大きくなりませんね。小生の友人は、大きなものを見つけて、小さなタスキをかけて標しておいて、何年後かに根を掘りに行くそうです。親友は、「呑気よ、お前はジネンジョは、ようほらんやろ。」と言われています。それほど深く掘るそうです。

« 秋に桜を眺める | トップページ | 暇つぶしが面白いです。 »

アーカイブ3」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

こちらも里山同様すっかり深まった秋の画でいっぱいですね~
いいなぁ~^^

せっかく待ちに待った季節の到来ですのに、少々伏せておりました。
コメントも頂いたままで・・m( )m

通り過ぎた秋は こちらやこちらのlink先で眺めさせて貰いましょ☆

投稿: witch | 2007.10.21 09:53

witch様・・ありがとう。
日々を楽しく過ごされます様にでございます。

小生も、色々なことが、押し寄せてきています。
まあ、田舎の生活ですので、乗りきれると相変わらずの日々なんですよ。
心を休める方法だけは、誰にも負けないくらいに遊んできたようです。
そんなこんなで、居酒屋行きのお酒が頼りに生きてますよ。

投稿: 呑気おやじ | 2007.10.21 18:38

今晩は
急に昨日より冷えこみがきつくなりました。
おとといのように夏姿ではいられません。一枚増えました。
さてやっとキッコウハグマが咲いてくれました。
蕾になってから2ヶ月ほどかかりました。

山は実りの秋ですね。つる性の植物楽しませていただきました。

投稿: ken | 2007.10.21 19:46

呑気様 こんにちは
秋の稔が見事に揃いましたね。
食べられるものも、毒のものもみんな纏めて、色も姿も見事ですね。
まさしく芸術の秋の申し子たちですね。
そして、エビヅルの向こうの空の色が抜群では有りませんか。
お友達の中で山芋のムカゴを生食しながら散歩すると有り、びっくりしたことがありますが、トロロ芋は生の芋をすりおろして食べるのですから、それで問題はないのですね。

投稿: ぶちょうほう | 2007.10.22 16:33

ken様・・ありがとう。
本日に、御ページにお伺いして、くじゅうのキッコウハグマを楽しませていただきました。
こちらは、まだ蕾なんですが、小生の見つけている場所は、自然公園内の小道傍なんですよ(キッコウハグマが咲くこと知りませんね)。でも、可愛そうなんですが、小道傍を大きく刈り取られてしまっていました。なんて事をと悲しくなりましたよ。
なんとか、二株ほどは、あの草刈機の歯を逃れてまして、また様子を見に行ってやろうと思いますね。

ぶちょうほう様・・ありがとうございます。
もう野花の秋の役者達が出揃いますと、最終章ですね。
さてさて、どんな遊びを、本年は見つけましょうかね。ジネンジョでも掘ってやろうかなーでございます。


投稿: 呑気おやじ | 2007.10.23 17:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋に桜を眺める | トップページ | 暇つぶしが面白いです。 »