« 居酒屋談議・・昔の鳥の話・・ | トップページ | 応援と言う最高の楽しみ・・ »

真っ暗闇に咲く花

2007年9月14日天気は秋晴。

 本年は、楽しむのをあきらめていた夜の花を昨晩に楽しめました。例年なら裏の池土手に、7月の終わりごろに咲きあがりますが、農家の人達に刈り取られてしまっていました。里山まで行けば、簡単に見れるのですが、真っ暗闇の里山まで此花の為に行けません。夜闇の中で咲いているのを探すのは大変です。また薮蚊の総攻撃も覚悟しないと行けませんからね。本年はあきらめていました。
 しかし、咲いてくれましたね。歩いて20秒の裏の雑木林ですね。夕焼けを楽しんだあとに、その日の夜に弾けそうな蕾がどの辺にあったのかを記憶して、日が暮れるのを待ちました。どんな楽しみ方だったのか、皆さんに笑ってもらいましょう。

「カラスウリの花」をダウンロード
カラスウリの花です。真っ暗闇ですね。すぐ近くですから、懐中電灯も持って行きません。この辺りに蕾があったなーと思うところを覗きこみます。ボヤーッと白いものが見えますね。後は、近写設定にして、フラッシュを設定して、この辺りに咲いているだろうとシャッターを切るわけです。ですから実物をはっきり見ているわけではありませんね。
シャッターを切ると、モニターに一瞬ですが白いものが写ります。うん、なんとか撮れているようだなーですね。
近づきすぎると、フラッシュが効いて白トビですね。被写体からの距離や角度を変えながら、どんどんシャッターを切って行くだけですね。この場所でも、薮蚊は容赦無く襲ってきます。足や手をばたつかせながらの難行となりますね(10分ほどで、逃げ出しました)。
 そして、帰ってきてパソコンに落として見ます。なんと20ショットほどで、なんとか見れる画像は2ショットでした。

「蕾から花が咲くところ」をダウンロード
 これもパソコンに落としてからわかりました。シャッターを切っている時は、まったくどんな画像になるかは、気づいていません。蕾が割れてモコモコと花が咲き出しているところが画像になりましたね。強烈に白トビした花の後の姿でしたね。その白トビした花を画像補正で切り取りました。小生が一番に嬉しかった画像ですね。

 そんなこんなで、花画像を一生懸命作っているわけではありません。あくまでも遊んでいるのですよ。
カラスウリの花で、ネット検索などで遊んでいて思いますね。蕾から弾けて、15分くらいで素敵な花模様になります。その時を逃すと、反りかえり過ぎたり、花糸が絡み合ったりとなり、よくネットで見るカラスウリの画像になるような気がしますね。
 そうでないとするなら、我が裏で咲くカラスウリの花は素敵な咲き姿の部類に入るでしょうね。

« 居酒屋談議・・昔の鳥の話・・ | トップページ | 応援と言う最高の楽しみ・・ »

アーカイブ3」カテゴリの記事

コメント

暗闇の中、手探り状態での奮闘?
お疲れ様でした、そして素敵な画像をどうも☆⌒(*^▽゜)vありが㌧ 。
やぶ蚊の攻撃を受けながらですって?
いたがゆかったでしょう?
光加減といい、距離といい、すごい!
からす瓜の花びらの繊細な部分が見事に移ってますね。

投稿: mikiharb | 2007.09.14 21:26

烏瓜の花、綺麗に入りましたねぇ~!

こちらも門のすぐ前が小さな竹やぶで、烏瓜の実を見つけたので夜中に一度電池を持って撮ったことがあったのですが、あまり上手く撮れませんでした。

「ヘクソカズラ」とか名前の分からない小さな花がツルにぶら下がって咲いているのを見かけますが、どうも小さな花は上手く撮れませんね。

まだまだカメラの構造が良く解ってないのかも・・ですね。

投稿: ryo | 2007.09.14 21:31

呑気様 こんにちは
カラスウリはご努力の甲斐あって、とてもいい姿が写されていますね。
確かに、最近の薮蚊の攻撃は凄いものがありますね。
盛夏が過ぎて、蚊の体が小さくなるのか、そういう種類なのか良く判りませんが、兎に角しつこいですね。
小生の薮蚊対策は防虫ネット(600円)を被り、トックリ首のセーターを着て、軍手を嵌めて臨みますが、暑いことこの上ありません。
露出は、風のないときなら、ローソク灯りに浮かび上がらせるのも面白そうですね。
近くにこの花があれば是非試したいものです。

投稿: ぶちょうほう | 2007.09.15 10:40

mikiharb様・・コメントありがとう。
薮蚊は大嫌いなんですよ。なんと帰ってきてパソコンを触っていると衣服についてきてたのでしょう。
またまた、手足をやられました。

ryo様・・こめんとをありがとう。
小生も、カメラの事は良くわからないのですよ。遊んでいるだけです。どんどん遊ぶと、次はこうし様かなーなんですね。

ぶちょうほう様・・コメントをありがとう。
仰るような、ローソクの灯に浮かびあがらせる。素敵でしょうね。小生はとても出来そうにありません。
毎年の7月に咲く頃なら、田舎のカメラマンが数人が三脚持って完全装備でやってくるのですが、本年は時期が遅れて残念がったか、どこか他へ行ったのでしょうね。

投稿: 呑気おやじ | 2007.09.15 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 居酒屋談議・・昔の鳥の話・・ | トップページ | 応援と言う最高の楽しみ・・ »