« 9月6日の夕空・・ | トップページ | 真っ暗闇に咲く花 »

居酒屋談議・・昔の鳥の話・・

2007年9月11日陽射しが強い晴れ。

 小生が、ネットで一番時間をかけて楽しんでいる「マイフォト全集」のフォトハイウエイが、不正なアクセスが入り個人情報が漏洩した為に、本日は野花検索などで遊べません。ネットの海も色々とありますねー。
 そこで60歳男達の昨日の居酒屋での昔の鳥達の話で、塵埃記をすすめて遊びましょう。

呑気・・「おい、鳩見かけるかー、特に伝書鳩、あの胸のキラキラした鳩よ。」
呑み仲間A・・「そういやー、見かけんなー、田圃で見るのは山鳩みたいな奴ばかりやなー。」
呑み仲間B・・「都会へ行ってしもたんちゃうー。」
呑み仲間C・・「そう言うたら、神社や寺にもおらへんわー。」
呑気・・「鳩公害言う言葉がでたことあったやろ。それぐらい居ったのになー。田舎だけやろかなー、少なくなっとるのとちやう。わいらの子供頃は、みんな鳩飼って、競うとったもんなー。」
呑み仲間A・・「うんうん、足にわっかはめて、遠いところから離して、帰ってくるか、試したりしたなー。」
呑気・・「雛の時から育てて、肩に乗る様にして、御大将と名づけて沢山の鳩のリーダーにして、よその鳩を連れてくるようにしたもんやなー。」
呑み仲間B・・「ほんまやー、あの大きな胸がキラキラ輝いてカッコよかった伝書鳩は見かけんなー。」
呑気・・「大きなイベントで、伝書鳩を沢山飛ばすのもテレビなんかで、見かけるかー。」
一同・・沈黙する。

呑み仲間C・・「そない言うたら、今の田舎の子供らは鳥飼わへんなー。メジロなんかも、飼っている家見かけへんでー。昔はどの家に行っても、軒に吊るしてある編み籠に居ったからなー。」
呑気・・「酒の肴に、子供頃に遊んだ鳥の話でもしょうかー。」
呑み仲間C・・「カラスもトンビもこうたことあるでー。あかんかった。なつけへんから、逃がしてやったわー。」
呑み仲間A・・「あほっ、あんなもんペットに飼う奴おらんかったわー。野鳥もようとって来て、飼ったけど、あかんかったやろー。」
呑み仲間B・・「まあ、とってきて飼うのはメジロにウグイスやったなー。練り餌やったなー。」
呑み仲間C・・「わい、鳥が好きでなー。メジロもウグイスもやけど、ジュウシマツ飼って、どんどん増やして、鳥屋に売ったことあんねんでー。餌と交換してくれよったなー。」
呑気・・「ジュウシマツ、懐かしいなー。セキレイインコもよう増えて小学校に居ったもんなー。」
呑み仲間A・・「あんなもん、増えるだけであかん、鳴き声が喧しいだけやったなー。」

呑気・・「我が家は、カナリアとブンチョウを飼っとってん。カナリアは好きやったなー、増やそう思っても、1匹やったからなー。ブンチョウは増えてくれて、手乗りまでして遊んだなー。」
呑み仲間B・・「おうっ、懐かしいなー。手乗りブンチョウなー。それにしても、もう30年ほど見てない気がするなー。小鳥屋のオッサンも懐かしいなー。もう亡くなって30年ほどになるのとちゃうか。」
呑み仲間C・・「九官鳥の居った喫茶店覚えとるかー。コンニチワー、オハヨーと言うた時はびっくりしたなー。」
呑み仲間A・・「覚えとる。古い話やなー、二十歳のころやったからなー。そやけど、お前は話を飛ばすなー。」

呑気・・「家の周りにも野鳥が飛んで来よったが、少なくなったなー。人によう慣れる小鳥達はどないしてるんやろなー。餌やって育てていたら、逃がしても、また帰ってきよったからなー。」
呑み仲間B・・「都会の人達の方が楽しんでるのとちゃう。田舎の子供らは、なにして遊んどるのやろなー。」
呑気・・「女将っ、この店でカナリア飼いいなー。子供が寄ってくるでー。」
女将・・「あかん、あかん、子供が来てもうても、酒売られしまへんがなー。」

そんなこんなで、ワイワイと昔話で酒が進みます。未来の話は避けるようになり、過去を振り返る居酒屋となってますね。過去の話の方が、なぜか酒が美味しいのは、なぜでしょうね。

「タンキリマメの弾けた豆」をダウンロード
オマケ画像です。昨日楽しみました。眺めて微笑めたことが小さな幸せでした。

« 9月6日の夕空・・ | トップページ | 真っ暗闇に咲く花 »

アーカイブ3」カテゴリの記事

コメント

呑気様 こんにちは
タンキリマメのはじけたところはまるで人間の顔を見るようですね。
つぶらな瞳が、あっちこっちを、きょろきょろ見ているようです。
小鳥の話は懐かしいですね。
トンビを飼ったと言う話には驚きました。
小生も野鳥との付き合いは実にたくさんありますが、すべてが懐かしいことですね。

お酒を飲みながら過去の話をするか、周りの何かの悪口を言うか、エロ話をするか。
三択でしたら断然懐旧談に限りますね。

投稿: ぶちょうほう | 2007.09.11 12:07

呑気さん

楽しそうな居酒屋談議ですねぇ~。

20年前のスナックの頃を思い出しました。
気取らないで会話の出来るお客様は歓迎でしたね。

ところで、10日の夕日はまた格別な感じがしました。スーパーに買い物に出かけた時、西の空に沈む寸前だったけどデジカメ持参してなかったのでねぇ。

買い物済ませて表に出たとき、夕焼けの雲海・・といった感じで、(こんな形容あるのかナ~)始めて見る光景でした。
呑気さんの所からはもっと綺麗だろうなぁ~と想像しながら・・・

投稿: ryo | 2007.09.12 23:13

ぶちょうほう様・・コメントをありがとう。
トンビやカラスは、子供頃は巣を見つけて覗いていましたね。飼った馬鹿は、雛をとって来ていたのでしょうね。
メジロやウグイスは保護鳥になって飼えなくなったのですね。ネットのお友達からお知らせ頂きましたよ。

ryo様・・コメントをありがとう。
10日は、小生も沈む寸前を眺めましたが、これからの夕陽は真っ赤に見えると思います。眺めてみてくださいね。

投稿: 呑気おやじ | 2007.09.13 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月6日の夕空・・ | トップページ | 真っ暗闇に咲く花 »