« 気持ちをほぐしたい・・塵埃記 | トップページ | アニマルコミュニケーター・・19日ちょっと追加。 »

気持ちをほぐしたいの2・・愛犬でバトン・・

2007年3月16日天気は曇り。風は冷たいです。

 さて、愛犬のことを記していると気持ちがほぐれますね。では、どの様に成長して行ったのかを簡単に、昨日の続きとして記(バトン)しましょう。

 友人から貰いうけて、我が家に来まして小さな籠に入れて座敷で飼うことにしました。まだ自力で小皿のミルクを上手く飲めませんでしたね。ミルクを指や布につけて口に持っていくと一生懸命吸って舐めましたね。

 3日目ぐらいから、どうも様子が変なのに気づきました。すごい食欲なんですが、どうもすぐ眠ってしまって元気がないですね。すぐに近くの獣医さんのところに行きました。原因はすぐにわかりました。お腹に回虫がわいていたのですね。早速虫下しの薬を数滴飲ませていただきました。
 効き目は覿面でした。数時間後に大量に虫を吐き、次の日の糞からも大量に死んだ回虫が出てきました。

 獣医さんに報告すると、「良かったね。たぶん母犬のお腹にいる時に貰ったのだろう。そんなに多く出たのなら、母親と一緒にいたら衰弱死してたかもですね。」でしたね。
 ふーん、そんな事もあるのかと思い、母犬が嫌っていたのも、虫の分まで母犬のお乳を欲しがったでしょうね。このことが原因かもしれないと思いましたね。
 それからは、普通の犬と同じですね。すこぶる元気になり、まもなくミルクも自分で飲めるようになりましたね。

「おつかいドラム」をダウンロード
お使いをして、私に届けようとするドラムです。

 愛犬ドラムは、新聞、郵便物、宅配やヤクルト配達等々の人達がやってくると、飛んでいってお手伝いしようとします。皆さん、ドラムがいないと寂しいと言って頂きますね。

 昨日に、変わった躾や訓練をしていないと記しましたが、まったくしていません。ただ、腕白盛りの頃に、色んなものをくわえて遊びますね。
 大切なものをくわえた時に、言葉でなんとか離させようしましたが、それが大切なものと判る訳がないですね。私達は、「ドラムっ、おやつをあげるから、離して頂戴。」ですね。
 おやつの方が良いのに決まってますね。そうこうして成長するにつれ、物をくわえて私達の周りをくるくるまわるようになりましたね。「おやつくれー」でしょうね。

 その後は、色んな物を運んできますが、「これは駄目」、「これは良くやったご褒美」と言う感じですね。今では、私達が指差すものはなんでも運んできますよ。
 大変利口なんですが、私達の失敗もあります。おやつを与えないと、くわえた物を離さないのですよ。だから、家のあちこちにドラムとレッテルを貼っておやつを入れた缶を置いています。お手伝い好きになってしまいましたね。朝から晩まで、お手伝いがしたくてし方がない犬になってしまいました。

 そんなこんなです。気持ちがほぐれました。前にも記したかもですが、恐らくこんな詳しくはないと思います。

 もう一つ、主人の帰りを待つ「忠犬ハチ公」と言う犬が有名ですね。私は愛犬ドラムを見て「人待ち犬」は、いるのだなーと思います。
 愛犬ドラムは、私や愚妻の帰りを玄関、座敷の窓を少し開けておいてやると、乗り出す様にして待っています(正座、時には窓の敷居に手を置いて、立ったまま)。
 その時は、「まだまだ帰ってこないから・・」と言っても、どんなことをしても駄目です。待つことに意気を感じているとしか見えない犬ですね。

 また、気持ちをほぐしたくなったら、今度は野を駆ける愛犬の話でもし様と思いますね。

« 気持ちをほぐしたい・・塵埃記 | トップページ | アニマルコミュニケーター・・19日ちょっと追加。 »

アーカイブ3」カテゴリの記事