« 野の花達に遊んでもらう・・ | トップページ | 無駄に生きている・・ »

歴史に残る、素晴らしい決勝戦でした。

2006年8月22日天気は快晴。

 甲子園大会も終わり、秋風が恋しくなりましたが、まだまだ暑い日が続くようですね。

 さて甲子園での素晴らしい決勝戦を2試合も楽しませてくれましたね。私は両試合とも1球たりとも見逃さずにテレビ観戦しました。素晴らしさと言うより、その両校のレベルの高さに感心しましたことを記しましょう。

 まずは、なぜ雪国の高校が連続優勝して、これほどまでに強豪になったのか驚いています。その理由はパワフルな打撃ですね。決勝戦2試合の全得点がホームランと言うのが裏付けていますね。

 早稲田実業のエースは、スピード豊かで変化球も鋭いですが、精神力の素晴らしさに感心しました。コントロールが良く出来て、甘い球が大変に少ない投手でした。
 彼も人間のはずです。ましてまだ少年ですね。大概は連投となると、甘い球が多くなるはずなんですね。少なかったですね。その少ない甘い球を逃さずホームランした駒大苫小牧の打撃は、これからの高校野球を変える凄さだと思いましたね。

 重い金属バットをフル活用した打撃ですね。どのように振り切れるように筋力アップしたのかはわかりませんが、雪国なら可能な練習だったのでしょうね。

 全国の高校野球がこのパワフル打撃に向うと思いますね。打撃練習は色んな機械が開発されどんどんと向上して行くと思いますね。
 それに対抗するには、どのような投手を作れば良いかは、これも駒大苫小牧のエースが見せてくれましたね。

 彼は本大会は調子が今一つだったようで、剛球的な速球は余り見れませんでしたが、鋭い高速スライダーも凄いですが、チェンジアップを多投してましたね。大リーグの腕を振り切って投げる投手に近いと思いましたね。

 凄い打撃力があり、その打撃を封じる投手二人の投げ合いという超レベルの高い野球を見せていただきました。私は未来の高校野球をこの決勝戦で見せていただいたことを、選手達に感謝する気持ちですね。「ご苦労様でした。ゆっくり休んでください。ありがとう。」ですね。

 それから、早稲田実業の素敵なエース君・・私の大好きな昔の映画俳優の市川雷蔵に雰囲気や顔が似ていると思うのは、私だけでしょうか?

« 野の花達に遊んでもらう・・ | トップページ | 無駄に生きている・・ »

アーカイブ2」カテゴリの記事