« カンカン照り中を、歩く馬鹿・・ | トップページ | 8月8日の夕焼け・・・ »

東西の横綱同士の試合・・

2006年8月6日天気は快晴・・暑すぎました。

 今日から、夏の甲子園大会が始まりましたね。広島の原爆記念日でもありますね。この日はいつも暑い陽射しの強い一日となりますね。
 いつも甲子園大会中に平和を忘れない行事が行われますね。平和を模索するには、これからの若者達に期待したり、託したりが一番ですよね。

 私は高校球児を見ると、いつも安心するのですよ。教育的に色々と言う人達もいますが、小さな白いボールを追って仲間達と協力し合って全力を尽くして戦う姿に、将来の日本の安心を見てしまいますね。

 県立高校の我が母校も甲子園を目指していたのでが、夢は破れて次の選手達に受け継がれました。
 卒業していくOB達や過去のOB達は素晴らしいのですよ。縁の下の力持ちのように社会で活躍していますね。そんな真面目な人達も世の中には必要なんですね。そう言う伝統を大切にしたいと思ってますね。

 題名からそれてしまいましたね。横浜高校と大阪桐蔭の試合を見ました。野球の技術的なことは、皆さんにお任せしまして、私の率直な感想を少しだけ記しますね。

 まず、横浜高校は洗練されて都会の輝くようなチームでした。動き、ユニホーム姿、選手の顔は、今の男性アイドルに負けないくらいに素敵でした。もちろん野球技術も高校野球ではトップクラスで見事でした。

 続いて、大阪桐蔭高校は浪速子らしく、物怖じしないで元気いっぱいでしたね。動き、ユニホーム姿、選手の顔は吉本興業で率先力となるようなガメツサが出ていましたね。

 顔や姿で、東西の対決を見てしましました。実力差はなかったと思います。洗練された野球をし様とした横浜校校が、イテマエッ!と言う大阪桐蔭のヤンチャクレの方に甲子園の女神が微笑んだだけだと思いました。

「アオバハゴロモ」をダウンロード
オマケの画像です。青羽羽衣と言う虫です。
 
 アオバハゴロモと言う虫だそうでうす。蝉の仲間に近いそうですが、飛んで逃げませんね。気配を感じると、枝の裏にチョコチョコと隠れますね。集団でいますよ。自然は面白いですね。

 こんな身近な虫も見落としていました。生きている間に、どれだけ見落とさずに自然を見ることができるのだろうと思います。

結論・・酒を呑んで、塵埃記を進めると自分でも訳がわからなくなりますね。頭に浮かんだことを記してしまいます。皆さんには、暑さ忘れだと思ってご辛抱ください。

« カンカン照り中を、歩く馬鹿・・ | トップページ | 8月8日の夕焼け・・・ »

アーカイブ2」カテゴリの記事