« 生き物が躍動する里山・・ | トップページ | 5月に、野池に咲くスイレン科の花達・・ »

山より大きな猪(シシ)はでぬ・・

2007年5月12日天気は快晴。夏日でした。

 今日の題名に、塵埃記を持って行きたいと思います。ネット交流で、私達が大変永く亡父、亡母の介護をした事で、その経験から、今現在に介護等々で奔走されている方達から親しく交流して頂いています。

 その方達のページの中で、そのお友達も、また違うお友達もと、次々と老いや介護の難題が押し寄せてきてるようで、悩みの少しをページに吐き出しておられます。

 私達夫婦は、13年間と言う在宅介護(もちろん病院との掛け持ちですね)を経験しました。経験はしていますが、こうすれば良いとは、とても言えません。気持ちの持ち方をこの様にすればと思うだけですね。

 そこで、田舎の先人達からよく聞かされた「山より大きな猪はでぬ! なんとかなる。」の言葉を出して来た訳です。
 「頑張ること」は、体力や気力が要りますね。しかし、難題が大きすぎたり継続が永い時に気持ちが滅入ると、それどころではないのですね。

 題名の言葉の中には、この世で起きたことは、元気で明るく生きていれば、この世でなんとかなると言う深い意味も含んでいますね。(山より大きな猪は、この世にいない。)

 私達の介護の中で、亡母が鬱病でした。頑張れないのですよ。そこで、私は学びましたね。頑張ると言う言葉は、その個人に求めているのですね。またその個人が「頑張ります」と言うのは自分自身のことに重点を置いているのですね。
 私は、利己的な頑張りは疲れると思いますよ。押し寄せてくる難題に、素直に(出来ないものは出来ないと)明るく元気に立ち向かう方が良いと思いますね。
 明るく元気には、そのまわりの人達にも影響したり、幸せにしたりしますからね。

 まとまりがつきませんが、介護の中で介護人達が健康で明るくないと・・崩れた状態を想像すると悲惨でしょう。それだけは避けたいですね。介護の仕事に従事し様と思う若い人達に・・「自分は明るく元気な心を持っているか」と自身の心に問い掛けてみてくださいね。

「チロリアンランプ」をダウンロード
チロリアンランプと言うそうです。

 園芸花のお好きな方達はご存知ですね。私は此花の造形やら、年中に咲いている元気さが大好きです。
 ぶら下がって咲いています。明るく元気にぶら下がれば良いのですよ。立ち上がって見栄を張ってる花達は、すぐに萎れますね。
 真っ赤な大薔薇なんぞ、花が重すぎて地面すれすれにお辞儀してますよ。支えてやらないと(介護)立てませんね。
 小さなチロリアンランプは同じ所に咲いています。見比べて、笑って眺めていますよ。

 なんとか、題名に行きついたでしょうか、「明るく元気に」は・・私自身にもう一度言い聞かせねばなりませんね。

« 生き物が躍動する里山・・ | トップページ | 5月に、野池に咲くスイレン科の花達・・ »

アーカイブ3」カテゴリの記事