« 親とは・・私達は終わります。 | トップページ | 心無い人達に、心が悲しくなる・・ »

野草花と遊ぶ心が変化している・・

2006年6月20日天気は快晴で暑い。

 本日は午前中に、時間が出来まして毎年恒例になっているオオガハスを見に行きました。まあメインページを飾ってやろうと言う気持ちがあったことは確かです。でも本年は花姿よりも、此花の持つ深いピンクを追いました。葉陰の半開きは素敵な色をしています。画像作りも簡単ですね(植栽ですから)。でも花姿から色へと遊び心が変化しています。

 それから、涼しいうちにとオカトラノオとひょっとしてイチヤクソウに出会えるのじゃないかと里山穴場に入りました。


「イチヤクソウ」をダウンロード
イチヤクソウに本年も出会えましたが、なぜか此花はひっそりと咲いている様で、探すのが大変です。昨年の所をぐるぐる歩くのですが、ありません。範囲を広げて歩いてやっと出会いました。花をアップでと昨年同様に思いましたが、止めました。出会った時の喜びは草姿そのものなのですね。小さな草に小さな花(草丈20cm)です。広い樹林の中で一株です。自分ながらによくぞ見つけて出会えたなーと心の底から嬉しさが滲んできます。

そうすると、だんだん見たままのイチヤクソウを画像にしたくなります(蚊にもさされます)。花と遊ぶ心が変化していますね。

このカキランも、とんでもないところで出会いました。カキランを探すのじゃなく広い池そばの野を歩いてました。でも私は、此花も少なくなり出会えなくなっているのを心配していました。
 ラン科の花で素晴らしい花顔を持っています。もちろん花のアップも画にしましたが、出会った感じや草姿(草丈30cm)や葉が他の草達と違った風情を発散しています。その風情を画に納めたくなって来てます。花と遊ぶ心が変化してきてます。

 ポケットデジカメです。画素数の多いもっと素敵なカメラが欲しいですが、ネットに入り色々な花画像を楽しみますが、草姿全体から環境の中と言う自然そのものを画像にするのは、まだまだ大変だと、そんなデジカメはまだまだ出てないと辛抱しています。

 でもプロの花追い人の今までのフィルムカメラの画像は、やっぱり花姿から環境まで撮り込んでいまして、さすがと見惚れています。NHKのハイビジョン映像の自然や花達も素晴らしいですよね。比較するのは間違ってますが、美しいものは美しいですからね。

 デジカメ画像でも、花の顔を知っている方達には、花姿や咲いている環境が知りたいのじゃないかと、野草花と遊ぶ心が変化してきているのは確かですね。

 さてさて、呑気はどんな風になるのでしょうか、花を愛でて、出来るだけ美しい姿を画にして遊ぼう。やっぱりこれで行きましょう。

« 親とは・・私達は終わります。 | トップページ | 心無い人達に、心が悲しくなる・・ »

アーカイブ2」カテゴリの記事