« 呑気も疲れます。 | トップページ | 県立社高校野球部・春の県大会・優勝 »

人災になりそうですね

2005年4月27日天気は晴れ。

 尼崎で悲惨な電車事故が起こってしまいましたね。もう少し報道を見て塵埃記に記そうと思いましたが、あまりにも悲惨ですので、今の時点での思いをぶつけてみたいと思います。

 その前に、まだまだ人命が失われる状態ですが、亡くなられた方達に心からご冥福をお祈りすると共に、ご家族や知人の方達に心からお悔やみを申し上げます。

 事故原因はこれからですが、今のところは人災ですね(私が思うに)。過密勤務に耐えられない精神的に脆い(不安定な)現場労働者と、営利主義に走り過密勤務を押しつける管理能力者達の不能力(配備していたら、事故を防げた簡単な装置もあったようですね)の二つが大きく浮上していますね。

 この二つの人災による事故と判定されると大変に怖いですね。また起こる可能性を充分秘めています。日本の鉄道の安全神話が人によって崩れますよ。

 ある解説者(テレビコマメンテェター)が言ってました。「もう運転手がボタン一つ押すだけの仕事の電車にするしかないだろう」と。

 慌しくセカセカしたあえぐ時代で、庶民が精神を病む世を作ってしまったようですね。まあこんな世にした政治家を選んできた我々にも責任があるのでしょうね。

 でも深く考えると総てをハイテクメカ依存したとしても、安易な人達が頼り切っていると故障が出た時には、これ以上の事故を経験せねばならないのが我々庶民かもしれませんね。

 管理も含めた人間の能力や世界に誇る日本の鉄道のハイテクメカのことを大変考えさせられる悲惨な事故だと思いますね。

 子供達が利用する時間帯でなかったことが、私の心には唯一救いのようだと記しておきます。

あっそれから、置石であっても人災ですね。これはないと思います。これが原因なら、もう電車には乗れませんよね(大変な世ですね。)。鉄道員が並んで見張りをしてくれない限り。

« 呑気も疲れます。 | トップページ | 県立社高校野球部・春の県大会・優勝 »

アーカイブ2」カテゴリの記事