« 違いを見分ける面白さ・・ | トップページ | 無事帰ってきました。 »

遊歩

2005年11月5日天気は秋晴れ

 新聞のコラムで、老いた人達の健康管理で歩くと言う素晴らしさを記された方がいました。その新聞を見て、この塵埃記をすすめたいと思います。抜粋して呑気の思いも少しですね。

 まず、「ウォーキングは糖尿病、高血圧、動脈硬化や肥満などの生活習慣病の予防や治療に効果があると言われていす。」

 それから、「サルがなぜ二足歩行になった。原因はわからないが、そのことによって大脳が進化して大きくなっていったことは確実であるから、頭も使う」

 歩くと言う行為を、日本では昔から「散歩、散策、漫歩、遊歩、逍遥、そぞろ歩き等々と良き言葉がある」

 続いて、「我が国は、四季の巡りが明瞭で、一年の暮らしの感情はそれに応じて変化する。挨拶にも・雨ですね・今日は良い天気ですね・と日本人の民族の四季を巡りに応じた生活感情、美意識、宗教性など自然との一体感から生まれたものである」

 最後の結論では「散歩とウォーキングがドッキングした、歩く行為を遊歩と呼ぼう。遊歩を豊かにするためには、自然物の名を覚えることを推奨したい。動植物だけでなく、雲や石ころの名も。名は相手と親しさをつなぐチャンネルである。」

 呑気の戯言ですが、ほぼこの方(かわい・まさお・兵庫県立人と自然の博物館名誉館長)のコラムどうりの日々を送っています。万歩計をつけて、健康の為に歩くのじゃないのですよ。ボケ防止もありますが、名前を覚えてやるのですよ。「おう、ホトケノザ、なんで秋に咲いてきたの?」なんですね。そうやって自然を見つめてやったり、することが老化を防ぐし、もっと重要なことは、日本と言う国の素晴らしさを若者や国会議員や金儲けだけの経済人に教えないと日本が危うくなるとも思いますね。

メインパソコンが起動しませんので、夜に塵埃記を記したのははじめてですが、読み返してみて夜は駄目ですよ。なんか変なんですね・・呑気(さりげなく、謙虚に)をもっと広めないとですね。画像を貼りつけたいのですが、このパソコンは子供です。すっきりしてますが、老いのぐちゃぐちゃのデーターがありません。

« 違いを見分ける面白さ・・ | トップページ | 無事帰ってきました。 »

アーカイブ2」カテゴリの記事