« 介護・・ | トップページ | 沢山の町役があり、困ったものです »

さー呑気な日々に戻りましょう

2005年1月12日天気は曇り。

 戎さんも終わり、あとは初談会(1/16)を残して新年の田舎の行事は終わりますね。
 私は呑気を模索して、このHPを細々と紡いでいますがページも呑気な日々を取り戻しましょう。

●暢気∥呑気(名・形動ダ)・・①心配や苦労のないこと・気楽②気が長いこと③気にかけないこと(無頓着)と辞書にありますね。

 私は人生の最大の友をお酒だなーと思ってますから、「呑気」の字をハンドルネームにしましたが、この心境に到達するのもまだまだ難しいものだなーと感じていますよ。

 でも愛犬との広い田園地帯での散歩の時間(1時間足らず)は、誰も見向きもしない農家の嫌われものの雑草花と遊んだり、青空の下をぶらぶら何も考えずに歩いたりで呑気になれますね。

 呑気な散歩での遊びを少し記しましょう。

 愛犬ドラムは頭より首の方が太い犬でして、首輪が外れてしまいます。ですから放し飼いなのですが、決して自分勝手な行動はとらないのですよ。ですが畦道だけはなぜか疾走します。この走っている姿をデジカメで画像にするのがなかなか上手くゆかないのですね。凄いスピードで走りぬけますからレンズに入らないのですよ。(何度も失敗していますね。)

 上の画像も元の画像では端っこに小さくやっと写ったのですが、画像を切り取ってやや真中に持ってきたのですよ。また挑戦してみますね。こんな感じで呑気を模索してゆきたいと思いますね。↑のココログの塵埃記にも散歩道の風景を掲載しました。
 皆さんにはクスクスと笑って和んでいただければ、大変に幸いですね。

« 介護・・ | トップページ | 沢山の町役があり、困ったものです »

アーカイブ2」カテゴリの記事