« 大好きです。出石の皿そば・・ | トップページ | 遊歩 »

違いを見分ける面白さ・・

2005年11月1日天気は秋晴れ。

 最近、我が愚妻が色々と動いてまして、私がほとんどお留守番となってます。本日も実家の方へ出かけて行きました。天気が良いのに野に出れないのは大変辛いことになりましたね。

 まあ昨日に、まわれるだけ、里山や野や畦道を駆け巡りましたから、本日は塵埃記でもすすめることにしましょう。

 昔に、ネットのお友達との花談議で、この季節に同時ぐらいに咲きあがるのですが、ヤマラッキョウとラッキョウの花の違いを話し合ったことがあります。懐かしい思い出です。

 我が地では里山ではヤマラッキョウの群生が見れます。また私の散歩道の田園の畦道には畑から飛んできたのでしょう。ラッキョウの群生が見れます。と言うことで昨日画像にしたヤマラッキョウとラッキョウの違いを見てもらいましょう。

「ヤマラッキョウ」をダウンロード
里山のヤマラッキョウ(ユリ科)です。

 花穂が密集して確りしていますね。里山でポツリと一輪此花だけが、す-っと立って風に揺れているのも素敵なんですよ。大きさや色も野草花にしては目立ちますね。ラッキョウのように根はとても食用にはならないそうですよ。

「ラッキョウ」をダウンロード
畦道のラッキョウです。

 花穂がふわりと大きいですが、間延びの感じもありますね。小花一つ一つを見ると色と形は素敵なものですね。マクロで小花を撮るという手もありますね。私はもうそんな画像は作らなくなりましたね。農家の畑にはないのですよ、畦道に群生しています。掘ってラッキョウを採ることもしないです(笑)。

 花達を愛でていると色々なことで楽しめるのですね。野草花を園芸で楽しまれている方達も沢山おられるでしょうね。
 さてさて野趣と言う言葉がありますね。違いを野趣での判断も入れて行くと面白いのですよ。面白さ分けが出来ましたでしょうか。

« 大好きです。出石の皿そば・・ | トップページ | 遊歩 »

アーカイブ2」カテゴリの記事