« 居酒屋談議・・県立社高校野球部応援記1 | トップページ | 御盆です・・池面に咲く花をです。 »

隠岐の島観光。

2005年8月1日天気は晴れ。

 昨日の夜に、恒例の町内旅行・隠岐の島観光旅行も無事に帰ってまいりました。
 中国縦貫道路で朝の5時半の出発で、米子の境港近くの七類港(8時30分発)から、フェリーで3時間で島後(どうご)へ、そこで一泊して、その朝フェリーで島前(どうぜん)へフェリー1時間30分、遊覧船観光を2時間、帰りの高速船レインボーが1時間30分と、合計8時間あまりを船の上で過ごした旅行でしたね。

 お天気は明くる日の朝方と遊覧船の途中で雲行きが怪しくなりましたが、雨も降らず快晴でして、暑くて、暑くてと言う旅行になりました。

 隠岐の島は流人の島としての歴史を持っていますが、その流人達は後醍醐天皇を筆頭に政治犯としての人達ばかりで大変由諸ある島民達だそうで、その島が受け継いでいる伝統文化は小さな文化財が多いですが、歴史を充分に感じさせてくれましたね。

 島民達が守り育てている文化も、800年の歴史を持つ「牛突き」、村村の交流を目的とした「古典相撲」も他の地域にはない情の深さを感じる伝統文化だと思いましたね。

「牛突き」をダウンロード
本番の「牛突き」ではありませんが、観光として見せてもらいました。800kg以上ある雄牛の突き合いは迫力がありましたよ。

 また島後、島前と隠岐の島全体が国立公園に指定されていて、自然も昔のままの姿で残っている様ですね。特に島前は自然が豊かで綺麗だそうですが、今回の私達は島前の陸路を観光することができませんでした。残念ですが、遊覧船で海岸の奇岩や美しい風景を楽しんできました。
 
草花や樹木も5月頃に行くと、樹木のオキシャクナゲや草花のナゴラン、エビネ等々とラン科の自然種も沢山見れるそうです。ガイドが言ってましたが、「乱獲にあい、少なくなっていたのを、バイオで復活させて、だんだん増えてきているそうです。」

 そんなこんなで、ぐうたらで宴会好きですが、ポケットデジカメで呑気に画像を作ってみました。メニューの一番下の隠岐の島観光にアルバムを作りました。お暇な方は、のんびりとお楽しみください。

« 居酒屋談議・・県立社高校野球部応援記1 | トップページ | 御盆です・・池面に咲く花をです。 »

アーカイブ2」カテゴリの記事