« 真の独立国家じゃないジレンマ | トップページ | 秋の気配を感じて歩く・・ »

真夏の里に咲く大花達・・

2007年8月19日天気は真夏日で陽射しが強い。

 さて、暑いくて陽射しの強い日が続いています。皆さん気をつけてくださいよ。草花達も夏休みと言う時期ですが、そんな花のない時期に元気に咲きあがるセリ科の身近な里の大花達を紹介しましょう。暑さに負けないから感心して眺めています。

「シシウド(猪独活)」をダウンロード
里山でのシシウドの咲き姿ですね。

 画像からも陽射しの強さがわかりますね(上手く画像に出来ません、風情だけ)。草丈は2mほどありますよ。花も里山の中でも目立つ様に大きいですが、セリ科の特徴の小さな花の集合体ですね。

「シシウドの花」をダウンロード
シシウドの花です。こんな感じの大きな花ですね。近写では画面に全体がおさまりませんね。

 戯言ですが、この花を近くで見るのは冒険がいりましたね。バランスを崩すと崖下へ転落の危険がありました。小生は花を画像にしますが、触ることはほとんどありません。この場合は仕方なしに手で花を近づけました。

「ノダケ(野竹)の花」をダウンロード
ノダケの花です。セリ科は白い花が多いですが、黒紫色の小さな花の集まりですね。

 この草丈もシシウドとほぼ同じほどで、大花を咲かせます。しかし陽射しの強いところというより里の竹薮の横あたりの少し湿った日陰と言う感じで見かけますね。戯言ですが、このノダケの下あたりにナンバンギセルが咲きあがるのを待っています。

「ノラニンジン(野良人参)」をダウンロード
ノラニンジンの花ですね。最近名前を知りました。

 この草も大草です。里付近でよく見かけるようになりました。野菜の人参の花が飛んできたのだろうと思っていました。●ヨーロッパ原産の帰化植物で、昭和の初めに見い出され、今では全国に広がっている1年草。野菜のニンジンの野生種といわれ、高さは0.5-2mになる。●・・ネット検索で、こんな記述に出会いましたね。
 皆さんは、野菜の人参の花はご存知ですね(掲載をはぶきます)。セリ科だったのですね。

「せり(芹)の花」をダウンロード
芹の花ですね。春の七草の一つで、若い芽はおしたしや鍋物などにして食べますよね。

 セリ科の本家本元の草ですが、花は真夏につけるのですね。こいつは小さいです(草丈は30cmほど)。田園の休耕田では一面に咲いて、虫達の楽園となるセリ畑となります。小生は蝶などは、この畑で画像にすることが多いですね。

「仙人草の白滝流れ」をダウンロード
センニンソウの里の雑木林の咲き姿です。セリ科じゃないですよ。金鳳花科だそうです。戯言・・この書き込み中に、ネット検索で知りました。

 オマケですね。大花ではありませんが、つる性で密集して垂れ下がる様に咲きあがりますね。こんな風に里を歩くと真夏でも元気な野花達が、素敵な咲き姿で楽しませてくれますね。ただこの風情を綺麗な画像に出来ないのが、辛いです。デジカメを高級にするとなんとかなるのだろうかなーで、ございます。

« 真の独立国家じゃないジレンマ | トップページ | 秋の気配を感じて歩く・・ »

アーカイブ3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 真の独立国家じゃないジレンマ | トップページ | 秋の気配を感じて歩く・・ »