« 超クリーンな選挙で戦い抜いてます。 | トップページ | 野の花と遊べるようになりました。 »

後援会活動から選挙戦へと・・

2006年4月23日天気は曇り。

 私は、3町の合併後の新市長を選出する選挙で、親友の為に微力ながら、自分の持っているものを総て投入して、同窓生達の熱い力も借りて、我が郷土の輝く未来を作るために親友を初代市長に押し上げるために奔走しています。

 塵埃記に残しておきたいと思ったことは、こんな選挙は経験がないと言うことです。大きな選挙だとは覚悟していましたが、こんな激しい心が痛む選挙は初めてですね。

 まず、本年はじめの頃から、親友(市長候補)に対するありもしない怪文書が多数流されました。脇の甘い親友ですが、怪文書のような男ではありませんね。

 次に、我が陣営の支援者達が田圃にたてた市を良くしようと言うノボリ旗が、折られたり、持ち去られました。支援者達の心が乱れ痛みましたね。私は耐えてくださいと言いつづけましたね。支援者の皆さんの動揺は、私の「耐えてください」の言葉で落ち着きましたね。正しい民衆の判断を期待するしかないですからね。

 そして、本日の告示日から、出陣式と支援者達の夜遅くまでの努力でなんとか沢山の人達の力で、盛大に終えることができました。候補者は元気に遊説に出発しましたが、なんと相手候補は、選挙事務所は一箇所しか設置できないのに、合併3町に選挙事務所を開設するという暴挙にでてきましたね。
 これは、我が陣営にとっては広報という意味では大きな打撃ですが、選挙違反そのものですね。選挙管理委員会にすぐに「やめさせてください」と、私は電話で叫びましたね。相手候補の支援者達は、まったく動じないようでしたので、警察の選挙違反対策本部に訴えました。相手陣営はなんとか看板を布切れで隠しましたが、まだまだ事務所的な動きをしていまして、選管にデンワをしつづけるのも疲れ果てる始末の一日でした。

 我が郷土の選管が、行司役として、両陣営が平等に戦えるようにしていただきたいと訴えました。今のところ、私の判断ではとても平等に戦っているとは思えないですね。こんな経験も初めてです。

 そんなこんなで、我が陣営の正しい広報に全エネルギーを集中したいのに、相手の選挙違反に抗議するエネルギーがいるとは、こんな選挙は初めてですね。大変心が乱れ、疲れています。

 このことを、塵埃記に残しておきたくなりました。ご安心ください、呑気は負けずに最後まで頑張りぬきますよ。すべて新しい市の住民のためだと思えば、疲れたなどとは言えませんね。ではでは・・
 あっ、そうそう3月から、レスやご訪問ができていません。お許しください。あと一週間で終わります。

« 超クリーンな選挙で戦い抜いてます。 | トップページ | 野の花と遊べるようになりました。 »

アーカイブ2」カテゴリの記事