« なぜ地検特捜部は動いたのか・・ | トップページ | 居酒屋談議・・田舎の世間話。 »

フラッシュ撮影の面白さ・・

2006年2月6日天気は雪が降ってきました。

 節分も終わり、立春も来ましたが、寒さが厳しくなりましたね。皆さんお風邪などひかれないようにですね。

 塵埃記がちょっと、訳のわからない世界に向かいかけましたので、呑気な世界に戻しましょう。
 一言だけ、訳のわからないことを言いますね。節分には鬼達は大変ですが、昔から一緒に暮らしてきた仲間ですね。軟弱な人間達には鬼が必要ですね。子供達には「秋田のなまはげ」、相撲界には「土俵の鬼」、江戸の盗人退治の「鬼平」、今や花形の「鬼の地検特捜部」等々と鬼達が活躍してもらわないと・・そんな時代かもですよ。

「カマキリの卵巣」をダウンロード
ネコヤナギの中にあるオオカマキリの卵巣ですね。

 これを見つけた時に、何かに似ているなー、また似させようと、色んな角度から近写したりしました。あ、そうだフラッシュ撮影も試してやれと沢山画像にしました。フラッシュ撮影はシロトビしやすいですね。そんなことは呑気は気になりません。

 パソコンに取り出して画像を眺めてみると、面白いですね。ピンボケなぞは宇宙人のように見えますし、フラッシュ画像なぞは芸術家の作品のようにも見えますね。カマキリは芸術家かもしれませんね。

 夏の夜にカラスウリの花が開きますが、夜ですので必ずフラッシュ撮影になりますが、そりゃー色々な画像ができて面白いですよ。

 さて皆さんは上記の画像はなんに見えるでしょうか。こんな塵埃記が一番呑気らしいですよね。

 寒さが厳しい上に、動けなく、野遊びができない鬱憤晴らしの塵埃記になってしまったようですね。皆さん笑ってやってください。

« なぜ地検特捜部は動いたのか・・ | トップページ | 居酒屋談議・・田舎の世間話。 »

アーカイブ2」カテゴリの記事