« 後援会活動から選挙戦へと・・ | トップページ | 心と体が弱っている。 »

野の花と遊べるようになりました。

2006年5月2日天気は曇り。

 2月ぐらいから4月の29日まで、激しい選挙戦を戦い抜きました。もう疲れ果てて、30日の夜に敗戦が決まったときから、体に鉛がどっしりと入った状態になり、一日中寝ていました。本日の朝、ドラムと一緒に野に出ることができました。春の花達が「よく頑張ったね」と迎えてくれましたね。まだまだ心と体がボロボロですが、なんとか立ち直りたいと思います。

 また、「呑気よ、ようやった、ごくろうさん」と労いの電話やら、来客の方達のお陰で、また以前の呑気に戻れますよ。明日は社高校野球部の春の県大会の2回戦です。親友の応援から、また母校の応援と、応援人生が続いて行くことになりますね。応援すると言う行為や情熱ほど美しいものはないかもしれないと、また確信しましたね。

 誰も見向きもしない、さりげなく咲く野の花達を応援しながら、また呑気な日々を送ろうと思いますね。

 選挙戦での、私の参謀としての敗因はもっと大きな選挙を打つべきでした。綺麗で一生懸命だけでは、勝てないこともありましたね。沢山の人達が頑張りました、皆様にお許しとお礼を申し上げるしかないですね。

 旧3町の前町長3人を相手にする戦いになってしまいましたね。また最後の最後に連合という政党選挙も相手は打って来ましたね(対抗作はあったのですがねー、日数がなく、残念ですができませんでした)。
 相手が大きすぎましたね。甲子園常連の強豪私学校と山の小さな県立校が戦ったような感じだったなーと振り返っていますよ。

 ぼちぼちに野の花達と遊びます。皆さん宜しくお願いしますね。

« 後援会活動から選挙戦へと・・ | トップページ | 心と体が弱っている。 »

アーカイブ2」カテゴリの記事