« 山より大きな猪(シシ)はでぬ・・ | トップページ | 伊吹山・彦根城下の夢京橋へ日帰り旅行。 »

5月に、野池に咲くスイレン科の花達・・

2007年5月16日天気は曇り。

 夏日が続いています。月曜日のお休みの日は、1人ドライブで遠出を楽しみたいのですが、近くの里山に入っています。花達に会うことの方が大切だからです。沢山咲きあがって、楽しませてくれます。

 初めての出会いが一番嬉しいですが、例年通りに咲きあがった花達を、眺めることが出きる喜びは、感謝しないといけないと思っています。
 自分が元気で歩けている、また興味が薄らいでいない感受性がまだまだ活発な事で、心身ともに健康である証拠ですからね。

 さて、里山も歩きますが、その中にある野池も楽しみます。田舎のありふれたスイレン科の花達ですが、塵埃記に掲載してやりましょう。

「ヒツジグサ」をダウンロード
ヒツジグサ(未草)です。小さな花ですよ(10cmありませんね)

 此花は、里山深くの池に咲いていました。植物図鑑でスイレンとは載っていない事が多いそうですね。スイレンは園芸上の言葉で、別名はヒツジグサだそうですね。上記の花は、スイレン科の野種になりますね。

 ヒツジグサは、未の刻(午後二時ごろ)に咲くから名づけられたそうです。まあ昼に咲きあがるのですね。夜から朝には、閉じて眠りますから睡蓮(睡眠する蓮)と言われるのでしょうね。
熱帯スイレンの中には、月下美人のように昼間ではなく夜の間に花を開く「夜咲き品種」もあるそうです。昼寝蓮(チュウシンレン・こんな学名ありませんよ。遊びです。)ですね(笑)。

「スイレン」をダウンロード
スイレンですね。

 農業用の溜池に咲きあがっていました。たぶん植栽だと思いますね。野種のヒツジグサとは、豪華さと大きさが倍(直径20cm)ほどあり、違いがわかりますね。
 睡蓮と言うのは園芸花がほとんどでして、交配されて沢山の種類の花達が楽しめるそうです。100種ほどあると検索で見ましたね。

「コウホネ」をダウンロード
コウホネですね。スイレン科と知りました。

 実は、この花を見たくて里山の野池に入って行きました。まだ少ないですが、元気に咲きあがってましたね。水面からニョキット花だけが出ているものもありますね。
 コウホネは、河骨と言われてまして、根茎が白色で肥大し,これが水の中で白骨のように見えるので和名になりましたと知りましたね。

 里山野池の、我が地のスイレン科の花達です。これから農家の人達の溜池で、植栽ですが、黄色や紫色のスイレンが見れると思いますね。
 また、夏真っ盛りになると、ハス(蓮)が楽しめますね。7月になると、オオガハス(古代蓮)、その後はレンコン(蓮根)の池でも花を楽しめます。
 また、小さいですが水草の花達も面白い造形を持ってますよね。花追い人には、水辺で楽しめる季節となりますね。

 そんなこんなですが、池の花達の撮影で困った事があります。陽射しが強くて、ホワイトバランスを触ります。上手く行きませんね。野の花なら、自分の体で陰を作って画像(メイン画像のイシモチソウは陰を作りました。)にしますが、池の花にそんな事をしていると、池にドボリと落ちますからね(笑)。

 池の花達に遊んでもらっていると思えば、苦にもなりませんがね。

« 山より大きな猪(シシ)はでぬ・・ | トップページ | 伊吹山・彦根城下の夢京橋へ日帰り旅行。 »

アーカイブ3」カテゴリの記事