« 5月に、野池に咲くスイレン科の花達・・ | トップページ | 農業用水路の中の大草を、毎日眺めています。 »

伊吹山・彦根城下の夢京橋へ日帰り旅行。

2007年5月22日天気は夏日。

 この20日に、田舎の移動総会で上記の題のバスの日帰り旅行を楽しみました。デジカメで面白い被写体を探しましたが、バスの中がほとんどで、眺めるものは車窓と相成りましたね。
 アルバムをやめようと思いましたが、まあ暫くなら掲載も良いだろう。

「伊吹山頂上碑」をダウンロード
伊吹山頂上駐車場で見ました。芭蕉の句です。濃霧を画像にしたのは、はじめてです(笑)。「そのままよ」は、素敵な言葉ですね。「あるがまま」より、句になりますね。芭蕉は凄い。

 伊吹山探索を一番の楽しみにしていました。でも、気温5度で視界がありませんでした。頂上駐車場でトイレに行っただけです。
 天気は最高でした。伊吹山ドライブウエイの途中は、バスの車窓からですが、素晴らしい新緑風情を楽しみました。画像にしていません。

 下山途中にバスの中で、伊吹山のパンフレットを見ました。夏に行くと、高山植物が百花繚乱と咲き乱れる様ですね。頂上駐車場のトイレ周りだけでも、花達を見れましたからね。残念です。

 彦根城下に、夢京橋キャッスルロードと言って、新しい町作りに挑戦している商店街を見ました。今流行りの様ですが、古い町並みを再現し様としていますが、私には、甘い和菓子類を食べさせるお土産屋さんの町並みとしか見えませんでした。
 商店街の活性化と言うのは、奥が深く難しいものだと、またまた感じさせていただきました。

 そんなこんなで、アルバムをメインページから入れる様にしましたが、恥ずかしいです。なんにもありません。ないと言う事は、私の感性が踊らなかったとお察し頂くと、ありがたいです。 

 その反動で、あくる日は、里山をぐるぐる歩きまわりました。やっぱり自然の中が一番でしたね。

« 5月に、野池に咲くスイレン科の花達・・ | トップページ | 農業用水路の中の大草を、毎日眺めています。 »

アーカイブ3」カテゴリの記事