« 生産消費者が生む経済・・ | トップページ | 震災から12年・・ »

知の共有・・社会。

2007年1月13日天気は晴れ。

 前の塵埃記で、未来の話を持ち出して、私なりの思いを記しましたが、さすがに未来の話で納得が行きませんね。でもネットのお友達から、そうなんだろうか?との言葉が出てきますね。私の甘い希望的解釈は曖昧ですね。

 そこで、そのお友達にお返事したままのコメントを記すことにしました。これも情報革命社会の小さな発信ですね。こんな遊び情報があふれることで、情報革命が起きると言っているのかもしれませんね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは、塵埃記を読んで頂きありがとう。
私も未来学者のアルビン・トフラーは、確りとはまだ勉強してません。
未来の話ですからね、私なりに解釈するしかないのですね。
ただ、情報革命社会に入っていて、次の波を彼は予想しているのでしょうね。

情報が寸時に入るネット社会です。その未来を予想したのでしょう。
個人の嗜好が、それぞれで生産を生むと予想しているのでしょうね。
野菜を美味しく食べたい、自分で生産したくなる(自然な感情ですね)。
そんなことは、出来ないと思っていたことが、情報でいくらでも学べる世界ですね。
そんな風に、彼の言っていることを、私は解釈していますが、間違っているかもしれません。

私から見ると、貴兄のページこそ生産消費者そのものに見えますよ。
石仏や巨木を追うのは、少し前ならその道のプロが生産していたものですよね。
貴兄が情報として、世界に発信されているのですよ。素晴らしいことだと思いますね。
掲示板では、このくらいで、ご勘弁をですが、アルビン・トフラーは、30年先ぐらいのことを言っているようです。未来学者ですからね。
見届けられない世界ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 情報革命社会の中で、色々個人の思考が乱れ飛ぶ社会となります。私の解釈が甘いと(未来予想ですから、甘くなりますよね)、思われたお友達は、何なりと教えてくださいね。

 ネット社会は、「知の共有社会」だと、私は思っています。私の拙い「田舎の知」は、惜しげもなく情報社会に垂れ流してやろうと思いますね(ご迷惑になるのでしょうかね。)。

 明日は、初談会です。また酒をたらふく呑めますね。滅び行く商店街の、本年の運営の会合ですね。

« 生産消費者が生む経済・・ | トップページ | 震災から12年・・ »

アーカイブ3」カテゴリの記事