« 鮮やかな白で咲きあがる・・ | トップページ | お彼岸に思う・・ »

露草が三色揃いました。

2006年9月15日天気は秋晴れ。

 野遊びですが、河原の土手上を歩きました。クズが凄い繁茂です。アレチウリも出てきてますが、まだまだ葛ががんばって綺麗な花をたくさんつけています。
 その土手途中に、ツユクサとママコノシリヌグイが競い合って咲き乱れている場所があります(散歩道の自然に掲載しました。)。
 そりゃー凄いのですが、どちらの花も、大きくて綺麗な姿や花顔をしているのを探します。

 そこでツユクサなんですが、本日淡い紫色の花顔を見ました。はじめてでした。これで三色揃いましたので、塵埃記にまとめてみました。

「ツユクサ白」をダウンロード
まず真っ白ですね。本日も探したのですが、見つかりませんでした。この前の塵埃記に掲載したものを、ツルリンドウの白花と交代してもらいました。色が出せないと言うより、白ですと主張しているようですね。

「ツユクサのブルー」をダウンロード
本日のはじめての出会いですね。淡いブルーと言うか、実物は紫に見えましたね。不思議な色を出しているなーと眺めましたが、こいつは色を出したいが出せないと言う感じでした。

「ツユクサ」をダウンロード
この深い青が普通のツユクサの色ですね。同じ場所に咲いていたものを、同じ陽射しで画像にしてみました。

 と言うことで、三色揃いましたが、色が出ない、出そうで出ない、本物の色はこれですと記しましたが、真中の淡いブルーは白がよかったのか、それとも深い青がよかったでしょうかね。個性派に、それとも大衆派・・・哲学につながりそうですね(笑)。

 毎日同じ花を見ていても、面白く、楽しめますよね。お店バンをほったらかして、出て行くのがおわかりいただけますか。それも極身近な同じ所で楽しんでますよ。野は、季節が風情を変えてくれると言うことも確かですね。

« 鮮やかな白で咲きあがる・・ | トップページ | お彼岸に思う・・ »

アーカイブ3」カテゴリの記事