« お葬式・・母をおくる。 | トップページ | 呑気も疲れます。 »

仰げば尊し・・

2005年3月17日天気は雨。

 日々の流れが早いです。母を送ってからあっと言う間に10日が過ぎ様としています。今日の新聞を読んでいて、ふと思ったことで塵埃記をすすめようと思います。

 卒業式のシーズンですね。その時の定番の歌がありますね。我々の子供時代だと「蛍の光」と「仰げば尊し」でしたね。現代は色々と各地で新しい卒業の歌が歌われているようですね。

 私は「仰げば尊し」がなぜか大好きなんですよ。古い映画などで、懐かしいシーンのバックにこの曲が流れるとぐーっと涙がこみ上げてくる時もありますね。やんちゃな小学生や中学生の時に、恩師にこっぴどく叱られたことやよく遊んだ友人達を郷愁のように思い出しますね。

 叱られ諌められた恩師達には感謝の気持ちで、今もいっぱいですね。そんな感情もあり、この歌の出だしの「仰げば尊し わが師の恩・・」と聞こえると胸に迫ってくるものがありますね。

 私事を書いてきましたが、団塊のおやじが何を言いたいのかと言うと、「仰げば尊し」からライブドアのホリエモンさんが、浮かんできてしまったのですよ。
 親、恩師、先輩、目上の人達等々と敬わなければならない時代に育った私は、今の時代で若者達(ホリエモンさんだけじゃないですね。)がこのことを乱してしまうことが、大変心配になっています。人の道のバランスが崩れるのじゃないかとも思えるのですよ。(家族崩壊、教育現場の崩壊等々)

 米国社会の自由が、我が国にも横行していますが、よく見つめないと安易な(身勝手な)自由だけを取り入れてはいけないと思いますね。
 しかし米国もスポーツ、ボランティア、各界での功績のあった人達は、我が国では想像できないほど敬い、後世に偉業を称えようと残そうとしていますね。ある意味で目上の人達を大切にすると言う、人の道の重要なバランスをとろうと、民衆自体が努力をしているのでしょうね。

 まず心に相手を敬う気持ちから入らないと、見下していては会話も御付き合いもないですね。
 「仰げば尊し」(過去の帝国主義の歌だと言われていますが、私は笑ってしまいます。)はまだまだ歌われているようです。私は、「頑張ってくれよ」と応援しておきましょう。

« お葬式・・母をおくる。 | トップページ | 呑気も疲れます。 »

アーカイブ2」カテゴリの記事