« 人間が持っているから怖い。 | トップページ | 藪蚊に刺されて、夏の夜の花を見る馬鹿。 »

日本人は野球(ベースボール)の方が・・

2006年7月11日天気は薄晴れ

 サッカーのワールドカップもイタリアが優勝で終わりましたね。そこで、呑気のワールドカップ評でも記して、塵埃記をすすめましょう。

 色んなサッカー解説者達が素晴らしい大会であって、サッカーの試合も凄いプレーの連続で素敵な試合ばかりであったと、テレビ等で煽っていましたね。私はそうは思いませんね。ヨーロッパのチャンピオンズリーグの方が、試合の内容は素晴らしかったと思っています。

 なぜかと言うと、ワールドカップは国を背負っているから激しすぎるのですよ。特に守備選手が相手選手に華麗なプレーをさせないように足を削ってしまいますね。フランス、イタリアの守備は特に感じましたね。体や足を激しく攻撃して、有名フォワード選手にプレーをさせていませんでしたね。反則すれすれで、体や足に絡まれるとプレー出来ないみたいですね。オーストラリアの選手のように足が折れるのを覚悟で突進するしかないですね。イエローカードやレッドカードの連発の試合もありましたね。素敵なプレーをさせようとした審判かもしれませんね。

 ブラジルの選手や、決勝戦のジダンなども90分間自分の持っている才能を発揮できない守備を貫かれましたね。ジダンが最後に切れてしまったのはその辺にあるかとも、私は思っています。イタリアのカテナチオ(鍵をかける)も戦術ではなく選手達の伝統の激しい守備意識でしょうね。イタリアのセリエAよりスペインリーグの方が面白いと言われるのもこの辺でしょう。

 そんな試合内容が多かったから、素敵なミドルシュートが多くなるのもうなずけた次第です。

 しかしワールドカップは国を背負っているから、激しさをファンも要求しているのだと思います。華麗なブラジルサッカーも激しさが足りなかったから国のファンから注文が続出したのでしょうね。

 私は、ブラジルサッカーのような華麗なプレーを見たかったのですが、ワールドカップはそのプレーを消してしまうのも戦術なんですね。 ペナルティーエリア内を華麗にぬけて行くようなプレーは少なかったですね。足を削ってペナルティーキックと言う感じでしたね。
 しかし評論家達は、その激しさの中のプレーを褒め称えていますね。

 サッカーは激しさを要求されるスポーツですね。ジダンは仲間選手に、「ここまで戦ってきた、グランドで一緒に死のう」と試合前に叫んだそうですね。

 こんなことを考えると、日本人はサッカーには向いてないかもと思えてきます。なんか狩猟民族の連中に、素手で農耕民族が挑んでいるような感じさえ受けてきます。ファン気質もまったく異質な感じさえ受けました。

 アメリカのトウモロコシ畑を刈りこんで、ヨーロッパから移民してきた農耕民族が考え出したベースボールの方が、日本人には向いているような気がしてきましたね。ベンチに座ってじっくり次のプレーを思考できますからね。農耕民族が明日の天気を見るようにですね。

 ワールドカップサッカーは、世界の才能あふれる野獣達が走りまわり、体をぶつけ合う競技に見えましたね。結局、とっさの戦術は野獣達にゆだねるしかないと言う狩猟的競技に見えました。 
 もちろん小さな野獣もいましたが、激しさは小さい方が凄かったですね。イタリアのカンナバロ選手は好きな選手でして、試合中この選手ばかり追って見てました。この選手の守備を見ていて、まさに激しい小さな野獣だと思いましたね。

 日本の子羊達が、あの大きな走る野獣達に立ち向かえる日は、何時になるのだろうと思いましたね。

●追加です。・・刺青(TATTOO)をした選手が多かったですね。流行でしょうかね。呑気な思いからですが、これも狩猟民族系だと思いますね。山で亡くなった時、誰だかわかるようにしているのだろう。畳の上で死ねないという昔の侠客達も刺青多かったですね。農耕民族は家屋の中ですからね。根拠はありませんが、つい思ってしまいました。

 まあしいて言うなら、あと一週間後に母校野球部が甲子園出場に向って夏の予選が始まります。その優勝をマンリョウから縁起を貰おうとしたようなものです。

 もう予選は始まっています。我が校は本年春の県大会で2位の実績を持ってます。シード校なんですね。応援が大変楽しみで、わくわくしてます。頑張りまっせー・・ですね。

« 人間が持っているから怖い。 | トップページ | 藪蚊に刺されて、夏の夜の花を見る馬鹿。 »

アーカイブ2」カテゴリの記事