« 蓮栽培の水田の小花 | トップページ | 真の独立国家じゃないジレンマ »

夏の里山の小川そば風情・・

2007年8月13日天気は快晴。陽射しが強いです。

 陽射しが強く、蒸し暑い日が続いています。こんな時は、外に出ると危ないですね。昔の人達は素敵な季節を作られましたね。夏休み(お盆休み)ですね。
 小生も、お盆休みでして、息子夫婦や初孫と仏壇の前で、ごろごろして過ごしています。ある意味で一番の休み方かもしれませんね。
 でも、本日は昼から少しだけ、里山の花達に出会いたくなりました。素敵な小花に出会いました。里山小川そばあたりは、人の手が入らないのでしょうか、ゴソゴソすると夏でも素敵な野花に出会いますね。

「ミズタマソウ(水玉草)」をダウンロード
ミズタマソウですね。

 此花は、見つけたのは1株でした。昨年も画像にしていましたが、名前がわからずにあれこれ検索していました。本年は花姿と草姿を確り眺めましたので、名前も同定して良いと思います。
 名前も「水玉草」と涼しげな名をもらっていますが、その名の通りに、水玉に見える様子を持って造形の美しい白花をつけますね。花の大きさは2mmほどですから、小さな草を眺めているのですね。でもしゃがんで眺める素敵な空間を味わいますね。

実は、夏の花の少ない時期に、小川そばの野で鮮やかに咲いている大花があります。そのキツネノカミソリをじっくり見たくて歩いた時にミズタマソウと出会いましたね。

「小川そばの野のキツネノカミソリ」をダウンロード
キツネノカミソリですね。

 凄い名をつけられましたね。名前の由来は検索して楽しんでくださいね。この色鮮やかな野の大花も、少なくなってきている様で、なかなか見れない花だと思っていました。でも野花を追い出してから、人が近寄らないところを捜し歩くようになりまして、夏の花のない時期には、色鮮やかで目立ちますし、群生咲きをしてくれますね。

 そんなこんなで・・お盆ですが、身近な里山は、夏の野花達がワイワイ言っているのを楽しみました。このキツネノカミソリのソバには、もうゲンノショウコやキツネノマゴの花が咲いていたのですよ。里の野は、ほんとに遊んでくれますよね。あっ、コウロギにも出会いましたよ。

「キツネノカミソリ」をダウンロード
夏の野で、鮮やかな色のキツネノカミソリです。

« 蓮栽培の水田の小花 | トップページ | 真の独立国家じゃないジレンマ »

アーカイブ3」カテゴリの記事

コメント

呑気さん、花の名前のことではわたしも以前から「どうしてこんな名前なの?」と思うことが多かったんですよ~。
綺麗な花なのに名前はとても変・・・。もし花に心があったら悲しむだろうなと思うような名前ってけっこうありますよね。なぜでしょうね。
昔の人は花の名前をつけるときに無頓着だったのでしょうか?
花は女性に例えられることが多く、立派な花は綺麗な名前、
野の花にかわいそうな名前のものが多いように感じます。

投稿: きらり | 2007.08.13 21:16

きらり様・・コメント投稿をありがとう。
そうですね。可哀想な名がありますよね。

野花検索すると、謂れが記してあることが多いようですね。キツネノカミソリは、ヒガンバナと同じで花の時は葉がありませんね。冬に養分を蓄える為に葉を出すのですが、その葉の様子を見てつけられたようですね。

ヒガンバナは、韓国名では「想思華」と言う素敵な名を持っています。花は冬の葉を想い、葉は秋の花を想うからだそうです。花の名前も国によっても違う様ですね。日本では、お彼岸に咲くからでしょうね。

花検索で、謂れを楽しんでいますが、頭に入りませんね。

投稿: 呑気おやじ | 2007.08.14 11:17

キツネノカミソリの花は、本当に小さいですが、ピンク色があり、可憐な花です。
今年は撮影をサボっていました。

ありがとうございました。

投稿: ka-ma-kun | 2007.08.15 09:11

ka-ma-kun様、コメントありがとう。
キツネノカミソリはヒガンバナ科ですので、昔の農家の人達は、ヒガンバナもキツネノカミソリといっていたそうですね。

野花達の名前も面白いものだと、楽しんでますよ。

投稿: 呑気おやじ | 2007.08.15 11:03

呑気様 こんにちは
まずは新装おめでとうございます。
塵埃記の御記述に対して、コメントをつけられるのは新しい相互交流になり、面白くなりそうですね。
キツネノカミソリは良い画が出ましたね。
こんなに暑い、酷薄な条件下で瑞々しい姿を見せてくれるのですからこれはまるでマジックですね。
ミズタマソウは始めてみました。
有難うございます。
また、寄せさせて頂きます。

投稿: ぶちょうほう | 2007.08.15 22:07

ぶちょうほう様・・コメントをありがとうございます。
この流れの早い、ネット社会について行くのがやっとですよ。
たちあがったかと思えば閉鎖の繰り返しですね。
まだまだネット社会も幼少時代かもしれませんね。

しかし、「物を大切に」と育ってきた者にとっては、ホームページの閉鎖は、いくら無料だといっても、ついて行けないですね。
 これからも繰り返すでしょうね。やっぱり日記は、ペンで書くべきでしょうが、もうすっかりネットにはまって出来なくなりましたね。

ではでは・・・

投稿: 呑気おやじ | 2007.08.16 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蓮栽培の水田の小花 | トップページ | 真の独立国家じゃないジレンマ »