« 自然の中を歩くだけ・・ | トップページ | 野草花と遊ぶ心が変化している・・ »

親とは・・私達は終わります。

2006年6月16日天気は晴れ。

「親と言う重荷からの解放」

一人息子の結納で 彼女の家に行く
式は簡単に終わる

彼女の 息子に対する愛情の深さ
可愛い仕草をみていると 心が晴れて潤う
息子より 大切にしてあげたいと思う

二人も親になる準備に入る
私達は親と言う重荷から解放される

彼女に 私達を気遣うなと言いたい
気遣われると まだ親が続く

解放されたい また身軽になって
次の道を歩いてみたい

正しい道を歩いて 美しいものを見たい

「ミミナグサ」をダウンロード
古い画像ですが、ミミナグサです。二人が幸せになるように、また蕾(子供)も花が開くようにと貼りつけました。花言葉は「純真」・・うんっ良いですね。

 私達は、亡き両親や子供(一人息子)を親としての勤めとして、まがりなりにも果たせてきたと思います。若い二人が親となる巣作りに入りますね。私達の子供だったのが、親としての道を歩いて行くことになります。色々あるだろうと思いますが、私が出来て来たことです。前に歩いて行けば良いだけですね。二人なら大丈夫でしょう。

 私達は親の重荷から解放されて、爺さん、婆さんになって行きます。身軽になって、歩いて行きたいです。身軽になるのもあと2週間後です。

« 自然の中を歩くだけ・・ | トップページ | 野草花と遊ぶ心が変化している・・ »

アーカイブ2」カテゴリの記事