« ササユリ(笹百合)の季節となりました。 | トップページ | 木々の葉裏に咲く小花達・・ »

年金問題・・小生の場合・・

2007年6月9日天気は雨のち晴れ。

 ネットのお友達から、今世間を騒がせている年金問題で、「呑気さんは、どうでしたか?」とお問い合わせがありました。お返事しましたが、ここで簡単に塵埃記に記しておきますね。

 昨年の10月頃でしたか、「年金加入記録のお知らせ」についてと題して、社会保険業務センターから書類が届きました。簡単に抜粋しますね。

●年金受給年齢が近づいた58歳到達者に年金加入記録をお知らせし、その記録について前もって確認していただくことで、将来の年金の請求手続きを円滑にする為のものです。
※この年金加入記録は社会保険業務センターが基礎年金番号で管理している記録です。そのため、基礎年金番号以外の年金手帳の記号番号で管理されている記録は記載されていません。

●年金加入記録照会票とは
「年金加入記録のお知らせ」に記載されていない国民年金・厚生年金保険・船員保険の加入期間(共済組合等の加入期間は除きます)があるなど、あなたの記録が「確認できない」場合に返送していただくものです。

 簡単に抜粋しましたが、以上のお知らせの中に、年金加入記録がつけられていました。わかりにくかったのですが、じっくりと記録を見つめて驚きました。
 小生の場合は、大学中退後に会社勤めのサラリーマン時代が8年間ありましたね。この期間の厚生年金保険が記載されていませんでした。
 即座に「確認できない」と、加入記録照会票に勤めていた会社の住所と会社名を記して、入社日と退職日を記して返信しました。

 年が明けてから、「年金加入記録のお知らせ」として、厚生、国民と両方の年金記録が記された書類が送られてきました。「確認できた」と○を入れて、返信はがきを投函しましたね。

 小生の様に、ほとんどが国民年金で過ごしてきまして、ごく簡単な年金記録だと思っていましたが、初期の厚生年金が漏れ落ちていましたね。
 結婚するまで会社勤めをしていた女性や、会社を色々と代わられた方は、気をつけられた方が良いだろうと、塵埃記にお知らせとして記しました。

 小生の年金加入記録を掲載し様としましたが、名前や住所がわかってしまいます。ご容赦ください。説明書でご辛抱ください。

 内容は役所書簡ですが、なんか、不明になってしまって、「助けてくれー」と言うような感じも受けましたね。団塊の世代が年金受給に入ります。58歳の小生に来ました。さてさて私達の世代は凄い人口ですからね(また動きまわった連中ですからね)。社会保険庁さんへ、「確り管理してくださいよ。」ですね。
 また、郵送されてきたのも気づかない人達もいるでしょうね(大勢ですからね)。どうなるのでしょうね。

 呑気な思いですが、不明にして、バタバタしても国の方が得するような気がしますね。喧しく言う人達は極少数で、大多数が泣き寝入りすると言う温和な庶民ですからね(ひょっとして大きな策略かもです)。

●年金加入記録は、国民年金が納付済み月数で記されています。厚生年金が加入月数で記されています。小生の場合は合わせて年金加入期間合計が448ポイントとなっています(38年間ですね)。なんとそのうちの95ポイントが漏れ落ちていたことになりますね。年金受給には、どの様に影響するのかは、わかりません(呑気です)。

« ササユリ(笹百合)の季節となりました。 | トップページ | 木々の葉裏に咲く小花達・・ »

アーカイブ3」カテゴリの記事