« 夏の里山の小川そば風情・・ | トップページ | 真夏の里に咲く大花達・・ »

真の独立国家じゃないジレンマ

2007年8月16日

 先の大戦の終戦の記念番組をテレビで色々やる時期ですね。昨晩、NHKで「日本のこれから」と言う、憲法第9条の問題の討論会を見ました。呑気な子供ような思いを記しましょう。

 平和な日本国を今後どうすればよいのかが問題ですね。しかし地球規模(戦争状態ですね)では、その平和活動に我が国がどうすればよいかですよね。
 真の独立国家であれば、平和主義を貫き通して憲法第9条の理念を推進して、あらゆる戦争に荷担しないと言う平和国家を目指せますね。しかし世界情勢からは、理想論や空論のように響いてしまいますね。なぜなら、米国の属国の道を選んだ日本だからでしょうね。

 子供のような思いですが、真の独立国家を勝ち取っていたら、素晴らしい国になっていただろうか・・
対等な立場で世界で生きる為に、ひょっとして核を持つようになっていたかもです。真の独立国家は、大変な苦難の努力が要ったような気がします。またその逆に、世界に類を見ない平和国家になっていたかもですが、いずれにしてもその道を選んでいないから空論でしかないですね。

 子供のような思いですが、世界は米国の属国系で生きるか、反米系で生きるかに選択を迫られているような気がしますね。ヨーロッパ各国と言えども、ヨーロッパ圏での歩調を、独立国家として乱すことが出来ませんね。
 敗戦国どうしのドイツと日本がよく比較されますが、ドイツはヨーロッパ圏に対して戦闘しない誓いの独立国家(ヨーロッパの属国)ですね。日本は米国の属国としての独立国家ですね。

 では、日本が平和国家でありつづけることが出きるのか・・可能な気がしますが、民衆力だと思います。
民衆(我々)が、確りとした平和主義を心に内在させることだと思います。悲惨な現状を目の当たりに見たり、情報は得ることが出来ます。「そんなことは、日本国民として反対です。」と叫ぶのですよ。いくら米国が強大だといっても、あの国は民衆の声には、鋭く反応すると言う素晴らしさも歴史で作り上げているからですね。

 まとまりがつきません。まあ小生にとっては難題でした。しかしこれだけは言えます。平和が崩れる時は足音もなくやってくるそうです。日本国の舵取りをしている連中に対して、厳しい目で確りと見つめていましょう。

 終戦記念日の新聞記事の中から・・●国の管理体制を強める教育関連法改正をみても、似たような流れが起きていないか。当時の「鬼畜米英」のように、一つのことに熱狂する芽が残っていないか・・・「千人針は語る」での、兵士の無事を祈る婦人の言葉、「戦争は私達が気づかぬうちに音も立てずにやってきた。」・・・
 時代の歯車は音も立てずに回るのなら、かすかな音にも耳を澄ませたい。」(神戸新聞、正平調より抜粋)●

« 夏の里山の小川そば風情・・ | トップページ | 真夏の里に咲く大花達・・ »

アーカイブ3」カテゴリの記事

コメント

安全保障条約、米国の傘の下での平和、これで良いのかと思うこともありますけど
難しいことは判断がつきません。
終戦記念日に頭に浮かぶのは、鹿児島の知覧にある特攻平和会館で見たもの、
祖国日本のため、親や兄弟のためと尊い気持ちで飛び立って行った
若い兵隊さん達の手紙や遺品が目に焼きついています。
広島の広島平和記念資料館でも戦争の悲惨さを紹介していますね
長崎でもです。吉永小百合さんの原爆詩朗読も胸にしみますね。

投稿: nakayosi | 2007.08.17 19:14

nakayosi様・・コメントをありがとうございます。
仰る通りですよ。正しい歴史を知り、確り認識することですね。
それを言葉で伝えたりして、平和の尊さを広めることでしょうね。
「戦争は愚かなり」は、日本国民の心の糧にしないといけませんね。

投稿: 呑気おやじ | 2007.08.18 10:08

呑気おやじさん、お久しぶりです。
この数年、ネットサーフィンから縁が遠くなりました。
さて、面白い日記ですね。
私は、別な視点で、日本の若い為政者を見ています。
・戦争を知らない世代
・バーチャルゲームで育った世代
・育ちが良いと言うよりお金持ちの坊ちゃん・嬢ちゃん
この為政者の政治は、実にバーチャルゲームそのものです。国民のための政治--懐かしい言葉ですが--それよりも権力行使に夢中になっています。
こういう為政者はダメですね。早く終止符を打たないと、日本は財界のための戦争に突入するのかなとさえ危惧してしまいます。

投稿: 竜男 | 2007.08.18 10:37

竜男様・・コメントをありがとうございます。また突然にお伺いしました。これからもあると思います。ご容赦ください。

今の日本の政治家に対してですが、いつの世も権力者は腐敗すると歴史が物語っていますが、もうこの総てがわかる現代で、それはないですね。

 あるネットのお友達とお話して、とりあえずは2世、3世議員には、投票しないとしています。

投稿: 呑気おやじ | 2007.08.18 17:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の里山の小川そば風情・・ | トップページ | 真夏の里に咲く大花達・・ »