« 安部総理の大国のリーダー失格が見えます。 | トップページ | 陸に上がった河童・「光と影} »

幼き頃の聖夜・・

2006年12月24日天気は晴れ。クリスマスイブです。

 恥ずかしい戯言を記してしまいました。早々に塵埃記を進めましょう。

    小さな手に 大きな靴下をもって
    スキップして小躍りした 
    頭からかぶって はしゃいだ
    小さなお風呂の煙突の下に
    そっと吊るした
    わくわくするよな夜でした
    父や母も にこやかな聖夜でした

    僕は 小さな思いでいっぱいだった
    プレゼントも待ち焦がれました
    それよりも サンタクロースに会いたかった
    眠ったふりをして 毎年 待っていた
    幼すぎました 疲れて眠ってしまった
    また来年まで会えないと 来年こそはと

    年に一度 トナカイのソリに乗って
    大空を駆ける 赤いマントのおじさん
    会いたかったな― 会いたかったな―
    真っ白い髭の 大きなおじさんに 
    尋ねたいことが いっぱいあった
    年に一度だけ空駆けて 夢を届ける 
          その方法を・・・

     僕は サンタクロースに 会いたかった

「幼き頃」をダウンロード

ネットのお友達の皆さんへ、「素敵な聖夜をお過ごしください!」

« 安部総理の大国のリーダー失格が見えます。 | トップページ | 陸に上がった河童・「光と影} »

アーカイブ3」カテゴリの記事