« 田舎のおやじが検索遊び・・ | トップページ | 教育再生・格差是正・・ようわからん?? »

冬の海

2007年1月23日天気は晴れ。

 昨日は商店街がお休みでした。いつもだったら里山巡りを楽しみますが、21日に神戸の港近くで、妻の甥っ子の結婚式がありましたが、ちらっと海を見ましたので、冬の海の潮風に吹かれたくなりました。大好きな1人ドライブで、愛犬に留守番を頼んで出発しました。

 私の1人ドライブは、もう愚妻の車となってしまった。小さな白い燃費の良い車です。車には、エンヤ、カーペンターズ、高橋真梨子と私が好きなCD3枚しか乗せていません。
 高橋真梨子の素敵な歌声を聴きながら、「誰もいない海」を探そうと、高砂の海にむかいました。工業地帯の海ですから、人影はほとんどありませんでしたね。

 潮風の香りが、冷たく匂って肌にながれました。天候も良く水色の空と深い青の海に陽が当たり、キラキラと輝く海を楽しみました。
 淡路島がぼんやりと見えまして、明石海峡大橋も遠くに見えました。加古川の市街で、十月桜が咲いていると新聞に出ていましたので、見に行くつもりでしたが、海岸沿いをドライブして、明石海峡大橋を西から東へと大きく見えて来る姿を追いながら海を楽しむことにしました。

         
「海を眺める」をダウンロード
 遠くに明石海峡大橋が見えます。画像では見えませんね。でもこうやって見ると、海に架かっている様には見えませんね。泳いで行けそうですが、海流が強く無理だそうです。その海流に居る鯛は、身が締まって美味しいのですね。明石鯛は有名ですね。

 だんだんと人影多くなり、舞子の大橋の下まで来ました。ショピングセンターが乱立していて、沢山の人達を見ることになりました。
 車にすぐに戻って、また流れる曲を楽しみながら、山道を通って帰ることにしました。花達を見つけることはできませんでしたね。

 走ったのは都市部の海岸線の道路ですので、ここぞと思うところの細い道を、海へと入って行きますが、行き止まりや、工場の敷地へと入ってしまうことがありましたね。高砂から逆に走って、姫路や赤穂方面へと、西にむかうと開けた海岸線で、素敵な景色が楽しめたのですが、梅や菜の花が満開となる二月ごろに、ドライブしてみたいですね。

 ごく身近な所でして、我が地からだと車では40分あれば行ける海ですが、1人で走ると言うことが大好きなんですが、どのような心理なのでしょうね。なんか男の遊びのような気がしますね。
 夜の素敵な夜景を楽しむドライブは、出来ないのですよ。暖かい所で酒のそばが、一番好きなのです。これも男遊びかな。

 なにを仰る!・・女性も1人ドライブや1人酒は楽しんでますよと、聞こえてきそうで、この辺で、戯言を終了します。

« 田舎のおやじが検索遊び・・ | トップページ | 教育再生・格差是正・・ようわからん?? »

アーカイブ3」カテゴリの記事