« 年金問題・・小生の場合・・ | トップページ | 「カエルツボカビ症」を知ってください・・ »

木々の葉裏に咲く小花達・・

2007年6月13日天気は曇り。

 相変わらず身近な野山を歩いています。雑木林や里山林道そばの木々の花達も眺めています。エゴノキやニセアカシア、ヤマボウシ、ウツギ系等々、つる性の物ならテイカカズラ、スイカズラ等々と、これ見よがしに目立つように咲き乱れる花達を楽しんでいます。
 またネジキやイヌツゲ、ガンビ等々の小さな小花を咲かせる木々の花達も楽しんでいます。ありふれていますが、例年通りに咲いてくれることが、眺めるものにとっては幸せかもしれませんね。

 さて、葉裏に隠れる様に咲く木々や蔓性の花達が咲き出しました。目立たないですが、可愛い連中ですので、塵埃記に3花ほどですが、掲載して、ネットのお友達の皆さんにも探してもらいましょう。

「マタタビの花」をダウンロード
マタタビの花です。

 山道を歩くと、緑いっぱいの葉の中に白く色づいている葉を見ますね。そちらに目を奪われがちになりますが、葉裏を覗くと可愛い花が咲いていますよ。雄株と雄雌両性の株があるそうですね。両性の花が咲くのも見ています。

ネット検索での抜粋記事ですね。
●マタタビは北海道から九州、千島・樺太・朝鮮・中国に分布する落葉性のツル植物。名前の由来は、疲れた時に甘い果実を食すると「再び旅ができる」との意味であるという。●

「ウリノキの花」をダウンロード
ウリノキの花ですね。

 この木の花も葉裏にぶら下がる様に咲いていまして、近づかないと花と気づかないかもですね。でも一度眺めると、忘れることが出来ない花となりますよ。
 太いマッチ棒のような蕾が裂けて、くるくるカールする様に丸まり、花姿となっていますね。その可愛さに笑みがこぼれますよ。

ネット検索の抜粋記事ですね。
●北海道南部から沖縄に至る低山の林に生える落葉低木です。6 弁の白色の花弁がくるくる巻いています。名前は,葉の形がウリに似ていることによります。●

「ヤブムラサキの花」をダウンロード
ヤブムラサキの花ですね。

 秋の鮮やかな紫色の実で、名を馳せているムラサキシキブ(紫式部)ではありません。ヤブムラサキは小さくて葉裏に咲いて目立たないです。ですから、頭にヤブとつけられたようですね。隠れる様に咲いてますから、見様によっては可愛いですよ(見つけたと言う感じですね)。

ネット検索の抜粋記事です。
●ヤブムラサキは宮城県以南の暖地に生育する落葉低木。ムラサキシキブに似ているが、岡山県ではムラサキシキブよりも普通であり、温暖な地方では、優勢なのであろう。全体に星状毛が多く、さわるとビロード状の手触りがあり、ムラサキシキブとは簡単に区別できる。
 初夏に星状毛に覆われた目立たない花を咲かせ、秋には萼の中から紫色の美しい果実が出てくるが、葉の裏に隠れて目立ちにくい。●

 ムラサキシキブは、里山で見れます。お庭などで整った実で綺麗に咲きあがるコムラサキがありますね。このコムラサキをムラサキシキブと間違われていることが多いと知りましたよ。実は私も、美しさから、お庭のコムラサキをムラサキシキブ、里山の中の乱雑なのがコムラサキとズート思っていましたね。

そんなこんなで、葉裏に咲く小花達を掲載しました。まだまだ沢山の面白い小花達をつける木々があるでしょうね。目立たない花達を、ごそごそ探す楽しみがありますね。今からですと、小さいですがシャシャンボ、キササゲの花を見つけたいですね(咲くところ知ってます。笑)

 愛犬はなぜか、ごそごそ入りません。遊びながら待っています。汚れると愚妻に叱られるからだと思います。反対に小生が叱られています。蜘蛛の巣だらけになり、イバラで服を傷め、汚しますからね(笑)。

« 年金問題・・小生の場合・・ | トップページ | 「カエルツボカビ症」を知ってください・・ »

アーカイブ3」カテゴリの記事