« ビワの花に目が行く・・ | トップページ | 師走の士道 »

地中の温度を調べてみたら・・

2005年12月13日天気は快晴です。

 愛犬との散歩から帰ってきました。なんと農道のコンクリート道を幼虫(一匹だけですが)が元気に歩いていましたね。夏でも見たことがないですね。冷たい風の中を歩きながら、ふと呑気な思いがわきました。

 春の雑草花も咲いているのですね。これはひょっとして地の近くは温かいのかもしれないと思いました。小雪が舞ったり、冷たい風は吹いていますが、地中は温かいのじゃないでしょうか。温暖化でオゾン層の破壊で紫外線が直にあたっている。また地震列島ですので、地温が上がってぼちぼち揺れるのじゃないだろうか、愛犬が元気に走るのを見ながら、色々と考えてしまいますね。
 不気味だなーとも感じましたね。学者さん達は、たぶん調べていてくれるでしょうね。
 あっそうそう、ネットのお友達のページでヒマワリ(大阪で)が沢山咲きあがった画像を見ました。「わりゃっ、どないなっとるんじゃ!」と見ましたね。

 ●戯言追加・・今日の神戸新聞の正平調から、「今年の漢字」が「愛」に決まったそうですね。昨年は「災」でしたね。
 選ばれた理由は、「愛・地球博」や皇族の慶事、純愛ブーム、「あい」と言う名のスポーツ選手が活躍した。最後に「その欠乏を実感」と記されています。

 次に記されていたのが、感心しました。この筆者は、個人的には「外」にしたそうです。最近の人の道に「外れた」犯罪・耐震問題もプロの道に「外れた」問題、JR福知山線の脱線事故の「踏み外した」・好調な株式相場は「外国人投資家」・ライブドア株買収騒ぎ、仕掛けられた方が「想定外」とつづき、総選挙は「予想外」・小泉内閣は「外患」と来ましたね。

 私はうーむっと唸りましたよ。この記事を読んでから、私の今年の漢字はと考えてみましたが、「外」が頭に残り、出てきませんね。

 まあ自分だけの本年の漢字なら「喪」かなーー、「当」(友人の)と言う嬉しいこともありましたがね。

« ビワの花に目が行く・・ | トップページ | 師走の士道 »

アーカイブ2」カテゴリの記事