« 義父(田舎)の葬儀。 | トップページ | 大変異常を感じます。 »

夏の夜に咲く花達。

2005年6月23日天気は曇り。

 人生悲喜交々と言いますが、亡母がなくなってから、母校の後輩達が栄冠をかちとってくれまして、次に義父を亡くしましたね。
 また後輩達の応援から、二人の法事ごとへと悲喜交々の人生を歩んで行くことになりますね。

 そんなこんなで、里山深くまでは入れませんが、ごく身近な野の花達は悲喜交々の喜だけを、私達に与えつづけてくれる様ですよ。

 夏の花達の中で、夕暮れから夜にかけて蕾を開いて咲く花達がありますね。どう言う理由で夜に花開くのか、花街の女性達に聞いてみないとわからないのですが、どちらも私達を楽しませてくれますね。

「ヒョウタンの花」をダウンロード
 ヒョウタンの花ですね。昨日の散歩で昼間に蕾を見ていまして、日が沈んでから見に行きました。パット開いて咲いていましたね。デジカメを大まかにあわせて、フラッシュを使って撮りましたね。実物は薄暗くて良く見えませんが、画像にした時には、やったーでございますよ。

「空き地のマツヨイグサ」をダウンロード
 マツヨイグサ(宵待草)ですね。我家の裏の空き地に沢山咲きあがりますが、夕暮れ時に花開いた様子は素晴らしいですよ。まるで星がまたたいている様なんですよ。こいつは実物を見たほうが遥かに良いですね。洗濯干し場から此花を見ながら冷たいビールを飲んでみたくなりましたね。

 画像が小さいですが、雰囲気だけでもお楽しみください。大きい画像は「畦道の小花達」に掲載しました。

これから夏本番になりますが、身近な夜開く花達を楽しめます。オシロイバナなども日中より夕暮れか、朝方が綺麗ですよね。

 カラスウリの花が最高の楽しみなんですが、これは竹ヤブ近くに、夜に妖艶に花開きますから、ヤブ蚊の総攻撃にあいますね。毎年、顔や体中をさされ、妻に「あほっ!」と一言ですね。
カラスウリの花は昨年のものは、呑気家写真蔵に掲載しています。

 まあ本年もカラスウリの花は、七月中ごろ過ぎだと思いますね。皆さんに、ヤブ蚊にも負けず画像を作ってお見せしたいですね(まあ私自身が一番楽しんでいるのですがね)。

« 義父(田舎)の葬儀。 | トップページ | 大変異常を感じます。 »

アーカイブ2」カテゴリの記事