« 素晴らしいお天気の新年ですね。 | トップページ | 戎さんも無事に終わりました。 »

テレビの前でごろごろの、ふとした思い・・

2006年1月4日天気は曇り。

 本年も3日が過ぎましたね。私は本日から通常の日常に戻ります。テレビの前で酒を飲んでごろごろしていた新年でした。野球が好きで大リーグの特集を見まして、ふと思ったことを、ごろごろしていたストレス解消にキーを打ちましたが、塵埃記に持ってきますね。

●テレビからですが、大リーグの特集を見ました。野球を研究するのが大好きなんです。そこで思ったことをですね。

 ヤンキース松井選手は、イチローを超えましたね。なぜかと言うと、チームや観衆の為に毎日全力で集中してプレーできるし、それができると自信を持ってきましたね。

 イチローは大好きで尊敬もしている選手なんですが、唯我独尊と言う面を感じます。プロの世界や大リーグでは大変大切な才能ですが、野球はチームやファンに応えると言う大きな命題を持っていますね(特にプロ野球は)。
 イチローがヤンキースで毎日全力でプレーできる体力や集中力があるか少し疑問ですね。華麗なプレーで素晴らしい成績は残すでしょうが、170試合超えるゲームを毎日、チームやファンに全力で応える体力は松井選手には及ばないと思いますね。
 
 今のところ、イチローはマイペースで行ける球団で良いと思います。また松井選手は常に全力でプレーしなければ行けないチームで良かったと思いますね。タフな選手なんですよね。(大リーグはタフな選手がスター選手ですね。ファンは勝利の為に激しさも求めますからね。イチローがヤンキースに行くと、激しく盗塁王をファンから要求されるでしょう。)

 日本のプロ野球もイチロー選手に近い選手は出てきましたが、松井選手のような強靭な選手はまだ出てきていませんね。阪神の金本選手ぐらいですね。
ロッテが優勝しましたが、若さで走りぬけた感じですね。松井選手が在籍した巨人にも沢山良い選手がいますが、毎日全力で集中してチームやファンに応えると言う王、長島、松井と言ったタフ(技術や集中力)な選手がいませんね。原監督が一番近づいた選手でしたが、甘さも感じましたね。

 ピッチャーは唯我独尊の世界です・・登板するときに全力を尽くせば良いでしょう。

 清原選手なんぞは、その点が一番甘い選手のような気がしますね。パリーグで育ったからかもしれません。観客が少ないときに全力プレーを怠ったのでしょう。(積み重ねる打撃の大記録がありませんし、巨人でファンに応えようとすると怪我ですね)
 セリーグで大勢のファンに毎日全力で応えなければならない環境で育っていたら、どんな大記録を作った選手になったのかなーと思います。●

◎追加・・新年のお祝いが出来なかったのですが、東京の弟から素敵な料理を送ってもらいました。はじめて頂くものでしたから、皆さんにも紹介しますね。

「高級おせち料理」をダウンロード
▲壱の重・・伊勢海老のショーフロア、蟹のテリーヌ、穴子のニソワーズ、わかさぎのエスカペッシュ。
▲弐の重・・鮑のワイン蒸し、スモークサーモンのチーズ巻き、鴨のテリーヌ、生ハムのドライ無花果添え。
▲参の重・・ローストビーフ、キャッシュローレン、仔羊のグリル、栗のフランセーズ。
画は上が2、下が1,3ですね。

 私には、ローストビーフ以外は何がなんだかさっぱりわかりませんでした。お味と言われても、初めて味わったと言うことしか出来ませんね。

 鍋料理も楽しんだのですが、田舎から頂いた採れたての白菜を生でかじったのが一番美味しかったようなの新年のご馳走でした。

 ご馳走を頂くのも、歳をとってきたと言うことだろうと思います。

« 素晴らしいお天気の新年ですね。 | トップページ | 戎さんも無事に終わりました。 »

アーカイブ2」カテゴリの記事